楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

安倍辞職に、辺野古阻止の歴史的スローガンをつくろうではないか!辺野古は安倍晋三一味の利権・金儲けなのだ!天木直人氏

安倍辞職に、辺野古阻止の歴史的スローガンをつくろうではないか!辺野古移設は「安倍晋三一味の利権・金儲け」なのだ!天木直人氏

辺野古阻止の歴史的スローガンをつくろうではないか | 新党憲法9条

辺野古阻止の歴史的スローガンをつくろうではないか


2019-01-21


 我々はいま、反基地闘争の原点ともいうべき砂川闘争の勝利ににならって、辺野古移設を阻止しなければいけないと思う。


 軟弱地盤が隠せなくなって、ついに安倍政権もそれを認めざるを得なくなった。


 土木工事の鉄則に従えば、その時点で工事を断念し、すべてを白紙にして出直すべきところを、工事日程を遅らせてまで計画を変更して辺野古移設を強行しようとしている安倍政権。


 おそらく米国に知らせることなく、勝手に強行しているに違いない。


 米国の土木専門家がそれを知り、そして米国政府がそれを知ったなら、強行などしないはずだ。


 いまや、安倍首相が総辞職せざるを得ない原因は、腹痛以外にも、いくらでも出て来た。


 どれが総辞職の引き金を引くか、打倒安倍政権を願う者にとっては、それを言い当てる事が楽しみになるほどだ。


 その中でも、私は辺野古挫折こそ、安倍首相が辞職を迫られるにもっともふさわしいと思っている。


 そこで私は皆に呼びかけたい。


 辺野古阻止のスローガンを皆で考えようではないか。


 反基地闘争の原点とも言うべき砂川闘争のスローガンは、「土地に杭を打ちこむ事は出来ても、我々の心に(魂に)杭を打たせない」だった。


 なんと素晴らしいスローガンだ。


 あのパレスチナ武装抵抗組織のリーダーであるハマスの指導者ハニヤが、米国とイスラエルの兵糧攻めの制裁を受けた時、皆を鼓舞した名セリフ、「我々は塩とオリーブがあれば生きていける」という歴史的名言に匹敵する言葉だ。


 人はみな、心を揺さぶられる言葉で奮い立つ。


 ならば辺野古土砂を断念させる歴史的スローガンを皆で考えようではないか。


 そのスローガンが見つかった時こそ、辺野古土砂投入は、安倍政権と床に木っ端みじんに打ち砕かれる時である(了)

「辺野古移設」安倍一味の金儲け・利権の証明【米側の声】ジャパンハンドラーのジョセフ・ナイも「民意と相談して慎重に進めるべき」元米海兵隊次長ロバート・D・エルドリッヂも「海兵隊も移設を望んでいるわけではない」- みんなが知るべき情報/今日の物語


沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業「宇部興産」が協力!カミソリの刃を反対派市民に向ける異常措置も!宇部興産と安倍の岸信介から続く深い繋がり!辺野古移設は安倍一味の利権!米国の沖縄撤退提案を拒否していた「琉球セメント」母体は山口県の国策会社「宇部興産」で安倍政権への政治献金常連企業!- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します


極悪・安倍政権、韓国との平和は困難と!韓国艦のレーダー音公開!テレビは緊急情報で流した!田母神氏によれば、火器管制レーダーの電波照射は常時行われているもの!仮想敵国創作する安倍晋三一味!

極悪・安倍政権、韓国との平和は困難と!韓国艦のレーダー音公開!テレビは緊急情報で流した!田母神氏によれば、火器管制レーダーの電波照射は常時行われているもの!仮想敵国創作する安倍晋三一味!


