楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

沖縄選挙民は【開票作業を監視して】不正選挙ムサシの不正介入を阻止することに成功!那覇市長選、安倍自公候補大敗!全国の選挙民は沖縄県民に続け!新ベンチャー革命

沖縄選挙民は【開票作業を監視して】不正選挙ムサシの不正介入を阻止することに成功!那覇市長選、安倍自公候補大敗!全国の選挙民は沖縄県民に続け!新ベンチャー革命2018年10月22日 No.2155

名護市長選の結果に疑問をもった沖縄選挙民は那覇市長選では開票作業を監視して、ムサシの不正介入を阻止することに成功した:全国の選挙民は沖縄県民に続け! ( 選挙 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ(記事は下記に)


ユーチューブ“2018年10月21日 那覇市長選挙開票参観https://www.youtube.com/watch?v=ovfcMOWEdm8


創価学会員が人間性回復した沖縄の選挙!那覇市長選、野党支援の現職の城間氏、2回目の大差当選!参院選までマグマは滾り続ける!さらに小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなくなったか!沖縄知事選に続き! 池田親衛隊は、政治との関係を絶つ構えともいわれる…▽城間幹子(無所属・現)当選、7万9677票▽翁長政俊(無所属・新)4万2446票- みんなが知るべき情報/今日の物語


沖縄知事選、小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなかった!安倍晋三を政権の座から引き摺り下ろせるのは「小沢一郎」しかいないということ!非戦争屋とコネクションを持つ小沢氏!大勝した玉城氏は小沢氏の真弟子!新ベンチャー革命 - みんなが知るべき情報/今日の物語


投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ(日刊ゲンダイ)  赤かぶ


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

名護市長選の結果に疑問をもった沖縄選挙民は那覇市長選では開票作業を監視して、ムサシの不正介入を阻止することに成功した:全国の選挙民は沖縄県民に続け! ( 選挙 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ

名護市長選の結果に疑問をもった沖縄選挙民は那覇市長選では開票作業を監視して、ムサシの不正介入を阻止することに成功した:全国の選挙民は沖縄県民に続け!


2018/10/22(月) 午後 2:51 技術経営 選挙


新ベンチャー革命2018年10月22日 No.2155


 タイトル:名護市長選の結果に疑問をもった沖縄選挙民は那覇市長選では開票作業を監視して、ムサシの不正介入を阻止することに成功した:全国の選挙民は沖縄県民に続け!


 1.沖縄・那覇市長選にて、またも、安倍自民候補が大敗した


  2018年10月21日、沖縄県那覇市にて、市長選が行われましたが、前回の沖縄県知事選に続いて、安倍自民候補がまたも大敗しています(注1)。


 今回の那覇市長選挙では、開票作業の現場が一般国民にも見られるようになっていて、その実況画像がネットにアップされています(注2)。


  那覇市職員も、ネットを通じて、悪名高い選挙屋ムサシのことを知っているでしょうから、結構、監視体制はしっかりしているように見えました。


  その結果、この選挙では、大差がついて、安倍自民候補が野党候補に敗けています。


 2.悪名高い選挙屋・ムサシは沖縄選挙では不正介入が困難になっている


  沖縄選挙は、米軍普天間基地の辺野古移転を推進している安倍一派と日米安保マフィアにとって、何としても勝ちたい選挙ですが、彼らの意図が奏功したのは、辺野古のある名護市長選挙まででした。


  上記、名護市長選の結果がわかったときの故・翁長・前県知事の表情が、当時のニュース画像に映っていましたが、その表情は、怒りと疑惑が渦巻いている表情でした。このとき以降、翁長氏は亡くなるまで、ムサシによる不正介入の監視を秘かに強化してきたと思われます。


  一方、安倍一派と日米安保マフィア勢力は、配下のムサシに、様々な秘密指令を出してきたと疑われます。


  ところが、彼らは、名護市長選では、それを強引にやり過ぎて、危うくボロが出そうになったのです(注3)。決定的だったのは、出口調査と開票結果がまったく一致しなかった事実です。


  いずれにしても、この名護市長選挙では、安倍一派と日米安保マフィアは図に乗って、強引にやり過ぎたのでしょう。


  その結果、ムサシの方も、名護市長選では危うく不正がばれそうになって、ヒヤヒヤだった可能性があります。


 そして、安倍自民の敗けた沖縄県知事選(注4、注5)に次ぐ、今回の那覇市長選では、もう、ムサシは不正介入工作を自発的に拒否した可能性があります。


 3.全国の一般選挙民も、全国の自治体職員も、沖縄を見習って選挙屋ムサシへの警戒・監視を強めれば、さすがのムサシももう手が出せなくなるはず


  上記、那覇市長選の開票作業を撮影・監視していた国民は、開票作業シーンを撮影するとき、ムサシの開票集計機の動作も撮影していました(注2)。


  この貴重な画像を、全国の選挙民はしっかり、観ておくべきです。


  筆者個人も、この画像を観て、安倍自民候補と野党候補に大差がついたときは、もう、ムサシは不正介入が不可能だとわかりました。


  開票作業中の職員の感覚と、ムサシが出した結果が大きく食い違うと、職員から疑惑を持たれるからです。


  いずれにしても、安倍一派がいくらムサシを抱き込んでも、反自民の票が大差で勝っている場合、ムサシはもう手が出ないと思われます。


  われら選挙民は、沖縄県民に倣って、ムサシの機械を使用する開票作業には立会させてもらうべきです、上記、那覇市長選のように・・・。


 注1:阿修羅“那覇市長選 オール沖縄の城間幹子氏 当選確実 自民・公明・維新・希望が推薦した翁長政俊氏を大差で破る”2018年10月21日

http://www.asyura2.com/18/senkyo252/msg/554.html


注2:ユーチューブ“2018年10月21日 那覇市長選挙開票参観”2018年10月21日

https://www.youtube.com/watch?v=ovfcMOWEdm8


注3:本ブログNo.1929『沖縄・名護市長選の出口調査によれば、稲嶺氏が圧勝していたはず:選挙屋ムサシの粉飾は度が過ぎて、遂に不正の闇の一端が国民に垣間見えた』2018年2月8日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37182088.html


