楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

トランプ・プーチンが「金融ユダヤ戦争屋」の屑どもを駆除する!安倍晋三は腐った干物になる「戦争のない世界」東西冷戦状態をトランプ・プーチンがいとも簡単に終結させてしまった!金融ユダヤ人が必死になって70年間維持してきた東西冷戦状態を!

トランプ・プーチンが


「金融ユダヤ戦争屋」の


屑どもを駆除する!


安倍晋三は腐った干物になる!


「戦争のない世界」


金融ユダヤ人が


必死になって70年間維持


してきた東西冷戦状態を


トランプ・プーチン氏が


いとも簡単に終結させてしまった!


まさに、長い間待ち望んだ


事態が起きようとしている!


トランプ・プーチンが


世界を正義の道に導く!


– richardkoshimizu official website

トランプ・プーチンが世界を正義の道に導く。 – richardkoshimizu official website(記事は下記に)

米大統領をロシアに招待、プーチン大統領「用意ある」おい、シンゾー、お前は呼ばれてないよ。出しゃばるなよ、恥ずかしいから。 – richardkoshimizu official website(記事は下記に)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ

米大統領をロシアに招待、プーチン大統領「用意ある」おい、シンゾー、お前は呼ばれてないよ。出しゃばるなよ、恥ずかしいから。 – richardkoshimizu official website

米大統領をロシアに招待、プーチン大統領「用意ある」おい、シンゾー、お前は呼ばれてないよ。出しゃばるなよ、恥ずかしいから。


トランプ氏, ロシア


Date: 2018年7月30日Author: richardkoshimizu


金融ユダヤ人が必死になって70年間維持してきた東西冷戦状態をトランプ・プーチン氏がいとも簡単に終結させてしまった。


プーチン氏はトランプ氏の訪露を要請。トランプ氏は、プーチン氏の訪米を要請。新戦略兵器削減条約(新START)の延長に調印して、一気に、金融ユダヤ人の戦争計画を粉砕することになる。


戦争のない世界を作れば、金融ユダヤ人は金儲けもできずに干上がる。勿論、安倍晋三も腐った干物になる。


二人の巨頭が戦争屋の屑どもを駆除する!まさに、長い間待ち望んだ事態が起きようとしている!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


米大統領をロシアに招待、プーチン大統領「用意ある」


 【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は27日、トランプ米大統領をモスクワに招待する用意があると明らかにした。トランプ氏が招待した訪米にも意欲をみせた。南アフリカで開かれた新興5カ国(BRICS)首脳会議後の記者会見で語った。

プーチン大統領はトランプ米大統領をロシアに招待する用意があると明らかにした(27日、ヨハネスブルク)=ロイター


 プーチン氏はトランプ氏に招待の意向を伝えたとしたうえで、自らの訪米は「環境が整えば」との条件を付けた。米国内の政治対立が実現を妨げているとの見方を示唆した。


 サンダース米大統領報道官は同日の声明で「正式な招待があればトランプ氏はモスクワを訪問する用意がある」と述べた。来年にプーチン氏をワシントンに招待する考えも改めて示した。トランプ氏は19日にプーチン氏をワシントンに今秋招待すると表明したが、国内の反発が強く、25日に延期を発表していた。


 プーチン氏は21年に期限を迎える米ロの新戦略兵器削減条約(新START)の延長に世界が関心を持っていると米ロ協議の意義を訴えた。米ロ首脳が対話を続ける重要性を強調、20カ国・地域(G20)首脳会議などでの接触を模索する考えを示した。


 ロシアのリャブコフ外務次官は同日、パトルシェフ安全保障会議書記とボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)との会談が今夏の終わりまでに開かれる可能性があると記者団に語った。

トランプ・プーチンが世界を正義の道に導く。 – richardkoshimizu official website

トランプ・プーチンが世界を正義の道に導く。 – richardkoshimizu official website


Date: 2018年7月30日Author: richardkoshimizu


トランプ大統領の支持者は、プーチン大統領の支持者でもある。そのトランプさんの支持率はいまや絶好調。レーガンのバカ息子が意味不明の批判をしているが、そのお前を支持する米国民などどこにもいない。というか、誰もお前の存在を知らない。だから、お前がトランプさんを誹謗中傷しても、同意する愚鈍はいない。無駄なことはやめておけ。消えろ。


トランプ・プーチンの二人がただただ無欲で真摯で正義の徒である限り、国民はついていく。一方で、ユダヤ金融悪魔の代理人、仏マクロンは支持率低下。もういいから、さっさとマリーヌ・ルペンに大統領の座を明け渡して、フランスを出ていきなさい。フランスは金融ユダヤ人の国ではない。