韓国艦のレーダー音公開「協議は困難」防衛省見切り


韓国艦のレーダー音公開「協議は困難」防衛省見切り[2019/01/21 17:00]


 韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題で、防衛省は21日午後、新しい証拠としてレーダーを記録した音を公開しました。


 防衛省が公開した先月の韓国軍による海上自衛隊のP1哨戒機への火器管制レーダーの波を音に変換したデータです。公開された音は約20秒間で、高くて大きな音が継続的に鳴り続けています。また、韓国軍の艦艇に最接近した際の高度が150メートルほどで、距離は約500メートル離れていたことも明らかにしました。防衛省は「照射は明らか」とする一方で、「韓国側と協議を続けていくことは、もはや困難」との最終的な見解を出し、協議を打ち切る考えを強調しました。


どうせ安倍晋三一味の【日韓紛争創作】だろう!映像公開…渋る防衛省、安倍首相が押し切る!火器管制レーダー照射は日常!血税・防衛費利権、改憲狙い!日韓対立泥沼化も!北朝鮮脅威が消えて韓国脅威論作り!田母神氏によれば、火器管制レーダーの電波照射は常時行われているもので、かつ、常に周辺に電波を出し続けているので、今回の照射事案は偶然にも韓国軍艦艇の周辺にいた自衛隊の哨戒機にあたってしまっただけではないのか、というのだ。なぜ自衛隊機は低空飛行したのか。韓国側は「自衛隊機は低空で韓国軍の駆逐艦に接近してきた」としたうえで、カメラによる監視を行ったものの、自衛隊機を狙ったレーダー照射は重ねて否定した。- みんなが知るべき情報/今日の物語


仮想敵国創作!安倍政権の反韓煽動が酷い!改憲に利用… 安倍チルドレン「韓国へ渡航禁止」経済的措置!長尾敬・自民党議員/文大統領…日本を批判、問題拡散賢明でない! ハーザル安倍日本など眼中にないのかも!日本メディアも韓国、北朝鮮、中国、露プーチンの、米トランプのバッシング偽ニュースで仮装敵国を作り出している!世界はハーザルマフィア排除に動いているのに安倍日本と大手メディアは逆を行き軍事国家、超格差社会を目指す。- みんなが知るべき情報/今日の物語


スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる! みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

支給年齢「68歳引き上げ」毎年約1%ずつ年金が減額されていくと考えればいい!安倍政権 「死ぬまで働け改革」年金は出ないから「働け」という布石!わざと分かりにくい制度にして真実を知らせず!年金博士警鐘!

支給年齢「68歳引き上げ」毎年約1%ずつ年金が減額されていくと考えればいい!安倍政権 「死ぬまで働け改革」年金は出ないから「働け」という布石!わざと分かりにくい制度にして真実を知らせず!年金博士警鐘!

“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること 注目の人 直撃インタビュー(日刊ゲンダイ) 赤かぶ


【マクロ経済スライドとは】昨年から年金の“目減り”始まる。大ざっぱには毎年約1%ずつ年金が減額されていくと考えればいい:“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること(日刊ゲンダイ) - 今のブログ名は #RegaindemocracyJP


“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること|日刊ゲンダイDIGITAL


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること 注目の人 直撃インタビュー(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること 注目の人 直撃インタビュー(日刊ゲンダイ)


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245664

2019/01/21 日刊ゲンダイ


「年金博士」で活躍する社会保険労務士の北村庄吾氏(C)日刊ゲンダイ


 安倍政権は「人生100年時代」を掲げ、やたらと「高齢者の雇用」を強調する。美名の下、そこには年金の支給を減らしたい魂胆が透けて見える。ただ、年金の改悪は分からないように、ジワジワ進められていて、国民の将来不安はぼんやりしている。今年は、「年金改悪元年」ともいわれる。この先、公的年金は当てにできるのか――。多くのメディアで「年金博士」として活躍しているこの人にズバリ聞いた。


■わざと分かりにくい制度にして真実を知らせず

  ――昨年から今年にかけ、「年金」はターニングイヤーだそうですね。


 昨年から年金の“目減り”が実施されました。マクロ経済スライドです。大ざっぱには毎年約1%ずつ年金が減額されていくと理解しておけばいい。物価の伸びより、年金の伸びを小さくするという制度です。物価が2%上がっても、年金は調整率0・9%を引いた1・1%の引き上げにとどまる。これは怖いんですよ。一見、年金額自体は1・1%上がっている。振り込まれた金額を見れば、「おっ、年金増えたね」ということになるんですけど、物価がそれよりも上昇しているので、同じものが買えない。きわめて分かりづらい仕組みなのです。