注4:本ブログNo.2139『米国防総省の制服組は、2009年時点から沖縄米軍のグアム移転を計画してきた事実を日本国民は知るべき:玉城氏の沖縄知事選勝利は、故・翁長氏が名護市長選の苦い経験から、各自治体の首長に選挙屋・ムサシへの警戒監視を要請していたからか』2018年10月1日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37540402.html


注5:本ブログNo.2140『悪名高い選挙屋・ムサシの開票集計機が使用されたはずの今回の沖縄県知事選にて、なぜ、安倍自民党の傀儡候補が大敗したのか:大勝した玉城氏はジェイ・ロックフェラーとコネを持つ小沢氏の子飼い政治家だからか』2018年10月3日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37543051.html

池田親衛隊が決起か <反戦平和主義で反安倍自公運動><本澤二郎の「日本の風景」(3131) : 「ジャーナリスト同盟」通信

池田親衛隊が決起か<本澤二郎の「日本の風景」(3131)


2018/10/21 08:12


<反戦平和主義で反安倍自公運動>

 少し明るいニュースが永田町から飛び込んでくる。安倍3分の2の牙城である信濃町の動向である。池田親衛隊の決起は間違いない。反戦平和主義の池田主義者だ。憲法9条派でもある。したがって、それは安倍の軍国主義路線の果実となる9条解体の改憲に、真っ向から反対する勢力なのだ。本末転倒の本である。本が動くと、末も揺れる。安倍・日本会議の土台を揺さぶり続けることになろう。


<沖縄から首都圏(君津市長選)でも表面化か>

 先週日曜日に投開票された君津市長選で、自民公明は千葉県のエリート官僚を公認して、圧勝体制で臨んだが、沖縄知事選同様の結末となった。

 君津市は、新日鉄の城下町で知られる。同時に、かのハマコーのやくざ地盤でも有名な地区である。筆者の中学時代の英語の先生が住んでいる。友人の一人は、自民党系の市議だ。


 先般、運転免許の更新のため、2回も同市を訪問している。沿道の選挙ポスターが目に入ったものの、ここで自公の候補者が奮戦していることなど、全く気付かなかった。

 まったくもって、どうでもいい選挙だったのだが、永田町からは「相当な衝撃が起きている」という情報である。確かに、言われると、ここは沖縄ではない。東京圏・首都圏である。自公の牙城である。

 自公候補圧勝の選挙区だ。そこでのみじめな敗北なのだ。自公の金力選挙は通用しなかった。池田親衛隊の決起を裏付けている。隣の筆者の地元・木更津市の学会員に取材すると、大方は無関心・上部からの動員指令はなかったという。「国家神道の安倍・自公選挙に拒絶反応が出てきている。池田家の意向と、2013年からの太田ショウコウ批判が拡大しているのだろう」との指摘も。


<谷川暴走に池田家・池田夫人も激怒>

 信濃町の奥の院を第三者がのぞくことは出来ない。しかし、官邸と公明党幹部は、学会の谷川という池田裏切り人を経由して知る立場にあるようだ。おそらくはそうであろう。

 そこで、一部のマスコミが、池田家を警護している特別チームから「年初の学会首脳部の挨拶を、池田家が拒絶した」との極秘情報の報道には、信濃町を注視している関係者を驚愕させた。


 池田氏あっての学会である。超カリスマ支配の教団での極秘情報の意味するところは、きわめて絶大であろう。事情通は「池田家が遂に、谷川暴走と公明党の太田・山口らに対して、怒りの槍を突き刺したようなものだ」と分析する。


 池田氏の信濃町が、安倍の邪悪な権力を悪用して乗っ取られてしまったことに、とうとう池田家が反撃を開始したことを意味する。

 沖縄知事選やその前の「戦争法」強行反対デモに際して、三色旗が翻ったことが知られているが、その指令を出した本元は、池田家ということになろうか。

 「大衆を苛め抜く、戦争法制と悪魔の税金である消費税、そして悪魔のエネルギーである原発阻止が、池田主義の根幹」と指摘する関係者もいる。「表に出たこともない池田夫人の怒りも漏れてきている」と官邸の事情通は打ち明けている。信濃町の大異変は、予想を超えているのだろう。


<国際連帯SGIは池田大作氏の長男が指導>

 もう1年前になろうか。創価学会の海外組織をSGIというが、そこを主導している池田氏の長男が、北京を訪問して、同氏の意向を伝えた。そのころはまだ、安倍・自公政権が中国批判を叫んでいる最中でもあった。「創価学会理事長の正木の首をはねた谷川も、SGIの人事をいじることは出来ない。池田親衛隊を掌握しているのは、多分、長男ではないか。長男と谷川が、主導権争いを続けている構図かもしれない」ということなのか。


 松村謙三を介して周恩来と握手した池田の日中友好は、変わることはない。しかし、安倍・自公は最近まで中国敵視政策を貫いてきた。これは池田家にとって「池田に泥を塗る背信行為・裏切りそのもの」とうことになる。


 この安倍・自公路線は、目下、急変して北京接近を図っているが、狙いは9条改憲にある。「9条改憲に反対しないで」という直訴ともいえる北京接近である。9条改憲で国民を騙すだけでは、成功はおぼつかない。隣国も一緒に騙す必要がある。

 「東京の中国大使は、その辺のことを十分、よく理解している」という事情通の分析も紹介しておくべきだろう。


<創価大学・婦人部OB・池田元側近G>

 池田親衛隊の中核は、創価大学と婦人部OBと池田と共に歩んできた元側近らである。学会の長老グループは言うまでもなく、戦争反対の婦人部や女子部らもそうである。


 「池田家が内外に発信すれば、谷川は即座に排除される運命にある」ということは、この大教団の経緯が物語っている。国家神道に抵抗して、初代の牧口常三郎は獄死という悲運に泣いた。

