楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

安倍首相が加計理事長ゲス会見をトンデモ擁護!加計学園の職員が官邸に行ったり、総理側近に会った事はない!柳瀬唯夫・元首相秘書官は加計関係者と3回にわたって面談を自ら認めている!

安倍首相が加計理事長ゲス会見を


トンデモ擁護!


加計学園の職員が官邸に


行ったり、総理側近に


会った事はない!


柳瀬唯夫・元首相秘書官は


加計関係者と3回にわたって


面談を自ら認めている!

安倍首相が加計理事長ゲス会見をトンデモ擁護! それでも誤魔化せない嘘と矛盾が次々明らかに - ライブドアニュース(記事は下記に)

加計学園が「安倍首相と加計理事長の面談」を自らの捏造と弁明するも嘘がバレバレ! 面談を物語る証拠がこんなに|LITERA/リテラ


加計理事長の会見のやり口がゲスすぎる!大阪地震発生でメディアが動けないことを見計らって急遽、会見を強行!明らかに自分への追及を最小限にするため、愛媛県新文書は担当者が勝手にやったと開き直る!3年も前の事だから記憶にも記録にもない、認知症か! - みんなが知るべき情報/今日の物語

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ

安倍首相が加計理事長ゲス会見をトンデモ擁護! それでも誤魔化せない嘘と矛盾が次々明らかに - ライブドアニュース

安倍首相が加計理事長ゲス会見をトンデモ擁護! それでも誤魔化せない嘘と矛盾が次々明らかに


2018年6月26日 7時0分 


LITERA(リテラ)


 大阪北部地震とサッカーW杯を利用した加計孝太郎理事長による「ゲス会見」から約1週間。ようやく安倍首相がきょう開かれた参院予算委員会で会見について国会で口を開いたが、またも"汚れたお友だち関係"を全開にした。


 まず、安倍首相は「加計学園による記者会見は、加計学園と愛媛県や今治市とのやりとりにかんしておこなわれたもので、政府として内容にコメントする立場にない」と言い、事実上、答弁を拒否。


 誰も、安倍首相に論評など求めているわけではない。加計理事長の主張は、「加計と愛媛県、今治市のやりとりの問題」などではなく、安倍首相が「獣医大学いいね」と面談で言ったとでっち上げることで「前に進めるためにやった」というもので、安倍首相の名前を勝手にもち出して詐欺行為をはたらいたことを認めるもの。つまり、安倍首相本人と、自身が最高責任者である国家戦略特区に対する詐欺行為の告白であり、安倍首相は当事者として説明責任がある。「政府としてコメントする立場にない」と拒否できるような話ではないのだ。


 しかも、安倍首相は森友学園の籠池泰典前理事長を「詐欺をはたらくような人物」と罵ったくせに、加計理事長にはそんな罵声を一言も浴びせず、それどころか、きょうの国会答弁で、こう庇ってまで見せたのだ。


「記者会見は独特の雰囲気があり、不慣れな人にとっては一問一答で畳みかけられると、ときには質問の趣旨を取り違えて答えてしまったこともあり得るんだろうと思っている」


「独特の雰囲気」も何も、メディアの選定から流れまですべて加計理事長が会見を仕切っていたのだから、「不慣れ」などと同情を寄せる理由などひとつもないのだが、安倍首相がこんなことを言い出したのは、もちろん保身のためだ。


 というのも、加計理事長は記者会見で、安倍首相や官邸のこれまでの説明とは矛盾する話をしてしまったからだ。


 そのひとつが、記者からの「加計学園の職員が官邸に行ったり総理のまわりの人に会ったことはまったくない?」という質問に、「ないです」とはっきり答えてしまったことだ。周知のように、柳瀬唯夫・元首相秘書官は国会に参考人として答弁した際、加計関係者と3回にわたって面談をおこなった事実を自ら認め、「加計学園やその関係者の方とお会いした記憶はあると、そこは一貫している」と断言した。それを加計理事長は、何をとち狂ったのか「ない」と言ってしまったのだ。


 さらに、加計理事長は「首相と獣医学部の話を初めてしたのは昨年1月20日以降か」という質問に対し、「そういうことだと思う」と答えた。だが、安倍首相は先月5月28日の衆院予算委員会で、「この問題が大きな問題になりつつあるなかにおいては、もうこれは話をしないほうがいいんだろうと、それぐらい話をしていない」「昨年から今年については話をしていない」と答弁しているのである。


 安倍首相を擁護しようとした結果、矛盾を生んでしまった加計理事長。嘘に嘘を重ねているあいだに訳がわからなくなってしまったのだろうが、だからこそ安倍首相は会見についてコメントを拒否しながらも、「質問の趣旨を取り違えて答えてしまったのだろう」などとフォローしなければならなくなったのだ。しかし、こんな言い訳で、安倍首相と加計理事長の矛盾だらけの主張を鵜呑みにする馬鹿は安倍応援団くらいのものだ。


●加計理事長が獣医師会幹部に「安倍首相が後ろ盾」発言と報じた記事に、加計学園は...


