楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

感動のスピーチ!沖縄慰霊の日『平和の詩、生きる』自作、中学3年の相良倫子さん「命よ響け」 戦力という愚かな力を持つことで、得られる平和など、本当は無いことを!戦争の無意味さを。本当の平和を!戦争は人を鬼に変えてしまうから絶対してはいけない!と教えてくれた曽祖母!全文、動画あり!

感動のスピーチ!沖縄慰霊の日


『平和の詩、生きる』自作、


中学3年の相良倫子さん


「命よ響け」 戦力という


愚かな力を持つことで、


得られる平和など、


本当は無いことを!


戦争の無意味さを、


本当の平和を!


戦争は人を鬼に変えて


しまうから絶対しては


いけないと教えてくれた曽祖母!


全文、動画あり!

沖縄慰霊の日:曽祖母の体験聞き「命よ響け」 平和の詩 - 毎日新聞 (記事は下記に)

【動画、必ず聞きましょう↓】

YouTube:沖縄慰霊の日、曽祖母の体験聞き「命よ響け」平和の詩、毎日新聞2018年6月23日


ゆうちゃん@43uchan: 「#報道特集『沖縄慰霊の日』翁長知事の決意に涙して聴いた。中3相良倫子さんの詩にも。安倍首相の他人事言葉に真心無。「あんたの祖父岸信介達の無謀な戦争の償いは?」「基地負担軽減?なら辺野古新基地建設即中止せよ」「与那国島等のミサイル基地配備やめ、自衛隊加憲せず戦争NO貫け」全国で叫ぼう」 午前8:41 · 2018年6月23日

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ

沖縄慰霊の日:曽祖母の体験聞き「命よ響け」 平和の詩 - 毎日新聞

曽祖母の体験聞き「命よ響け」 平和の詩


毎日新聞2018年6月23日


沖縄全戦没者追悼式のリハーサルで「平和の詩」を朗読する相良倫子さん=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2018年6月23日、野田武撮影


中学3年・相良さん


 追悼式では、沖縄県浦添市立港川中学3年の相良倫子(さがらりんこ)さん(14)が、自作の平和の詩「生きる」を朗読した。沖縄戦を生き抜いた曽祖母の体験を聞き、「平和とは、あたり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きること」と考えた。生まれ育ったこの美しい島から伝えたい。「鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。命よ響け。生きゆく未来に。私は今を、生きていく」


 相良さんの詩は県平和祈念資料館が募った「平和の詩」971点の中から選ばれた。


 うるま市に住む94歳の曽祖母は戦前から理容店で働き、地上戦を体験。友人が目の前で被弾して命を落としたことや家族と離ればなれになった話を聞き、相良さんは「戦争の残酷さを感じた。曽祖母の存在から平和や戦争について考える機会が増えた」と振り返る。


 5月に曽祖母が入院したことで、「生きる」を詩のテーマに決めた。「優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた」「青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった」。作品では「戦争の残酷さがより伝わる」と美しい島の現在の情景と73年前の戦場を対比的に描いた。


 「戦争は人を鬼に変えてしまうから絶対してはいけない」と教えてくれた曽祖母。「この詩が一人でも多くの人に平和や戦争について考えるきっかけになってほしい」と願う。「一日一日を大切に。平和を想って。平和を祈って。なぜなら、未来は、この瞬間の延長線上にあるからだ。つまり、未来は、今なんだ」【佐野格】

沖縄慰霊の日:平和の詩「生きる」全文 - 毎日新聞

平和の詩「生きる」全文


毎日新聞2018年6月23日 12時43分(最終更新 6月23日 17時28分)


沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読する相良倫子さん=沖縄県糸満市で2018年6月23日、津村豊和撮影


「生きる」


<写真特集>沖縄慰霊の日:曽祖母の体験聞き「命よ響け」 詩を朗読


沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子


 


私は、生きている。


マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、


心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、


草の匂いを鼻孔に感じ、


遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。


 


私は今、生きている。


 


私の生きるこの島は、


何と美しい島だろう。


青く輝く海、


岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、


山羊の嘶き、


小川のせせらぎ、


畑に続く小道、


萌え出づる山の緑、


優しい三線の響き、


照りつける太陽の光。


 


私はなんと美しい島に、


生まれ育ったのだろう。


 


ありったけの私の感覚器で、感受性で、


島を感じる。心がじわりと熱くなる。


 


私はこの瞬間を、生きている。


 


この瞬間の素晴らしさが


この瞬間の愛おしさが


今と言う安らぎとなり


私の中に広がりゆく。


 


たまらなく込み上げるこの気持ちを


どう表現しよう。


大切な今よ


かけがえのない今よ


私の生きる、この今よ。


 


七十三年前、


私の愛する島が、死の島と化したあの日。


小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。


優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。


青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。


草の匂いは死臭で濁り、


光り輝いていた海の水面は、


戦艦で埋め尽くされた。


火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、


燃えつくされた民家、火薬の匂い。


着弾に揺れる大地。血に染まった海。


魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。


阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。


 


みんな、生きていたのだ。


私と何も変わらない、


懸命に生きる命だったのだ。


彼らの人生を、それぞれの未来を。


疑うことなく、思い描いていたんだ。


家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。


仕事があった。生きがいがあった。


日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。


それなのに。


壊されて、奪われた。


生きた時代が違う。ただ、それだけで。


無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。


 


摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。


悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。


私は手を強く握り、誓う。


奪われた命に想いを馳せて、


心から、誓う。


 


私が生きている限り、


こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。


もう二度と過去を未来にしないこと。


全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。


生きる事、命を大切にできることを、


誰からも侵されない世界を創ること。


平和を創造する努力を、厭わないことを。


 