とても良い風が吹いています。ユダヤ金融悪魔は駆逐されます。


。。。。。。。。。。。


冨永 俊史


【プーチン大統領の米国における人気は上昇している】


◆レーガン氏「彼らはトランプ症候群にかかっている」(Sputnik)


https://jp.sputniknews.com/life/201807295171353/


ロナルド・レーガン米前大統領の子息ロン・レーガン氏は米テレビ局「MSNBC」の取材を受け、「ドナルド・トランプ米大統領の支持者は民主党への嫌悪を募らせており、民主党候補者を米次期大統領に迎えるくらいであれば、ウラジーミル・プーチン露大統領を米大統領として選出することを望んでいる」と語った。


レーガン氏によると、トランプ支持者は同大統領が支持する人々を同様に支持している。このためプーチン大統領の米国における人気は上昇している。


同氏は、「トランプ大統領がプーチン大統領を慕っていることがわかれば、彼ら(トランプ支持者)もプーチン大統領に対して同様の感情を示すだろう」と述べた。


同氏はまた、「彼らは基本的に現実をみていない。彼らにとって大切なのはトランプ大統領であり、同大統領がある人物を嫌えば彼らも同じように嫌う。これは精神障害、つまるところ『トランプ症候群』である」と述べ、トランプ支持者が同症候群にかかっていると主張した。


2018年07月29日


冨永 俊史


【マクロン大統領の支持率:記録的な39%まで低下】


◆マクロン大統領の支持率、側近のスキャンダルを受け低下(Sputnik)


https://jp.sputniknews.com/europe/201807305173372/


フランスのマクロン大統領の支持率が、同氏の側近をめぐるスキャンダルを受け、記録的な39%まで低下した。ロイター通信が、フランスの世論調査機関Ifopが実施した世論調査の結果を引用して報じた。


マクロン大統領を最も批判しているのは政党「民主運動」、「共和党」、「社会党」の支持者たち。


ロイターによると、マクロン氏の過去最低の支持率は、2017年夏と今年6月に記録した40%。


スキャンダルは、仏紙ル・モンドが公開した動画が発端となって勃発した。ル・モンドは、パリで5月1日に行われたデモで、警察のヘルメットをかぶった人物がデモ参加者の頭を殴ったり、地面におさえつけている様子を映した動画を公開した。この人物はマクロン氏の側近で、警察とは何の関係も持たないアレクサンドル・ベナラ大統領警護責任者であることがわかった。


2018年07月30日

[M6以上の地震が毎日起きている世界を迎えた中、シュタイナー学派の「21世紀前半から悪魔的存在が活動を開始した」とする見解を思い出してみる]| richardkoshimizu official website

穂咲青二才 (2018年7月30日 8:40 AM)


表題部のグラフは以下の In Deepさんの記事からでしょうか?


[M6以上の地震が毎日起きている世界を迎えた中、シュタイナー学派の「21世紀前半から悪魔的存在が活動を開始した」とする見解を思い出してみる]

投稿日:2016年4月17日

https://indeep.jp/increase-of-earthquakes-of-world-and-satan-start-up-in-21-centry/

以下抜粋

毎日1回以上のM6以上の地震が起き続けている今の状態


九州での大地震の前には、連続して3つのマグニチュード6級の地震が起きていましたが、その九州の地震が収まっていない今日 4月17日、今度は、南米エクアドルでマグニチュード 7.8という大地震が発生しました。


この地震により、2016年4月10日からの約1週間で起きたマグニチュード6以上の地震は以下のようになります。

•4月10日 M6.6 アフガニスタン

•4月13日 M6.9 ミャンマー

•4月14日 M6.5 バヌアツ

•4月14日 M6.5 熊本

•4月15日 M6.4 熊本

•4月16日 M7.3 熊本

•4月16日 M6.0 熊本

•4月17日 M7.8 エクアドル


この規模の地震が、「世界の様々な場所」で、ここまで連続するというのは、過去にどのくらいあったのか、あるいはなかったのかわからないですが、とても珍しいことだと思います。


地図にしますと、以下のような感じです。

熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいることについて、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で、三つの地域で別々の地震が同時多発的に発生しているとの見解を示した。(中略)


青木課長は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」と話した。


とあり、地震を観測し続けてきたプロに、


> 近代観測が始まって以降は思い浮かばない


と言わせしめるような地震発生現象だったことがわかります。


熊本の地震の際には、地震と関係があるのかどうかはわからないですが、阿蘇山が小規模な噴火を起こしましたが、エクアドルでも M7.8の地震直後、コリマ山という火山が噴火を起こしたことが伝えられています。