  ――情勢に応じて、調整率は変わる。


 調整率というのは、平均寿命の伸びと現役の被保険者数の増減で変動します。平均寿命が伸びたり、現役世代が減れば、年金受給者が増えるため、調整率も上がる。現在、0・9%ですが、1・5や2%になることもあります。2%になれば、物価が2%上がっても、年金は据え置きになります。マイナススライドというのもある。物価の伸びが0・5%で、調整率の0・9%を引くとマイナス0・4%になる。年金支給額はマイナスにはしないのですが、マイナス分は次の年に繰り越すので、翌年物価が上がっても、繰り越した分によって年金が抑えられてしまうのです。


  ――分かりづらいですね。


 わざと分かりにくくしている面があります。政府は真実が分かったら困るんです。年金は懐の問題ですから、国民の関心は高い。ロシアなど海外では年金改悪の動きに大規模なデモが起きています。


  ――13年かけて段階的に引き上げられてきた年金の保険料率が18・3%で固定され、引き上げが終わったのも昨年でした。


 現役世代の負担増は打ち止めになりました。さあ、次に何をするのかという話ですね。代わりに、支給開始年齢を遅らせ、総支給額を減額するということです。


  ――今年はどんな年ですか。


 5年に1度の財政検証の年です。毎回、比較的大きな見直しがありますが、年金支給開始年齢を68歳に引き上げることは既定路線です。すべての社会保障の仕組みが年金支給を68歳、あるいは70歳に引き上げてもOKになっているのです。例えば、雇用保険は基本65歳までだったんです。というのは、65歳からは年金が出るので雇用保険はもういいよねと。それが一昨年から65歳過ぎても被保険者なんです。つまり65歳過ぎても失業保険を受け取れる体制。これは「年金は出ないから働け」という布石です。


  ――68歳で済むのでしょうか。


 日本は定年から5歳遅れで年金支給なんです。昔は定年は、男性が55歳、女性が50歳。60歳定年が義務づけられたのが1998年、その後、年金支給が65歳になった。今、国は65歳定年を目指しているんですね。だから年金支給は70歳になるんです。ただ、70歳という国はないので、まずは諸外国と同じく67~68歳かなと思います。


  ――盛んに「70歳雇用延長」が言われます。


 それも布石です。年金制度の失敗を政府が会社に押し付けたわけです。


節税メリットを生かせ(C)日刊ゲンダイ


半世紀単位の改革は超党派で取り組むべき

  ――どうしてそうなってしまったのですか。


 年金制度は立ち行かなくなっているんです。今の年金制度は私たちが払う保険料に加えて、会社が負担し、足りない部分は国が支援している。いわゆる世代間扶養です。これは現役世代と引退世代のバランスで保たれているわけです。昔は11・3人に1人。今は2・3人で1人、将来的には1・3人で1人なので、もう制度が持つはずがないんです。


  ――しかし、少子高齢化はずいぶん前から分かっていた話です。


 誤算が重なった面もあります。第1次ベビーブームの頃、出生率は4以上でした。第2次も2以上。1人の女性が2~3人子どもを産んでいれば悲惨なことにはならないのですが、今の出生率1・5を切るようなレベルは想定外だった。また寿命もここまで伸びると予想されていなかった。もっとも、最大の誤算は低金利政策です。


  ――2013年4月からの黒田日銀のゼロ金利政策ですか。


 13年からは極端な低金利ですが、1990年代のバブル崩壊後から低金利政策は続いています。当時の厚生省はこう考えていたのです。バブル時代に年金資金として200兆円もの余り金があった。それを年10%で運用できれば20兆円、利息だけであるわけですよ。だから、年金制度は安泰だろうと。実際、当時、金利は8%ありました。ところが、バブル崩壊後の低金利政策で、国の年金、企業の退職金の運用などすべてうまくいかなくなった。低金利で老後の生活が破綻したということです。