 池田が心酔した戸田城聖もまた、牧口と共に入獄を強いられてきている。そこからは、安倍・国家神道派による戦争体制支援はありえない。


<木更津市の毒饅頭攻撃が信濃町に直撃>

 それゆえに2014年4月28日に、市民になりすまして介護施設を開業したやくざ浜名に強姦・性奴隷ののちに脅迫殺害された、戦争遺児の美人栄養士K・T子さんの、公明党の太田ショウコウへの、毒饅頭攻撃を想起しなければならない。


 公明党の裏切りを最初に見抜いた池田親衛隊第一号なのだから。戦争法の第一弾としての特定秘密保護法を強行した人物は、当時の安倍の腰ぎんちゃく・国交大臣の太田ショウコウだった。同法の本末を見届けた時点で、戦争遺児は太田を裏切り者と断罪した。2013年12月のことである。


<監視される太田ショウコウ狸と山口那津男狐>

 いま太田と公明党の代表である山口は、安倍の毒饅頭組を代表している、と内外から評されている。


 かつて自民党の国会対策のベテラン・竹下登によると、野党幹部篭絡の手口は、いとも簡単である。本人が留守をして、夫人がいるところを狙って訪問、大金を玄関に置いて、さっと引き上げる。

 家に上がり込んでは成功しない。これで野党議員はころりである。そうして社会党幹部を切り崩したものだが、その点で、政治に苦労知らずの素人を抱き込むことほど楽なことはない。


 「簡単に毒饅頭でお腹を膨らませる。6選した山口が、あいさつに来た安倍に100度も頭を下げた写真が、見事な証拠写真」と事情通は決めつけている。

 「公明党の狸と狐を化かした安倍の手口は金力」ともっぱらの評判である。むろん、ほかにも沢山いると見られている。


 池田親衛隊は、政治との関係を絶つ構えともいわれる。純粋の信仰団体として生きる本来の姿である。信濃町大異変が日本政治を変える。いい方向に変えなければなるまい。アジアの平和と安定に不可欠なのだから。

2018年10月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


安倍降ろし「自公連立」は事実上終わった「自衛隊明記のための憲法改正発議」創価学会が反発し「安倍離れ」が急速に進む!小沢一郎代表「今年中に総辞職になると思っている」と予測!創価学会票がないと選挙に勝てない自民党議員!内部崩壊、すでに安倍降ろしが始まっている!沖縄知事選挙でも創価学会員の反旗で自公が負け玉城氏が勝つ。さらに一説には、小沢一郎の戦略で安倍一味の不正選挙「ムサシ」が使えなかった。世界はトランプ大統領、プーチン大統領らで、戦争屋・金融マフィアの退治が始まっている。追い詰められている安倍晋三一味。そして、 天皇陛下は安倍晋三を嫌っておられる! - みんなが知るべき情報/今日の物語


創価学会の皆様へ!安倍が衝撃の告白「戦争法制の原案」9条改憲案は公明党案だった!学会員の皆様が自公政権に反旗を示されたのは英断です「山口那津男体制」主権者・信者を欺いた悪魔軍団!仮面の正体<本澤二郎の「日本の風景」> - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍晋三一味は、どうして国を売り渡すのか!見返りに巨大な報酬を得ているからだ「いまだけ、金だけ、自分だけ」躊躇なく国を売る!米国支配者の命令に従っていれば身が安泰になる!植草一秀氏- みんなが知るべき情報/今日の物語


消費税増税の真実!法人税減税と所得税減税を実施するため!社会保障制度維持のためではない!中低所得者への配慮が何もなされていない!消費税率を10%に引き上げた場合の個人消費への影響は想像を絶する!2019年7月の参院選での大敗を防ぐために安倍首相は「消費税増税再々再延期」のカードを切るだろう!メディアが伝えぬ税制改悪の知られざる真実/植草一秀の『知られざる真実』- みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍の消費増税10%の目的は「日本経済を停滞」させること「日本破壊」安倍政権は金融ユダヤ人の家畜!ドル防衛策の一環!景気が落ち込んで税収が減る、それが安倍の目論見です! リチャード・コシミズ - みんなが知るべき情報/今日の物語


筋肉をつくる力「たまご・タマゴ・卵」70歳の実体験!筋肉強化、若返り、足腰、心臓強化、免疫力アップ、がん、生活習慣病、熱中症、寒さに強くなる! 「人工的なタンパク質」プロテインやアミノ酸サプリメントは腎臓を壊す!卵は死に至る病の罹患率を下げる!脳卒中、認知症、糖尿病…! タマゴはスーパーフード!医者が教える食事術 最強の教科書!


卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


★お勧めの整体院

筋肉系・気経絡整体【くりはら施術院】腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足・姿勢改善・若返り…独自の姿勢改善術「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」 心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します

創価学会員が人間性回復した沖縄の選挙!那覇市長選、野党支援の現職の城間氏、2回目の大差当選!参院選までマグマは滾り続ける!さらに小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなくなったか!沖縄知事選に続き!

創価学会員が人間性回復した沖縄の選挙!那覇市長選、野党支援の現職の城間氏、2回目の大差当選!参院選までマグマは滾り続ける!さらに小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなくなったか!沖縄知事選に続き!

▽城間幹子(無所属・現)当選、7万9677票

▽翁長政俊(無所属・新)4万2446票


池田親衛隊は、政治との関係を絶つ構えともいわれる…


田中龍作ジャーナル | 学会員が人間性回復した沖縄の選挙 参院選までマグマは滾り続ける(記事は下記に)


那覇市長選 現職の城間氏 2回目の当選 | NHKニュース(記事は下記に)


池田親衛隊が決起か <反戦平和主義で反安倍自公運動><本澤二郎の「日本の風景」(3131) : 「ジャーナリスト同盟」通信(記事は下記に)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