なお、先ほどの 4月10日からの1週間に世界で起きたマグニチュード4.5以上の地震の地図に戻りますと、やや不自然というか、目立つ部分があります。


それは、地図を見ますと、太平洋を取り囲む環太平洋火山帯でくまなく中規模以上の地震が起きていることがわかりますが、しかし、よく見ると「くまなく」ではないことに気づきます。北米大陸で起きていないのです。


小さな地震は、カリフォルニアやアラスカなどを中心にたくさん起きているのですが、マグニチュード 4.5以上の地震に関しては、北米大陸だけが抜け落ちたようになっています。

21世紀は地震の世紀


そもそも、アメリカでは、今年になって地震がものすごく多いということは、


・北米の異常な地震 2016(1): 今年の新年は「全世界の8割の地震」がアメリカで発生 — 西海岸、アラスカ、ハワイで1ヶ月で1万回を越える地震が発生し続けている

 2016/01/08


・北米の異常な地震 2016(2): カリフォルニア、オクラホマ、アラスカ…。これらの過大な地震は結局何を意味するのか

 2016/01/10


などの記事に記したことがありますが、この記事でご紹介した、2016年1月1日から 1月7日までの期間は、「この期間に発生した全世界の地震の82%がアメリカで発生した地震だった」というようなこともあるほど、今のアメリカは地震が多い期間でもあります。


下のは USGS (アメリカ地質調査所)の「アメリカ中部・東部の 1975年から 2015年までの地震の累積数」のデータですが、人的な要因(掘削など)の可能性のあるものも含めて、2010年頃から大変な増加を示していることがわかります。


ところで、全世界的に見て、果たして地震は増加しているのか、といいますと、短いスパンではわからないですが、少し長いスパンで見ますと、


「圧倒的に増加している」


と言えます。

21世紀になって、「唐突ともいえるほど、大きな地震が増えた」ことがわかりますが、このやや不自然とも思える増加の理由はわかりませんけれど、特に、グラフでは紫色で示されている「マグニチュード6から7の地震」が激しく増加したことがわかります。


マグニチュード6から7の地震というのは、まさに今、連続して起きている地震のタイプです。


そして、上のグラフでは示されていない 2011年には、東日本の大震災が発生し、その後も次々と大きな地震が起き続けて現在に至ります。


この「 21世紀の異常」ともいえる地震の増加が今後収まっていくのかどうかはわからないですが、今の状況を見ていますと、とてもではないですが、「収まっていくだろう」という予測を持つことは難しい気がします。


そういえば・・・21世紀といえば・・・。


前回の記事、


・惨事の中でふたたび思い出すシュタイナーの「頂点は日本」という言葉。そして、ある数字がどうしてもリンクしてしまう東北と九州の震災

 2016/04/16


の中に、ルドルフ・シュタイナーの『天地の未来 : 地震・火山・戦争』という著作のことにふれました。そして、その序文にある、訳者の西川隆範さんの記述を載せました。


あの続きに興味深いことが書かれてあるのです。


前回は、


1879年から 33年が二度めぐったとき、広島、長崎に原爆が落とされ、それからまた 33年が二度めぐったとき、福島の原発事故が発生した。


までを抜粋したのですが、その続きは下のようになります。


シュタイナー『天地の未来 : 地震・火山・戦争』 訳者序文の「『未来の地球』諸言」より


1998年(666×3)に悪魔的存在が地上に誕生し、21世紀前半中にも活動を開始する、とシュタイナー学派は見ている。


他方、本書でシュタイナーも語っているが、紀元前 3101年に始まった暗黒時代(カリユガ)の第一期が 1899年に終了し、精神世界への見通しが明るくなってきている。