  ――想定外のことが重なったとしても、政治は何か手を打てなかったのですか。


 年金は現役世代が何十年間、保険料を払って、受給者になって何十年受け取るわけです。半世紀以上のシステムなんです。家が老朽化して、今にも崩れそうだという時、外に柱を立てたりしながら、維持している。本当は解体して、新しい家を建て直さないといけないが、この家にも人が住んでいるわけです。要は、年金制度の根本に手を付けると政権が吹っ飛ぶ。だから根本的な改革ができない。本当は超党派でみんなで考えていかないといけないと思うんですけど。


■節税メリットを生かせ

  ――2009年の民主党政権は年金改革を目玉の一つとして誕生しました。


 確かに、最低保障年金を打ち出し、根本的な改革をやろうとしましたが、立ち消えになった。政権を取って、厚生労働省の内実がひどくどうしようもなかったのでしょう。3年の短命政権で時間切れになった。結局、小手先の改悪を繰り返し、現役世代は年金に不信感を抱き、保険料の未納が増えるという悪循環のまま現在に至っているのです。


  ――具体的な改革案はありますか。


 世代間扶養の賦課方式から積み立て方式への移行です。公的年金は最低保障にする。生活保護費は年間120万円ですから、最低保障の額を年間140万円くらいにして、保険料を払った人に最低額を支給する。それ以上は、確定拠出年金をもっと拡充して自分で貯金してもらう。国は節税メリットがあるようにし、会社も一部負担すればいい。現実的だとは思いますが、この制度の構築も簡単ではありません。


  ――公的年金は当てにせず、自分で何とかするしかないということでしょうか。


 今の人口構造ではそうなってしまう。病気もケガもせず、働き続けるか、しっかり蓄えておくしかありません(笑い)。ただ、低金利なので運用で殖やすのも難しい。


  ――今すぐにできることはありますか。


 節税メリットをしっかり生かすことです。個人年金保険は控除が適用できるので、年間8万円“貯蓄”すると4万円の控除。所得税20%の人は8000円戻ってくる。10%で運用しているのと同じです。また、歯の治療は1年でまとめてやる。10万円を超えた部分は医療費控除になります。昔、銀歯を6本まとめて入れました。30万円かかりましたが、20万円は医療費控除ですから、所得税率20%として4万円浮いたので、13%で運用したことになります。借金してでも、まとめてやった方がいい。今は低金利で借りられますから(笑い)。控除や運用など難しい文字が並んでいて、ハードルが高そうですが、自分で何とかしないとダメな時代なんです。


 (聞き手=生田修平/日刊ゲンダイ)


▽きたむら・しょうご 1961年、熊本県生まれ。中央大卒。社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナー。現在、「ブレインコンサルティングオフィス」代表取締役。 


================


■“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること|日刊ゲンダイ


「支給開始年齢を68歳に引き上げることは既定路線です」


「雇用保険に関しても、65歳過ぎても失業保険を受け取れる体制。これは「年金は出ないから働け」という布石です」


…死ぬまで働け改革。 https://t.co/S91fFSeXv9


— 但馬問屋 (@wanpakutenshi) 2019年1月20日


■【注目の人 直撃インタビュー】“年金博士”が警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること https://t.co/v8NtptGuk2 #日刊ゲンダイDIGITAL


— 日刊ゲンダイ (@nikkan_gendai) 2019年1月20日


■死ぬまで働け!税金収めても、年金払っても、国民は遺棄できると思ってるんやろね。金を残さないと、老後は捨てられる。だから、貧しい生活を強いられる。自己責任?アホ抜かせ。これで経済が好転するわけないわ。 https://t.co/2fwdj6mqca


— Koichi Hanafusa (@hanaoyaji) 2019年1月20日


■“「わざと分かりにくくしている面があります。政府は真実が分かったら困るんです」”