田中龍作ジャーナル | 学会員が人間性回復した沖縄の選挙 参院選までマグマは滾り続ける

学会員が人間性回復した沖縄の選挙 参院選までマグマは滾り続ける


2018年10月21日 20:29 



当選確実が出ると城間候補(左)は玉城知事とともにカチャーシーを舞って喜びを爆発させた。=21日午後8時頃、城間陣営選挙事務所 撮影:田中龍作=


 オール沖縄候補と自公候補の一騎打ちとなった沖縄県知事選挙と同じ構図の那覇市長選挙は、きょう投開票が行われ、オール沖縄が推す城間みきこ候補が当選を確実にした。


 午後8時、投票箱のフタが閉まると同時に、慎重なNHKが当選確実を速報した。「ゼロ打ち」である。自公候補(※)に大差をつけるものと見られる。(※正確には自、公、維新、希望推薦)


 沖縄県知事選挙は創価学会が雪崩を打って玉城デニー氏を応援したが、那覇市長選挙はそれが深化したような選挙だった。


 「こんな気持ちのいい選挙はなかった。初めて自分の頭で考えて投票した。これまでは(学会から)言われるままに投票してたからね」・・・学会員歴40年を超える男性(那覇市在住)が県知事選挙を振り返って語った。清々しく嬉しそうな表情は、過酷な縛りから解き放たれたことを示していた。


 男性は白髪頭だ。学会は彼がこの年になるまで自由に投票させなかったのである。選挙期間中、彼は表に出るようなことはしなかった。「出れば潰される」と警戒していた。


 一方、「自分は学会員」とカミングアウトしてオール沖縄の選挙を手伝った人たちもいた。30代の女性は「玉城デニー」のパンフを配布して歩いた。中高年女性は2人一組で商店などを訪問し「今度の選挙はデニーに入れて下さい」と頼んで回った。


 那覇市長選挙の告示直前には、本土の方面本部と沖縄総県から「選挙はやらなくていい」との お達し が出た。沖縄における学会の自民党離れは決定的になった。


 那覇市長選挙の最終日となった20日夕、城間候補の打ち上げ(最終街頭大演説)が新都心であり、3千人を超す聴衆が集まった。ある学会員の姿があった。100票は差配できる人物だが、創価学会の3色旗を掲げたりはしない。穏やかな表情でオール沖縄の演説に耳を傾けていた。



記者団に当選の弁を聞かれ「玉城知事をささえる」と答える城間氏。=21日午後8時頃、城間陣営選挙事務所 撮影:田中龍作=


 演説会が終わった直後だった。城間陣営の大幹部が学会員のもとを訪れ、「今回もお世話になります」と手を差し出したのだ。大幹部は玉城選対の重鎮でもあった。


 県知事選挙の地滑り的勝利は、学会の“協力”なくしてはありえなかった。“協力体制”がそのまま那覇市長選挙に引き継がれたことを示す場面だった。オール沖縄の一角には学会とは不倶戴天の共産党がいるのにもかかわらず、だ。


 学会員は「(学会票の)50%が城間に来るよ」とニンマリ笑った。


 自民党は満を持して県連の実力者を那覇市長選挙に送り出した。だが、集票マシーンの学会は全く動かず、自公は早々と総崩れになった。拙ジャーナル(17日付/14日付 /11日付)でリポートしているので御一読頂きたい。


 冒頭の学会員は「(来夏の)参院選挙も自民党には入れない(投票しない)」ときっぱり言う。沖縄の自公体制崩壊が本土に教えてくれることは-


 学会を味方につけること。安倍自民に対する学会員の怒りのマグマは本土でも沸々とたぎる。安倍政権を倒すため、恩讐を越えて共闘できる統一テーマを掲げれば、学会員の多くは野党側に投票するはずだ。


 城間陣営は「辺野古の新基地建設反対」を訴え続けた。那覇市長の権限とは関係なくても学会員をはじめとする有権者の心に響いたのである。


 人間性を回復した学会員の共感を得るテーマで参院選を戦えば、安倍政権は音を立てて崩れる。



聴衆のいない自公。国際通りとの交差点近くでも立ち止まる人はいなかった。=17日、那覇市内 撮影:田中龍作=


   ~終わり~

  

  ◇

長期の沖縄滞在で多大な出費となりました。田中龍作の取材活動は読者に支えられています… http://tanakaryusaku.jp/donation


田中龍作の取材活動支援基金

那覇市長選 現職の城間氏 2回目の当選 | NHKニュース

那覇市長選 現職の城間氏 2回目の当選


2018年10月21日 23時25分選挙


任期満了に伴う那覇市長選挙は21日に投票が行われ、沖縄県の玉城知事や野党が支援した現職の城間幹子氏が、自民・公明両党などが推薦した新人を抑え、2回目の当選を果たしました。


那覇市長選挙の開票結果です。


▽城間幹子(無所属・現)当選、7万9677票

▽翁長政俊(無所属・新)4万2446票


野党が支援した現職の城間氏が、自民・公明両党などが推薦した新人で元沖縄県議会議員の翁長氏を破り、2回目の当選を果たしました。


城間氏は67歳。ことし8月に死去した翁長前知事が那覇市長の当時に教育長や副市長を務め、前回・4年前の市長選挙に後継として立候補し、初当選しました。


選挙戦で、城間氏は、先月の沖縄県知事選挙で当選した玉城知事の全面的な支援を受け、県と連携して子育て支援策を充実させていくことなどを訴えました。


そして、支援を受けた立憲民主党や共産党などの支持層を固めたほか、支持政党を持たない無党派層からも支持を集め、2回目の当選を果たしました。


城間氏を支援した玉城知事にとっては、今後の県政運営に弾みがつく結果となりました。


一方、自民・公明両党にとっては、沖縄県知事選挙に続き、県庁所在地の那覇市長選挙でも支援した候補が敗れる厳しい結果となりました。


城間氏は「1期4年の市政運営を評価して投票いただいた市民の皆さんに心から感謝する。また、翁長雄志前知事の遺志を継いでいることなども評価されたと思う。待機児童や貧困などの問題に取り組み、光が見えてきた部分もあるが、課題もまだまだあるので、市民一人一人に政策が届くような優しい市政運営をしていきたい」と述べました。

池田親衛隊が決起か <反戦平和主義で反安倍自公運動><本澤二郎の「日本の風景」(3131) : 「ジャーナリスト同盟」通信

池田親衛隊が決起か<本澤二郎の「日本の風景」(3131)