幾多の困難が今後もやってくるだろうが、全体的には世界は精神化へ向かっている。


物欲の時代は終わり、心魂浄化の時代が始まっている。時代の流れを促進するか、物質に固執して混迷を深めるか、個人個人の生活が岐路に立っている。


私たちはいま、比類なき美しい自然に鎮座なさっている神々にふさわしい国土をあらためて築いていく時期を迎えたのではないだろうか。


と書かれていました。


ちなみに、ここにある、


> 比類なき美しい自然に鎮座なさっている神々にふさわしい国土


というのは、日本のことです。


それはともかく、どうやら、シュタイナー学派の人々は、


> 1998年(666×3)に悪魔的存在が地上に誕生し、21世紀前半中にも活動を開始する


と見ているようで、21世紀は、


> 幾多の困難が今後もやってくる


と共に、「全体的には世界は精神化へ向かっている」と訳者の方は書いてらっしゃいます。


そして、その「明るい方向」となっていく条件というのか、その可能性を生むものとなるのは、


「地球の、物欲の時代を終わらせて、地球は、精神化の時代へ移行しなければならない」


とシュタイナーは述べております。


以上


長々と他所様の記事をここに転載してしまいましたことをお許しください。


In Deepさんも

>「収まっていくだろう」という予測を持つことは難しい気がします


と仰っている通り、「悪魔的存在」=「通貨発行権所有者一味」が人類に対して一方的かつ、秘密裏に行っている攻撃は止むことは無いでしょう。

それらは気象操作や人工地震、ウイルスばら撒き、水や種の私物化(ユダヤ悪による独占)を通じて執拗に行われています。


彼らがアメリカのジョージアにガイドストーンをわざわざ建てて宣言している通り、人類は5億人でよいのでしょう。

「5億人の奴隷」で「ユダヤ悪エリート生活」という夢を見ているのでしょう。

クスリのヒグチの昔のCMではないが、

「目標!全人類人口5億人!」

ということでしょう。


彼らは人類共通の敵です。

彼らの手下である朝鮮悪・安倍一味も人類共通の敵。


27日にヨハネスブルグでBRICS会議は閉幕しましたが、トルコのエルドアン大統領も参加していました。

プーチン大統領に

「トルコがロシア産の牛肉を買ってくれたら、明日食事を共にしてもいい」

と言われたエルドアンは即座に対応し、翌日から輸入が決定。


エルドアンも日本の偽総理と同じ「学歴コンプレックス」を持つ悪党ですが、違うところは変わり身の早さです。


トランプ大統領とプーチン大統領はこれからますます接近していきます。

彼らはお互いにそう宣言しています。


偽日本人・安倍犯罪者一味だけがその愚鈍さゆえに、この世界の潮流に乗り遅れ、やがて内ゲバでも起こして自滅していく運命にあるのです。


芭蕉 (2018年7月30日 8:17 AM)


前門の トラさんプーと タッグ組み

 後門固める 習と連携


もみじ (2018年7月30日 8:03 AM)


東西冷戦が茶番劇だとは、随分前から言われていましたが、黒幕が何奴らかハッキリ指摘する人は居ませんでした。

コシミズ先生が初めてではないでしょうか。

その茶番劇もついに終わり、祝杯モノですが、日本人にとっての「歩く名誉毀損」ドアホの安倍でんでん虫死刑囚が黒幕から何か指示されているかも?

指示されていても、大したことは出来ないでしょうが。


匿名 (2018年7月30日 7:53 AM)


安倍が腹黒田擁護のために、新しい人工台風を製造しているようです。


匿名 (2018年7月30日 7:45 AM)


板垣英憲氏によると、

「米国トランプ大統領は、日本時間の7月27日、ロシアのプーチン大統領と連名で「FRB(連邦制度理事会)から一切手を引け」と命じる通達文書を英国ケンブリッジの欧州最大財閥総帥ジェイコブ・ロスチャイルド(ロンドン・ロスチャイルド6世、2017年8月8日脳梗塞で死去、81歳=非公開→世界銀行300人委員会内の地位は、小沢一郎代表が受け継ぐ)の長男・ナサニエル・フィリップ・ヴィクター・ジェイムス・ロスチャイルド(通称:ナット・ロスチャイルド)に送った。文書には、「もし従わない場合は、ロシアが後ろ盾になっている反イスラエル勢力を結集して、イスラエルを攻撃する。そのことに関して米国は一切関与しない。イスラエルを守ることもしない」と明記している。これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦からのトップ情報であり、1776年以来の大特ダネである。」

毎度おなじみの天皇家擁護は偏向があるかもしれないこととしても、素晴らしいことになりましたね。


パレスチナ万歳 (2018年7月30日 7:41 AM)


でしゃばるどころじゃ無いみたい


被災地視察を中止した安倍総理の本当の病名は「鼠径ヘルニア」か!?体力もメンタルも限界に達している中、狂ったように総裁3選に突き進む理由とは?

https://yuruneto.com/abe-sokei/


匿名 (2018年7月30日 7:39 AM)


イカサマなサンフランシスコ講和条約を一方的に破棄して日本を再占領し、蛆虫、ハイエナ、ゴロツキなどを一網打尽に処刑して下さい。それ以外に方法が無さそうです。


冨永 俊史 (2018年7月30日 6:55 AM)


【アベノミクスの化けの皮が剥がれる日が近づいている】


◆市場が警戒…日銀会合でアベノミクスの化けの皮が剥がれる(日刊ゲンダイ)