あなたも、感じるだろう。


この島の美しさを。


あなたも、知っているだろう。


この島の悲しみを。


そして、あなたも、


私と同じこの瞬間(とき)を


一緒に生きているのだ。


 


今を一緒に、生きているのだ。


 


だから、きっとわかるはずなんだ。


戦争の無意味さを。本当の平和を。


頭じゃなくて、その心で。


戦力という愚かな力を持つことで、


得られる平和など、本当は無いことを。


平和とは、あたり前に生きること。


その命を精一杯輝かせて生きることだということを。


 


私は、今を生きている。


みんなと一緒に。


そして、これからも生きていく。


一日一日を大切に。


平和を想って。平和を祈って。


なぜなら、未来は、


この瞬間の延長線上にあるからだ。


つまり、未来は、今なんだ。


 


大好きな、私の島。


誇り高き、みんなの島。


そして、この島に生きる、すべての命。


私と共に今を生きる、私の友。私の家族。


 


これからも、共に生きてゆこう。


この青に囲まれた美しい故郷から。


真の平和を発進しよう。


一人一人が立ち上がって、


みんなで未来を歩んでいこう。


 


摩文仁の丘の風に吹かれ、


私の命が鳴っている。


過去と現在、未来の共鳴。


鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。


命よ響け。生きゆく未来に。


私は今を、生きていく。

沖縄慰霊の日:首相あいさつ(要旨) - 毎日新聞

首相あいさつ(要旨)


毎日新聞2018年6月23日


 先の大戦において、沖縄は苛烈を極めた地上戦の場となりました。20万人もの尊い命が無残にも奪われ、豊かな海と緑は破壊され、沖縄の地は焦土と化しました。平和の礎(いしじ)に刻まれた全ての戦没者の無念を思うとき、胸の潰れる思いです。


 今日、私たちが享受する平和と繁栄は、沖縄の人々の、筆舌に尽くしがたい困難と癒えることのない深い悲しみの上にある。そのことを深く噛(か)み締めながら、静かに頭(こうべ)を垂れたいと思います。


 我が国は、戦後一貫して、平和を重んじる国としてひたすらに歩んでまいりました。戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この決然たる誓いを貫き、不断の努力を重ねていくことを、改めてお誓い申し上げます。


 沖縄の方々には、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいております。この現状は、何としても変えていかなければなりません。政府として、基地負担を減らすため、一つ一つ、確実に、結果を出していく決意です。


 本年3月には、嘉手納以南の西普天間住宅地区跡地の引き渡しが実現し、跡地利用の取り組みが進んでおります。「できることはすべて行う」。引き続き、この方針の下、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くしてまいります。


 今、沖縄は、美しい自然、東アジアの中心に位置する地理的特性を活(い)かし、飛躍的な発展を遂げています。この流れをさらに加速させるため、私が先頭に立って、沖縄の振興を前に進めてまいります。


 結びに、御遺族の方々の御平安を心からお祈りします。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


すべての核保有国の「非核化」へ!天皇陛下、米キッシンジャ―博士、プーチン大統領、トランプ大統領、習近平国家主席、小沢一郎代表「WORLD ORDER」国際秩序づくり!第3次世界大戦回避のため北朝鮮「非核化」共同声明に署名!地球は歴史上初めて世界恒久の平和と繁栄を築く事ができる!板垣英憲氏  - みんなが知るべき情報/今日の物語


世界の全原発(443基)廃棄!金正恩党委員長は、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」 から分配される「400兆円」を世界の全原発に対する「廃炉事業ビジネス」に投じていく!国連総会(9月18日~30日:ニューヨーク)で「核廃絶演説」を行なう!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


イラク戦争で『戦死』した自衛隊員35人(海自20人、陸自14人、空自1人)帰国後に自殺した自衛隊員25人(海自が8人、陸自が7人、空自が1人)精神を患った自衛官数しれず!分かっているのは、病死7人、事故死・死因不明計12人!自衛隊活動している地域が、非戦闘地域と国会答弁したのは、小泉純一郎元首相、 国民を騙して! 軽武装で派遣されてきた、これでは「犬死に」である!板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


戦争は【大量殺】美輪明宏、平和憲法9条を改悪する必要なんてありません!兵隊は、殺し屋!原発を狙われたら一巻の終わり!安倍首相も自民党に投票した人も、まず自分が戦地に行きなさい!殺し殺されに行け! - みんなが知るべき情報/今日の物語


戦争を美しく語る者を信用するな!人々は政治家のために殺されている!!クリント・イーストウッド監督! 彼らは決まって、戦場にいなかった者なのだから、ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。


朝鮮半島と沖縄を敵対させる安倍政権朝鮮戦争終結への逆行・妨害!どこまでも紛争、戦争を狙う安倍晋三政権!平和は改憲、戦争ビジネスに邪魔!北朝鮮の「瀬取り」監視へ!嘉手納に豪・カナダ軍機、異例の飛来!米軍以外の各国軍が、在日米軍基地を拠点に活動するのは異例!- アリの一言  - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍首相「拉致問題」仲介者を通してカネを渡し「日朝首脳会談」を確約してもらったという怪情報!拉致問題全員を救出「解決できる」かのようなフリをして国民有権者を欺いている!天皇陛下と小沢一郎代表を仰ぎ見ているキッシンジャー博士を中心とするトランプ大統領、習近平国家主席、金正恩党委員長、加えてプーチン大統領の「新機軸チーム」は、安倍晋三首相を「蚊帳の外」に置いて、朝鮮半島政策を着々と進めており、安倍は「新機軸チーム」に敵対し、新時代の国際政治家として完全に失格! 超右翼・日本会議を最大支持母体とする安倍晋三首相と自民党の北朝鮮政策は、すでに破綻している! 板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します