2018/10/21 08:12


<反戦平和主義で反安倍自公運動>

 少し明るいニュースが永田町から飛び込んでくる。安倍3分の2の牙城である信濃町の動向である。池田親衛隊の決起は間違いない。反戦平和主義の池田主義者だ。憲法9条派でもある。したがって、それは安倍の軍国主義路線の果実となる9条解体の改憲に、真っ向から反対する勢力なのだ。本末転倒の本である。本が動くと、末も揺れる。安倍・日本会議の土台を揺さぶり続けることになろう。

<沖縄から首都圏(君津市長選)でも表面化か>

 先週日曜日に投開票された君津市長選で、自民公明は千葉県のエリート官僚を公認して、圧勝体制で臨んだが、沖縄知事選同様の結末となった。

 君津市は、新日鉄の城下町で知られる。同時に、かのハマコーのやくざ地盤でも有名な地区である。筆者の中学時代の英語の先生が住んでいる。友人の一人は、自民党系の市議だ。


 先般、運転免許の更新のため、2回も同市を訪問している。沿道の選挙ポスターが目に入ったものの、ここで自公の候補者が奮戦していることなど、全く気付かなかった。

 まったくもって、どうでもいい選挙だったのだが、永田町からは「相当な衝撃が起きている」という情報である。確かに、言われると、ここは沖縄ではない。東京圏・首都圏である。自公の牙城である。

 自公候補圧勝の選挙区だ。そこでのみじめな敗北なのだ。自公の金力選挙は通用しなかった。池田親衛隊の決起を裏付けている。隣の筆者の地元・木更津市の学会員に取材すると、大方は無関心・上部からの動員指令はなかったという。「国家神道の安倍・自公選挙に拒絶反応が出てきている。池田家の意向と、2013年からの太田ショウコウ批判が拡大しているのだろう」との指摘も。


<谷川暴走に池田家・池田夫人も激怒>

 信濃町の奥の院を第三者がのぞくことは出来ない。しかし、官邸と公明党幹部は、学会の谷川という池田裏切り人を経由して知る立場にあるようだ。おそらくはそうであろう。

 そこで、一部のマスコミが、池田家を警護している特別チームから「年初の学会首脳部の挨拶を、池田家が拒絶した」との極秘情報の報道には、信濃町を注視している関係者を驚愕させた。


 池田氏あっての学会である。超カリスマ支配の教団での極秘情報の意味するところは、きわめて絶大であろう。事情通は「池田家が遂に、谷川暴走と公明党の太田・山口らに対して、怒りの槍を突き刺したようなものだ」と分析する。


 池田氏の信濃町が、安倍の邪悪な権力を悪用して乗っ取られてしまったことに、とうとう池田家が反撃を開始したことを意味する。

 沖縄知事選やその前の「戦争法」強行反対デモに際して、三色旗が翻ったことが知られているが、その指令を出した本元は、池田家ということになろうか。

 「大衆を苛め抜く、戦争法制と悪魔の税金である消費税、そして悪魔のエネルギーである原発阻止が、池田主義の根幹」と指摘する関係者もいる。「表に出たこともない池田夫人の怒りも漏れてきている」と官邸の事情通は打ち明けている。信濃町の大異変は、予想を超えているのだろう。


<国際連帯SGIは池田大作氏の長男が指導>

 もう1年前になろうか。創価学会の海外組織をSGIというが、そこを主導している池田氏の長男が、北京を訪問して、同氏の意向を伝えた。そのころはまだ、安倍・自公政権が中国批判を叫んでいる最中でもあった。「創価学会理事長の正木の首をはねた谷川も、SGIの人事をいじることは出来ない。池田親衛隊を掌握しているのは、多分、長男ではないか。長男と谷川が、主導権争いを続けている構図かもしれない」ということなのか。


 松村謙三を介して周恩来と握手した池田の日中友好は、変わることはない。しかし、安倍・自公は最近まで中国敵視政策を貫いてきた。これは池田家にとって「池田に泥を塗る背信行為・裏切りそのもの」とうことになる。


 この安倍・自公路線は、目下、急変して北京接近を図っているが、狙いは9条改憲にある。「9条改憲に反対しないで」という直訴ともいえる北京接近である。9条改憲で国民を騙すだけでは、成功はおぼつかない。隣国も一緒に騙す必要がある。

 「東京の中国大使は、その辺のことを十分、よく理解している」という事情通の分析も紹介しておくべきだろう。


<創価大学・婦人部OB・池田元側近G>

 池田親衛隊の中核は、創価大学と婦人部OBと池田と共に歩んできた元側近らである。学会の長老グループは言うまでもなく、戦争反対の婦人部や女子部らもそうである。


 「池田家が内外に発信すれば、谷川は即座に排除される運命にある」ということは、この大教団の経緯が物語っている。国家神道に抵抗して、初代の牧口常三郎は獄死という悲運に泣いた。

 池田が心酔した戸田城聖もまた、牧口と共に入獄を強いられてきている。そこからは、安倍・国家神道派による戦争体制支援はありえない。


<木更津市の毒饅頭攻撃が信濃町に直撃>

 それゆえに2014年4月28日に、市民になりすまして介護施設を開業したやくざ浜名に強姦・性奴隷ののちに脅迫殺害された、戦争遺児の美人栄養士K・T子さんの、公明党の太田ショウコウへの、毒饅頭攻撃を想起しなければならない。


 公明党の裏切りを最初に見抜いた池田親衛隊第一号なのだから。戦争法の第一弾としての特定秘密保護法を強行した人物は、当時の安倍の腰ぎんちゃく・国交大臣の太田ショウコウだった。同法の本末を見届けた時点で、戦争遺児は太田を裏切り者と断罪した。2013年12月のことである。


<監視される太田ショウコウ狸と山口那津男狐>

 いま太田と公明党の代表である山口は、安倍の毒饅頭組を代表している、と内外から評されている。


 かつて自民党の国会対策のベテラン・竹下登によると、野党幹部篭絡の手口は、いとも簡単である。本人が留守をして、夫人がいるところを狙って訪問、大金を玄関に置いて、さっと引き上げる。