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/234202/1


アベノミクスの化けの皮が剥がれる日が近づいている――。物価が上がらない一方、異次元緩和の副作用に金融機関が悲鳴を上げる中、7月30、31日に開かれる日銀の金融政策決定会合に大きな注目が集まっている。


決定会合では、物価見通しを4月時点より下方修正する予定だ。2018年度は1.3%から1%程度に、19年度は1.8%から1%台半ばに下げる。5年以上達成できていない年間2%の物価目標はますます遠のくことになる。7月30、31日の決定会合が注目されているのは、日銀に打つ手はあるのか、打っても逆に混乱が生じるのではないか――と不安視されているからだ。ニッチもサッチもいかない状況に、市場は過敏になっている。


さっそく、26日の東京債券市場では、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時、0.100%まで上昇。約1年ぶりの高い水準となった。


「政策決定会合では、物価の下方修正とあわせて、金融緩和が見直され、利上げを容認するなどの『柔軟化』が打ち出されるのではないかと観測が強まったためです」(金融関係者)


しかし、利上げへ進めば、円高で輸出は打撃、国債、株も暴落し市場は大混乱。逆に、追加緩和なら、地銀など金融機関の経営はますます悪化し、悲鳴はいっそうデカくなる。


しかし、日銀は7月の会合で何もしないわけにもいかない。


「次の決定会合は自民党総裁選直前の9月18、19日。さすがに、市場に影響を与えることはしにくい。一方で、金融機関の悲鳴も無視できない。日銀は7月に、出口に向けて何らかの布石を打ちたい。それが『柔軟化』です」(前出の金融関係者)


経済評論家の斎藤満氏が言う。


「決定会合では、物価が上がらない要因をネット通販や企業の人件費抑制とみて、金融緩和と物価を切り離すようです。一方で、5年間に及ぶ異次元緩和で金融機関はもう持たなくなっていて、一刻も早く副作用を和らげなければならない。トランプ大統領が円高圧力を強めていることもあり、日銀は円高やむなしと判断しているようです。金利を上げるといわないまでも、柔軟化の方向に進むことになるでしょう。その場合、国債が下落し、市場は混乱します」


庶民も7.31は要注目だ。


2018年7月27日


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


速報【世界最終戦争】回避!プーチン・トランプ米ロ首脳会談!世界戦争が出来なくなった安倍晋三一味&1%オリガーキ時代の終り!日本も救われる!世界の全原発(443基)廃棄!リチャード・コスミズ氏&板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


プーチンは第三次世界大戦を避けるため、できる限りのあらゆることをしている!戦争を望んではいない!米国オバマ政府が世界を核戦争に駆り立てる!安倍政権も戦を崇拝する!いま世界の平和と安寧は【プーチン一人】の肩にかかっている!救世主!と言っても過言ではない!欧米唯一の指導者、ウラジーミル・プーチン!ブラックマスコミはプーチンを悪と洗脳し続けるが!マスコミに載らない海外記事…


トランプ大統領とプーチン大統領が【米朝平和友好条約締結】を合意!安倍晋三首相は「一切、口を挟むな」と叱責、排除された!天皇陛下にごく近い実務担当者に伝えたトップ情報である!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


世界の全原発(443基)廃棄!金正恩党委員長は、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」 から分配される「400兆円」を世界の全原発に対する「廃炉事業ビジネス」に投じていく!国連総会(9月18日~30日:ニューヨーク)で「核廃絶演説」を行なう!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


偏向台風12号「人工気象兵器」安倍晋三、救済目的!知りたいのは、なぜ海水温が例年より3-4度高いのかなんですよ気象庁さん!関東~豪雨被災西日本を直撃!宇宙空間の国籍不明太陽光発電衛星群で作ったマイクロ波で! 台風の通過ルートの海水をピンポイントで加熱!異例のコースの台風、いままでの常識を外れた台風、厳重注意と気象庁!– richardkoshimizu official website - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍三選で日本は破滅する「悪魔の政権」でっち上げ国難で日本破滅「改憲軍拡一筋」北朝鮮、中国脅威論を意図的に国難を創り上げて、危機を煽り平和憲法を破壊しようとしている!本澤二郎「ジャーナリスト同盟」通信 - みんなが知るべき情報/今日の物語


日本は地震を偽装した核実験を止めよ!ロシア国防省【目的は地下核実験だった?】311の真実が、ロシア発で暴かれるかもしれない!ロシアの専門家が、日本の地震は核を使った人工地震だとばらしちゃいました! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します