 加計理事長の会見については、興味深い「反論」がされている。その反論をおこなったのは、加計学園問題を追ってきたジャーナリストで、今年、『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(文藝春秋)で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞を受賞した森功氏だ。


 森氏は22日に出演したラジオ番組『くにまるジャパン 極』(文化放送)で、加計学園をめぐるエピソードを披露。それは、森氏が昨年、「文藝春秋」2017年5月号ではじめて加計疑惑についての踏み込んだレポートを掲載した際の、加計学園のリアクションだ。


 森氏は「文藝春秋」2017年5月号で、加計理事長が2014年3月13日の午前、自身の次男である加計悟・倉敷芸術大学副学長、文科省OBの職員を伴って東京・南青山にある日本獣医師会を訪れ、同会の蔵内勇夫会長と、元農林水産副大臣である元衆議院議員・北村直人顧問と対面していたことに言及。このとき、蔵内氏と北村氏は「あなたは安倍さんから『獣医師会に行け』と指示されてやって来たんでしょ。ときの最高権力者がバックについている、すごいよね」と加計理事長に皮肉を述べたというのだが、じつはその際、加計理事長が「首相が後ろ盾になっているので獣医学部新設は大丈夫だ」と返答し、その発言が記録されたという議事録が存在するという説があることを暴いた。また、この対面を終えると、午後に加計理事長らは当時の下村博文文科相のもとを訪ねたと記述していた。


 この記事の執筆にあたり、森氏は加計学園側に質問状を送り、取材要請や事実確認をおこなったが、ほとんど返答はなし。しかし、「文藝春秋」が発売されると、加計側からは「抗議書」が送られてきた。その中身は、"獣医師会との面談は午前ではなく午後であり、その日に下村文科相と面会した事実はない"というものだ。


 獣医師会での面談開始時間は北村顧問の記憶に基づいたものだったと森氏は言い、間違いがあったのかもしれない。だが、同日に面談がおこなわれたのは紛れもない事実であり、しかも、同じ2014年3月に、加計理事長と下村文科相が互いに秘書を同伴して赤坂の料亭で密談をおこなった事実があることは、下村氏の元秘書も証言している。つまり、本題とは外れた些末な時間の間違いがあっただけで、加計側はこの小さなミスをあげつらおうと抗議書を送ってきたというのだ。


●加計学園には、安倍首相と面談した日の詳細な記録が残っているはず!


 だが、問題はこの抗議書の中身だ。森氏によると、加計側はなんとか記事に難癖をつけようと、「その日のスケジュール」をしっかり書き込んできたのだという。森氏が明かしたその抗議書の文面は、以下のようなものだ。


「獣医師会の面会の約束は17時であり、午前中ではない」

「17時に面会ということが決まっていたので、これに合わせるよう、16時13分東京駅に新幹線に到着し、待たせていた車両で獣医師会へ向かい、約束の17時に獣医師会を訪問」


 4年前の出張について、面会は何時からだったとか、何時何分の新幹線に乗車したかだとか、加計側はじつに詳細にわたった記述しているのだ。これだけはっきりとディテールをもって反論していることからも、加計側には理事長のスケジュールにかんする明確な「記録」が残っていると考えるべきだろう。


 かたや、問題となっているいまから3年前の2015年2月25日の安倍首相との面談については、加計理事長は「会っていない」ことを立証するための「その日のスケジュール」を出すこともなく、「記憶にも記録にもない」ことを「会っていない根拠」にしている。安倍首相との面談が「担当者がついた嘘」だと言うのなら、森氏におこなったように細かいスケジュールを出して「アリバイ」を立証すればいいのに、今回はそれをしない──。ようするに、会ったのに「会っていない」と嘘をついているから、それができないだけなのだ。