 家に上がり込んでは成功しない。これで野党議員はころりである。そうして社会党幹部を切り崩したものだが、その点で、政治に苦労知らずの素人を抱き込むことほど楽なことはない。


 「簡単に毒饅頭でお腹を膨らませる。6選した山口が、あいさつに来た安倍に100度も頭を下げた写真が、見事な証拠写真」と事情通は決めつけている。

 「公明党の狸と狐を化かした安倍の手口は金力」ともっぱらの評判である。むろん、ほかにも沢山いると見られている。


 池田親衛隊は、政治との関係を絶つ構えともいわれる。純粋の信仰団体として生きる本来の姿である。信濃町大異変が日本政治を変える。いい方向に変えなければなるまい。アジアの平和と安定に不可欠なのだから。

2018年10月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


沖縄知事選、小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなかった!安倍晋三を政権の座から引き摺り下ろせるのは「小沢一郎」しかいないということ!非戦争屋とコネクションを持つ小沢氏!大勝した玉城氏は小沢氏の真弟子!新ベンチャー革命 - みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍降ろし「自公連立」は事実上終わった「自衛隊明記のための憲法改正発議」創価学会が反発し「安倍離れ」が急速に進む!小沢一郎代表「今年中に総辞職になると思っている」と予測!創価学会票がないと選挙に勝てない自民党議員!内部崩壊、すでに安倍降ろしが始まっている!沖縄知事選挙でも創価学会員の反旗で自公が負け玉城氏が勝つ。さらに一説には、小沢一郎の戦略で安倍一味の不正選挙「ムサシ」が使えなかった。世界はトランプ大統領、プーチン大統領らで、戦争屋・金融マフィアの退治が始まっている。追い詰められている安倍晋三一味。そして、 天皇陛下は安倍晋三を嫌っておられる! - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します

消費税増税と世界・日本経済暗転「アベノミクス」のツケがいよいよ国民に!消費増税下支えより景気対策が先だ!国民のカネを収奪する無為無策の「亡国政権」を許すな!中小小売店でキャッシュレス決済できるのか?カネをバラまいて増税の愚策!

消費税増税と世界・日本経済暗転「アベノミクス」のツケがいよいよ国民に!消費増税下支えより景気対策が先だ!国民のカネを収奪する無為無策の「亡国政権」を許すな!中小小売店でキャッシュレス決済できるのか?カネをバラまいて増税の愚策! 日刊ゲンダイ

世界経済“暗転”の予兆 消費増税下支えより景気対策が先だ 国民のカネを収奪する無為無策の亡国政権を許すな(日刊ゲンダイ) 赤かぶ(記事は下記に)


消費税は廃止できる「山本太郎」消費税増税分はちょうど法人税減税分!消費税を上げれば上げるほど儲かる大企業!消費税によってますます広がる貧富の格差!税金は富裕層から!安倍政権は5年間で社会保障3兆4500億円もカットしてる! - みんなが知るべき情報/今日の物語


「アベ悪魔」消費増税2%ポイント還元で…中小・零細10万件が倒産危機!店側は決済のための端末を導入!初期費用に加えカード会社に払う手数料は安くない!格差を助長する消費税増税はすべきでない「日本・国民生活破壊」日刊ゲンダイ - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍晋三一味は、どうして国を売り渡すのか!見返りに巨大な報酬を得ているからだ「いまだけ、金だけ、自分だけ」躊躇なく国を売る!米国支配者の命令に従っていれば身が安泰になる!植草一秀氏- みんなが知るべき情報/今日の物語


松尾貴史のちょっと違和感:消費税増税 困窮者を助ける発想ないのか - 毎日新聞


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

世界経済“暗転”の予兆 消費増税下支えより景気対策が先だ 国民のカネを収奪する無為無策の亡国政権を許すな(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

世界経済“暗転”の予兆 消費増税下支えより景気対策が先だ 国民のカネを収奪する無為無策の亡国政権を許すな(日刊ゲンダイ)


2018年 10 月 20 日


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/239979

2018/10/20 日刊ゲンダイ 文字起こし


消費税10%実施表明 (左から)茂木経済再生相、安倍首相、麻生財務相(C)共同通信社


 19日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落。終値は前日比126円08銭安の2万2532円08銭となり、下げ幅が一時、400円を超えて約1カ月半ぶりの安値を付ける場面もあった。


 18日の米ダウ工業株30種平均が大きく値を下げたことに加え、サウジアラビア人記者の失踪・殺害疑惑事件で、米、サウジの関係悪化を懸念した投資家がリスク回避に動いたとみられるが、減速がより顕著になった中国経済の動向も株価を押し下げた要因だろう。


 中国国家統計局がきのう発表した7~9月のGDP(国内総生産、速報値)は実質で前年同期比6・5%増と約9年半ぶりの低水準となり、上海総合指数は約4年ぶりの安値に。中国経済の先行き不安に引きずられるように、香港や韓国、シンガポール、フィリピンも年初来安値圏で推移しているほか、イタリアの債務問題や英国の欧州連合(EU)離脱をめぐるドタバタが続く欧州も主要株は下落傾向にある。


 もともと米国の長期金利の上昇がきっかけで広がった「世界同時株安」だが、追い打ちをかけているのが泥沼化の様相を呈している米中の「貿易戦争」だろう。IMF(国際通貨基金)は、米中の「貿易戦争」が長期化した場合、世界経済が大打撃を受ける――と懸念を示し、世界経済の成長率予測を2年ぶりに下方修正。「バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)」の調査でも、世界経済が「サイクルの後期にある」と回答したファンドマネジャーの比率が85%に達し、調査開始以来の最高を記録したという。BAMLの同じ調査で、これまで比率が最も高かったのは2007年12月。その9カ月後には「リーマン・ショック」が起きたワケで、市場が世界経済の先行きに強い危機感を持っている状況がよく分かる。