『“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること』

(日刊ゲンダイ)https://t.co/cxQv3OzFhx


— goodjone (@goodjone65) 2019年1月20日


■アベ自民党政権の「人生100年時代」は「年金の支給減らし」目的。

“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味することhttps://t.co/wo7FnfAc19 #日刊ゲンダイDIGITAL @AbeShinzo


— Sakuraphon🍒くたばれアベ政権 (@Sakuraphon78) 2019年1月21日


■記事を理解し、最後の対策を行使できる人は限られる。私を含めた多くに人は国の方針に従わざるを得ないだろう。その上に、国保料は値上げされるし、世帯主の後期高齢者になれば別枠の保険料を支払う。社保より軍事に重きを置く政権を変えるため、野党は政権奪取構想を示せ!https://t.co/Ij85pDorxp


— 木津 繁 (@KizuShigeru) 2019年1月21日


■“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味することhttps://t.co/NtInwSIs9W #日刊ゲンダイDIGITAL

アベは年金を支給するのがそんなに嫌なのか、兵器の爆買いをし、外国に呉れてやる金は惜しまないのに、年金けちりは政府による詐欺だ、約束通り支給せよみんな生活設計を立てている


— いたにのりお (@je3gnu) 2019年1月20日


■物価が2%上がっても、年金は1・1%の引き上げにとどまる。一見、年金額自体は1・1%上がっている。振り込まれた金額を見れば、「おっ、年金増えたね」ということになるんですけど、物価がそれよりも上昇しているので、同じものが買えない。https://t.co/6P5bT3IiPM #日刊ゲンダイ


— yuki 戦争ではなく平和と和解をもたらす日本を目指して (@yukiyanagi3333) 2019年1月21日


■いつまで、おいらを働かせるの❓


“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味することhttps://t.co/f5eeYd8nfJ #日刊ゲンダイDIGITAL


— 三日月村9条の会 (@tobatozankoudes) 2019年1月21日


■「65歳過ぎても失業保険を受け取れる体制。これは「年金は出ないから働け」という布石です」“年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること|日刊ゲンダイDIGITALhttps://t.co/Lqvh5pZZY0


— Today's Something (@karenevil) 2019年1月21日


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


安倍麻生よ年金月額5.5万円で生活出来るのか!仮に東京で持家なしで一人暮らしをする場合12万から15万円掛かる!憲法で国民に対し文化的最低限度の保証すると謳っている!99%の明日は我が身の問題「生活保護」が利用できずに追い詰められたら近くの【共産党の地方支部】に相談することです。多くの日本国民が、生活費足りない分、生活保護を申請していない。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍の消費増税10%の目的は「日本経済を停滞」させること「日本破壊」安倍政権は金融ユダヤ人の家畜!ドル防衛策の一環!景気が落ち込んで税収が減る、それが安倍の目論見です! リチャード・コシミズ - みんなが知るべき情報/今日の物語


働き方、外国人労働者、移民法…詐欺師政権が目論むサラリーマン地獄社会!安倍政権、竹中平蔵が目指すのは安い労働力を求める大企業の利益のため、労働者の権利を切り捨てる「低賃金社会」の実現である!70歳定年制と年金受給開始年齢の引き上げも重なり、サラリーマンは死ぬまで働かされて、低賃金に喘ぐハメになるのだ! - みんなが知るべき情報/今日の物語


高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃!野党がまとまれば安倍自民は大惨敗の予感!地方がソッポ!作為のない数字に近い!テレビ、大手新聞は、いつまで詐欺・殺戮政治「安倍政権」に加担するのか! - みんなが知るべき情報/今日の物語

安倍内閣支持率26%、高知新聞世論調査!作為のない数字に近い!テレビ、大手新聞は、いつまで詐欺・殺戮政治「安倍政権」に加担するのか!記者はジャーナリストの誇りを示せ!2019年01月16日/ 安倍政権で何度「人工地震・災害」が起きただだろう!- みんなが知るべき情報/今日の物語


スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる! みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


★お勧めの整体院

筋肉系・気経絡整体【くりはら施術院】腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足、膝痛・姿勢改善・若返り…独自の姿勢改善術「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」 心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します