 だが、こうして浮かび上がる加計理事長の数々の矛盾も、証人喚問を拒否して、国会を閉会させれば国民は忘れるとタカを括っている。現に、森友問題では、財務省と国交省が公開されていない交渉記録について「最高裁まで争う覚悟で」隠蔽することや、官邸が検察とグルであったことを示す新文書を、先週、共産党が独自入手・公開したが、この文書があるかどうかの調査について、石井啓一国交相は「出所不明」「行政文書とは思えない」などとして調査を拒否。その上、野党が抗議する最中に安倍首相と麻生太郎財務相はふたりしてトイレに立ち、審議が再開できない状態になったのだ。


 繰り返すが、今回の新文書は官邸と財務省、国交省がいかに国民を欺こうかと密談しているもので、安倍首相と麻生財務相は疑惑の責任者、当事者だ。それを、大の大人が「ツレション」して審議を止めるなど、無責任も甚だしい。このような国民を舐めきった姿勢がきちんと報じられ、批判されなければ、どこまでも安倍政権は増長していくだろう。

(編集部) 


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


愛媛県・中村時広知事が加計学園への補助金見直しを示唆!既に支払った14億円の返還請求も!今治市長には3億円、市議に各1000万円ワイロ【安倍・加計贈収賄】中村知事は小沢一郎の弟子! - みんなが知るべき情報/今日の物語


加計文書で安倍晋三を追い詰める『中村時広』愛知県知事は小沢一郎代表の弟子!小沢は森友、加計の「贈収賄事件」を徹底的に調査してきた!日本メディアは小沢氏が重大犯罪に手を染めたかのような報道を展開し続けた!日本の市民で「西松事件」と「陸山会事件」の実態を知る者はほとんどいない!重大犯罪が存在したかのような「洗脳」が行われてきたのである! - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍内閣府の仰天解釈「加計は利害関係者にあらず」の詭弁!どちらにせよ贈収賄、補助金略取詐欺!安倍晋三と加計孝太郎は血のつながりがある「異母兄弟」 - みんなが知るべき情報/今日の物語


「森友文書改ざん」安倍官邸が検察へ圧力!W杯の裏でとんでもない文書が発覚!谷査恵の介入を裏付ける記述も! 森友も加計も民主主義の根幹を揺るがすこの国にとって重大な問題だ!安倍首相や麻生財務相は嘘ばかりを吐き、為政者の嘘を国民に慣らしつつあるが、そのおかしさに異を唱えず、報じないならばメディアも同罪だ!- みんなが知るべき情報/今日の物語

じないならばメディアも同罪だ!


「加計事件」証拠の現場写真!この写真は誰だ?【安倍晋三だ】奴の正体は【李晋三】日本を憎しむ系の李朝鮮人!山口県の「田布施一族」加計孝太郎とは異母兄弟! - みんなが知るべき情報/今日の物語


安部晋三と加計孝太郎と安倍の祖父・岸信介の秘密!?「加計学園」加計孝太郎は【CIA岸信介の外孫】か!安倍晋三とは兄弟みたいなもの!よく似ている… - みんなが知るべき情報/今日の物語

上記の記事が停止中の時はこちら↓

「加計学園」加計孝太郎は【CIA岸信介の外孫】か!安倍晋三とは兄弟みたいなもの!よく似ている、特に鼻と額、耳もそっくり!安倍いわく加計は「私の大スポンサー」明治からの戦争、麻薬ビジネスの家系!【田布施王朝】 : みんなが知るべき情報/気分上々


安倍晋三と加計孝太郎は血のつながりがある【CIA岸信介の外孫】兄弟は公然の秘密【贈収賄事件】の成立による安倍への謝礼の行方も注目を集めている!加計・日本会議事件の核心!本澤二郎「ジャーナリスト同盟」通信  - みんなが知るべき情報/今日の物語


【地震情報】


安倍晋三援護射撃の人工地震!千葉、群馬、大阪で残存した旧型水爆を地中で炸裂!だが、311のような核爆発による「地中核融合地震」の発生には至らず、震度6弱に留まる!今後も、安倍一味の破れかぶれテロが危惧されます!火山爆発も!新幹線テロ、皇室テロも! 自衛隊内部にテロリスト部隊がある 「人工地震」は、75年前に米国が確立している軍事技術ですが「人工地震」なんて….馬鹿じゃないのー と未だに何も分かっていない残念な方々に是非ご覧いただきたい動画あり。2018年6月18日Author: richardkoshimizu- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します