■「アベノミクス」のツケがいよいよ国民に


 もっとも世界1位、2位の経済規模を持つ米中の両大国が覇権をめぐって激しい「貿易戦争」を繰り広げているのだから、その余波が世界市場を揺さぶるのは当然だ。


 東京株式市場も、2週間ほど前は「バブル崩壊後の最高値を更新」と浮かれていたが、今や完全にマイナス成長モードだ。


 株高は安倍首相が「経済の好循環が生まれた」と自画自賛する「アベノミクス」の唯一のよりどころだが、大幅下落が続けばバケの皮がはがれるのも時間の問題だろう。


 そもそも、バブル崩壊後の最高値だって、企業が新たな商品やサービスを生み出したり、将来の成長が期待されたりして株が買われたわけじゃない。FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを決めたことで、新興国に流れ込んでいた世界中の資金が米国に流入。為替相場で「ドル高・円安」の傾向が強まり、輸出企業の株に資金が集中したのだ。すでに今の日本経済は「異次元緩和」でカネがジャブジャブだから、さらなる円安効果で株高が進むのは当たり前。好循環でも何でもなく、しょせんは「ハリボテの好景気」なのだ。


 日銀が公表した9月の企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の業況判断指数(DI)が3期連続で悪化しているのも、日本経済の実体が伴っていない証左。そんなさなかに消費増税して大丈夫なのか。筑波大名誉教授の小林弥六氏(経済学)がこう言う。


「米国経済は来年に頭打ちになるとみられ、中国経済は縮小が始まっている。世界経済の見通しは明らかに厳しくなっていて、今後、輸出に依存する日本経済も大きな影響を受けるでしょう。既定路線とはいえ、嵐が近づく中での消費増税は国民生活にも打撃を与える。アベノミクスの名のもとにバラマキ過ぎたツケがいよいよ国民に跳ね返ってくると覚悟した方がいいかもしれません」


中小小売店でキャッシュレス決済できるのか?(C)日刊ゲンダイ


【国民のカネを収奪する無為無策の亡国政権を許すな】


「世界経済について、我々は、リーマン・ショックという危機を防ぐことができなかった。何よりもまず『リスク』についてしっかりと認識しなければ、正しい対応を取ることはできない」


 16年5月のG7伊勢志摩サミットで、唐突にこう切り出したのが安倍だった。


 その後、当時の世界経済が「リーマン・ショック級前夜」という意味不明の理屈で、消費増税を2年半延期する、と表明したのだが、この理屈に当てはめれば「世界同時株安」が進行し、IMFが大打撃を危惧している今こそ、まさしく「リーマン・ショック級前夜」。増税延期は当然だが、なぜか1年も前から早々と増税を宣言しているから支離滅裂だ。


 しかも、増税緩和策とアピールされているのは「アホか」と突っ込みを入れたくなる愚策ばかり。例えば、日本商工会議所の調査で、約8割の事業者が軽減税率のための準備をしていないと回答しているにもかかわらず、打ち出された目玉は、中小小売店でクレジットカードを使う消費者に購入額の2%分を還元する案だ。「キャッシュレス決済の推進」と、もっともらしい理屈をつけているが、売り上げ規模が少ない中小小売店がカードの読み取り機を導入して一体、どれほどの効果が期待できるのか。費用負担もバカにならないし、仮に設置しても、決済額の3~5%はカード会社の手数料に入る仕組みだから、手続きが煩雑になるだけ。儲けなんてチョボチョボだろう。


■カネをバラまいて増税の愚策


 キャッシュレス決済に対する批判が強まっているからなのか、慌てた世耕経産相はきのうの閣議後の会見で、カード会社に手数料の引き下げ要請を検討していると言っていたが、これもおかしい。増税の尻拭いをなぜ、カード会社に求めるのか。トンチンカンにもホドがあるだろう。そうしたら公明党はキャッシュレス決済だけでは緩和策が不十分とか言い出し、「プレミアム商品券」や「現金給付」などの独自案をまとめるときたからクラクラする。カネをバラまくのであれば何のために増税するのかサッパリ分からない。麻生政権下でも全国民に1万2000~2万円を配った「定額給付金」が導入されたが、何ら意味がなかったではないか。


 酒類を除く飲食料品について、持ち帰る場合は「8%」、店内で飲食する場合は外食とみなされて「10%」というのもワケが分からない。買い物客が中小小売店でカードを使えば税率「6%」というケースも出てくる。「持ち帰る」と言って買った食品を、突然、「やっぱり店内で食べる」と言ったら、店側は差額の消費税分をあらためて請求するのか。レジがテンヤワンヤになるだけだ。埼玉大名誉教授の鎌倉孝夫氏(経済学)がこう言う。


「どんなに小手先の軽減策を設けても、結局、消費税は収入の低い世帯ほど高負担になる『逆進性』ですから、庶民生活が悪化するのは避けられない。安易な消費増税ではなく、安倍政権になって累計で5・2兆円にも上る法人税減税を見直すことや、防衛予算の縮小、空前の株高で利益を得た所得に対する税率引き上げなど、できることはたくさんあります」


 無為無策の亡国政権にこれ以上、国民のカネを収奪させたらダメだ。

……………………………

■増税緩和策よりも景気対策、減税だろう 「世界経済」「日本景気」明らかに暗転 「アベノミクス」のツケがいよいよ国民に 早々と増税を宣言し、アホみたいな緩和策で乗り切ろうとしている無能政権の亡国的トンチンカン 国民のカネを収奪する無為無策の亡国政権を許すな(日刊ゲンダイ) pic.twitter.com/ar42EmFbBK


— KK (@Trapelus) 2018年10月20日


■アベノミクスが成果を出しているという偽りの前提があるから、安倍政権は消費増税ありきで突っ込んでいく。しかし実際には労働者の生活は全く改善されず、エンゲル係数の急騰などで寧ろ悪化している為、前回の増税時同様に消費の冷え込みは避けられない。だから馬鹿げた「対策」が必要になる。


— 異邦人 (@Beriozka1917) 2018年10月20日


■【餌食】信じがたい事に今日も株価が落ちると、日銀が715億円の株買い。政権の生命維持装置だけでアベノミクスにしがみつき、7営業日連続で5005億円株買いを空売りで待ち構えるCTA系ファンドに貢ぐ。何の目的もなく成果もないまま次世代に付け回しだ。アホだ。https://t.co/H9FYtV0NDA


— 金子勝 (@masaru_kaneko) 2018年10月15日


■『日刊ゲンダイ』の連載です。「金融危機再来でアベノミクス「見せかけ景気」は剥げ落ちる」です。日銀のシャブ中緩和は、情報工学とAIを駆使した先物投資のCTAなどに食い物にされています。株式市場が異常に短視眼的に動くようになり、ボラティリティを高めていく。https://t.co/ZGB3FZnWNb


— 金子勝 (@masaru_kaneko) 2018年10月16日


■消費税増税をしないことが「万全の対策」です。増税するなら、アベノミクスでさんざん儲けた富裕層!


