楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

文科省汚職の密談音声を入手!あと5点、10点欲しかった!佐野太前局長に続き、国際統括官・川端和明容疑者を逮捕!

文科省汚職の密談音声を入手!


あと5点、10点欲しかった!


佐野太前局長に続き、


国際統括官


・川端和明容疑者を逮捕!

「あと5点、10点欲しかった」文科省汚職の密談音声を入手(記事は下記に)

文科省で新たな疑惑 収賄の疑いで現職幹部を逮捕(記事は下記に)

文科省汚職で前局長起訴、若手職員らが省内改革求める文書(記事は下記に)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ

「あと5点、10点欲しかった」文科省汚職の密談音声を入手

「あと5点、10点欲しかった」文科省汚職の密談音声を入手


 文部科学省の前局長が、東京医科大学に便宜を図った見返りに、自分の息子を合格させてもらったとして起訴された事件で、決定的な密談の音声を入手しました。そこには、息子の入試について、「あと5点、10点欲しかったね」「予約入学」など、生々しい言葉が録音されていました。


 「先生、2つお願いがありまして、1点は、私の名前を絶対にその人に言わないでください。そうすると、指導・・・、お話しすることができなくなっちゃう」(佐野被告)


 「分かりました。今も佐野さんの名前は、一回も出していませんから」(臼井被告)


 これは現役の文部科学省のキャリア官僚に、大学のトップが便宜を図るよう依頼した決定的なやりとりです。JNNが音声データを入手しました。声の主は、文部科学省科学技術・学術政策局長だった佐野太被告(59)と東京医大の前理事長・臼井正彦被告(77)です。この場には、2人を引き合わせた元会社役員の谷口浩司被告(47)も同席していました。


 東京地検特捜部によりますと、佐野被告は、文科省の補助金が出る支援事業の選定で東京医大に便宜を図る見返りに、今年2月にこの大学を受験した息子を不正に合格させてもらったとして、受託収賄の罪で、24日、起訴されました。谷口被告は受託収賄のほう助の罪で起訴され、臼井被告と前学長の鈴木衛被告も贈賄の罪で在宅起訴されました。


 関係者によりますと、問題のやりとりがあったのは去年5月。都内の高級飲食店での事でした。冒頭での話題は、前年度に東京医大を不合格となった佐野被告の息子の事。佐野被告が臼井前理事長に対し・・・


 「本当に申し訳ございません。よろしくお願いします」(佐野被告)


 「まあ、来年は絶対大丈夫だと思いますが、もう、あと5点、10点欲しかったね」(臼井被告)


 「そうですね。申し訳ございません」(佐野被告)


 「そこの差が、ちょっと頑張れるか、頑張れないかで」(谷口被告)


 東京医大は、前年度、特色のある研究に対して文科省が補助金を出す「私立大学研究ブランディング事業」に選ばれるよう応募したものの、落選していました。


 このため、臼井被告は・・・


 「(申請書を)出す前にちょっと、ご指導たまわることができればと思ってる」(臼井被告)


 「結構、先生、抜本的に変えないといけないかもしれませんね。これの書き方の指導するってことは、違反になっちゃいますので無理なんですよ」(佐野被告)


 申請書類の書き方について、当初は具体的なアドバイスをすることに躊躇を見せましたが、相談を受けているうちに具体的に指南するようになっていきます。


 「ですから、ブランディングの方も、ぜひ」(臼井被告)


 「正直申し上げると、前のやつ(前年度の応募内容)は、かなり、やっぱ、何というんですかね。厳しい状況でしたね。ピークが何かっていうのをきちっと示すっていうのと、制度の趣旨に合っているかっていうところ、ぜひ指導させますので」(佐野被告)


 さらに、こんな言葉まで口にします。


 「一番の殺し文句はですね。これで、新しい学問領域を作ります。これが最終目的ですと、体系化して、新しい学問領域を作るので、国際的なそういう支援が必要なんですと」(佐野被告)


 「すごいですね、それはね」(臼井被告)


 「じゃあ、この件は承りましたので」(佐野被告)