消費税率10%に引き上げへ 首相 消費冷え込み対策に「万全の対策を」https://t.co/VaPBv3Oj4X


— 小池晃 (@koike_akira) 2018年10月15日


■アベノミクス失敗したうえに消費税増税したら下請け零細起業は倒産するよ。


— 田中 (@minamitanaka2) 2018年10月20日


■お兄ちゃんはアベノミクスで企業収益が改善したって喜んでるけど、アベノミクスが始まってから実質賃金は低迷、5年経っても民主党時代に遠く及ばないの。大企業が巨額の利益を出してるって人件費が削られてるってことじゃない? 私達のお小遣いも…pic.twitter.com/EKe2DCKtl4


— ネトウヨ兄のデマを正す妹bot (@demauyo_tadaimo) 2018年10月17日


■来年は12年に1度の亥の年・選挙の年。「日本経済はアベノミクスで絶好調!」と叫んでいた時でさえ、消費税増税を2回も延期した小心者の安倍政権が、はたして国民にまったく不人気の増税を掲げて選挙に望めるか?

楽しみだ。https://t.co/4B6hV6XY7E


— 河原 淳 (@DHzNxunAT1P8ETT) 2018年10月20日


■財務省「日本の輸出-1.2%輸入+7.0%」

IMF「アベノミクスは効果出ない」

日銀(ロスチャイルド)「景気は緩やかに回復している」

財務省「景気は緩やかに回復している」

マスコミ「景気は緩やかに回復している」

国民「?」

安倍「中国と朝鮮が攻めて来る」

ネトウヨ「中国朝鮮め」 pic.twitter.com/fi7JtpjA3M


— 𓆏ハゲ(旧@CIAWilloughbyウィロビー)𓆈 (@HAGE_MASAYOSHI) 2018年10月18日


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


消費税増税の真実!法人税減税と所得税減税を実施するため!社会保障制度維持のためではない!中低所得者への配慮が何もなされていない!消費税率を10%に引き上げた場合の個人消費への影響は想像を絶する!2019年7月の参院選での大敗を防ぐために安倍首相は「消費税増税再々再延期」のカードを切るだろう!メディアが伝えぬ税制改悪の知られざる真実/植草一秀の『知られざる真実』- みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍の消費増税10%の目的は「日本経済を停滞」させること「日本破壊」安倍政権は金融ユダヤ人の家畜!ドル防衛策の一環!景気が落ち込んで税収が減る、それが安倍の目論見です! リチャード・コシミズ - みんなが知るべき情報/今日の物語


マレーシアのマハティール首相(92歳)…公約通り消費税廃止へ!支配層にとって都合のよい法律も次々廃止!日本に向かって「他国の言いなりになるのではなく自分の考えで行動してほしい「祖国を守ることと攻撃的な軍国主義は同義語ではない」とも! - みんなが知るべき情報/今日の物語


トップが反国家の島【日本破壊】を繰り返す安倍政権!日本民族をいじめ抜く反日!国民はどんどん貧困に追いやられている!自民党は宗主国(米国)の日本支部として日本支配のために作られたもの!アホぼん三世の9年という長さは異様な売国政権であることを物語るものだ!バカしか日本の総理にはしないという宗主国のお眼鏡にかなったのであろう。ロシアの新聞が総裁選の後に「無敵のアホ」と嘲笑したことでもわかる。「トップが反国家の島」 兵頭に訊こう- みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍晋三の【売国の系図】吉田茂、岸信介、佐藤栄作の3名による「密約」による「日本売り渡し」「売国で潤う家系」「死の商人」「米国に支配される日本」安倍晋三氏が、その「売国の作法」を受け継いでいることは言うまでもない!


麻薬大国とやくざ大国の日本!売春レイプ天国・歓楽街を仕切るやくざ組織!事実上、やくざを放任する日本政府!やくざと麻薬で滅びる日本でいいのか!真相!女性解放は不可能か…「ジャーナリスト同盟」通信/レイプ文化を黙認する議会・司法・言論界・女性運動家!麻薬人間は政界・官界・言論界にもたくさんいる可能性が強い!覚せい剤取引を仕切るやくざ暴力組織!

安倍首相が世襲した暴力団人脈とパチンコ御殿!謀略工作や裏社会との関係を先代から受け継いでいるのだ!安倍にはもうひとつ、先代からひきずっている体質がある。それは政敵をおとしいれるためには暴力団関係者とも裏取引するという、ダーティな政治手法だ。


安倍自民党政策が全く理解不能なのは、愛国党ではなく売国党だから!日本を隷属国家にすべく米CIAに作られた隷従DNAを埋め込まれた日本奴隷化装置!


沖縄知事選、小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなかった!安倍晋三を政権の座から引き摺り下ろせるのは「小沢一郎」しかいないということ!非戦争屋とコネクションを持つ小沢氏!大勝した玉城氏は小沢氏の真弟子!新ベンチャー革命 - みんなが知るべき情報/今日の物語


血圧は200でもセーフ!降圧剤で脳梗塞に!コレステロールには『上限値は必要ない』ダマされるな医者と医療マフィア!血糖値は100でもアウト…この数値が「病気のボーダーライン」高血圧の嘘 (週刊現代) 


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します