 佐野被告が口にした「この件は承る」。便宜を図るよう依頼され、それを了承したというのでしょうか。


 密談が終わると、会合をセッティングした谷口被告が、全額支払いをしたといいます。


 「ここは僕が全部」(谷口被告)


 「え~」(臼井被告)


 「重ね重ね、申し訳ございません」(佐野被告)


 「我々もお世話になりますけど、いろんな意味で長続きして、いろいろやりたいと」(臼井被告)


 「今度はきちっと勉強して」(佐野被告)


 「うちに予約しておいでください」(臼井被告)


 「予約入学」(谷口被告)


 東京地検特捜部は、この音声データを入手していて、事件を裏付ける重要な証拠とみて捜査しています。

文科省で新たな疑惑 収賄の疑いで現職幹部を逮捕

東京地検特捜部は収賄の疑いで文部科学省の現職幹部を逮捕しました。


 文科省の国際統括官・川端和明容疑者(57)はJAXA(宇宙航空研究開発機構)に出向中の2015年8月から去年3月までの間に、都内のコンサルティング会社に便宜を図った見返りに約140万円相当の接待を受けた収賄の疑いが持たれています。会社の元役員・谷口浩司容疑者(47)も贈賄の疑いで逮捕されました。谷口容疑者は文科省の前局長・佐野太被告(59)による受託収賄事件でも逮捕・起訴されています。

文科省汚職で前局長起訴、若手職員らが省内改革求める文書

文科省汚職で前局長起訴、若手職員らが省内改革求める文書


 文部科学省の支援事業をめぐる汚職事件で、前局長が起訴されたことを受け、若手職員らが幹部に、省内の改革を求める文書を提出しました。


 これは、25日、文部科学省の中堅幹部や若手職員の有志40人が署名し、事務次官ら幹部に提出した文書です。前局長が大学側に便宜を図る見返りに息子を合格させてもらったとして起訴されたことなどを受けて、「強い危機感」を覚え、「『新生・文部科学省』に一日も早く変えていくことが不可欠」と、改革の必要性を訴えています。


 その上で、「『これまでの文部科学省』に対する痛みを伴うものが含まれるが、想いを受け止めていただきたい」として、若手や専門性が高いベテランが主導できるシステムの確立、人事システムの改善などを提案しています。

文科省汚職、前局長を受託収賄罪で起訴

文科省汚職、前局長を受託収賄罪で起訴


 文部科学省の支援事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は前局長が東京医科大学に便宜を図る見返りに自分の息子を不正に合格させてもらったとして、受託収賄の罪で起訴しました。


 起訴されたのは収賄側が文部科学省の前局長・佐野太被告(59)と知人で会社役員の谷口浩司被告(47)で、東京医大の前理事長・臼井正彦被告(77)と前学長の鈴木衛被告(69)も贈賄の罪で在宅起訴されました。


 東京地検特捜部によりますと、佐野被告は文科省の補助金が出る支援事業の選定で東京医大に便宜を図る見返りに、今年2月に、この大学を受験した息子を不正に合格させてもらったとして受託収賄の罪に問われています。


 特捜部は4人の認否を明らかにしていませんが、関係者によりますと、佐野被告と谷口被告は否認する一方で、臼井被告と鈴木被告は起訴内容を認めているということです。

安倍に続けと税金略奪ワイロ「裏口入学」を実行する文科省!受託収賄容疑で「佐野太局長」逮捕!息子を東京医科大学に裏口入学!終りのない破壊政治とグズ官僚!きよきよしい(清々しい)日本は遠い! - みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


安倍日本の防衛政策は米国に税金を差し出すだけになっている!イージス・アッショアは100%役立たず!国民がこれを知ったら、さすがに米国から武器を買うなということになる!野党が追及すべきは、国防政策の実態である!甘木直人氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


酷暑「東京五輪」温暖で理想的な気候?!とウソのプレゼン招致委員会! 今だに「打ち水で対策」と妄言!酷暑に選手が殺される「英タイムズ紙」安倍五輪招致は嘘だらけ!原発再稼働なし!汚染水は「アンダーコントロール」ボランティア、観客も熱中症で殺される! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します