楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

暗殺か!翁長沖縄知事「数か月で急死」安倍政権にとって邪魔者だった 翁長氏!ステージ2のすい臓ガン手術後、転移ガンで数か月後に急死するのは不可解!ガンの専門家によれば、転移ガンでは死なないそうだ!

暗殺か!翁長沖縄知事「数か月で急死」


安倍政権にとって


邪魔者だった翁長氏!


ステージ2のすい臓ガン手術後、


転移ガンで数か月後に


急死するのは不可解


ガンの専門家によれば、


転移ガンでは死なないそうだ!


医療テロ、殺人病院だらけの日本!


- 新ベンチャー革命 -

安倍政権にとって邪魔者だった沖縄県知事・翁長氏はステージ2のすい臓ガン手術後、転移ガンで数か月後に急死するのは不可解:ガンの専門家によれば、転移ガンでは死なないそうだ - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ(記事は下記に)

アンチ安倍の筆頭格だった沖縄県知事・翁長氏、ガンで急逝?:ステージ2のガン患者だった人がこんなに早く亡くなるのは不自然!ペルソナ・ノングラータに指定されていたのかと疑われてしまう ( アジア情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ(記事は下記に)

■がんが転移しただけでは死なない

病気で亡くなる場合、重要な臓器が機能を失っていくスピードは交通事故のように一瞬で起こることはなく、通常はゆるやかであり、急に亡くなることは稀です。がんの場合も、生命を維持できない理由を満たさなければ、いくらがんが進行しても死ぬ理由にはなりません。多くの人は、がんが進行すれば確実に死に近づくと考えがちですが、いくらがんが進行しても、死ぬ理由を満たさなければ絶対に死なないのです。

★なぜ人間は“がん”で死ぬのか? | プレジデントオンライン


暗殺か!翁長沖縄知事「数か月で急死」安倍政権にとって邪魔者だった 翁長氏!ステージ2のすい臓ガン手術後、転移ガンで数か月後に急死するのは不可解!ガンの専門家によれば、転移ガンでは死なないそうだ! 医療テロ、殺人病院だらけの日本!- 新ベンチャー革命 -  みんなが知るべき情報/今日の物語より


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

安倍政権にとって邪魔者だった沖縄県知事・翁長氏はステージ2のすい臓ガン手術後、転移ガンで数か月後に急死するのは不可解:ガンの専門家によれば、転移ガンでは死なないそうだ - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ

安倍政権にとって邪魔者だった沖縄県知事・翁長氏はステージ2のすい臓ガン手術後、転移ガンで数か月後に急死するのは不可解:ガンの専門家によれば、転移ガンでは死なないそうだ


2018/8/10(金) 午後 7:10 


新ベンチャー革命2018年8月10日 No.2094


 タイトル:安倍政権にとって邪魔者だった沖縄県知事・翁長氏はステージ2のすい臓ガン手術後、転移ガンで数か月後に急死するのは不可解:ガンの専門家によれば、転移ガンでは死なないそうだ


 1.故・翁長氏はステージ2のすい臓ガンを手術した後、肝臓転移があったとは言え、数か月で急死するのはやはり、不可解極まる


  本ブログ前号にて、沖縄県知事・翁長氏の急死について取り上げました(注1)。


  翁長氏が、今年4月、すい臓ガンの手術をされた頃、特にやつれた感じはありませんでした。そのとき、ステージ2のガンだったという公表情報と、本人が元気そうにみえた状態に違和感はありませんでした。


  当時、筆者は、翁長氏にのみ、特に関心を寄せていたわけではありませんが、数か月後に急逝されることは、4月時点ではまったく予想していませんでした。


  しかしながら、8月8日に急逝されたというニュースが流れてきたとき、やっぱり亡くなったかと感じました。なぜなら、手術後、翁長氏はミルミル、痩せ細って行ったからです。最近の翁長氏を見る限り、正直、あまり長く持たないという印象がありました。


  しかしながら、ステージ2のガンを除去したのに、数か月後に急死するのはどうしても解せません。


 2.ガンが転移しただけで人間は死なないそうだ!


  翁長氏の死は他人事ではないので、ネットを調べたら、ガンの専門家の記事がありました(注2)。


  ガンというのは、細胞の異常増殖であり、ガンが直接、人間を殺すのではないようです。そして、ガンが転移しただけでは、人間は死なないそうです、案の定でした。


  安倍官邸に牛耳られる大手テレビ局は、翁長氏の死去を報道する際、翁長氏のすい臓ガンは肝臓に転移していたと言っており、いかにも、この転移で翁長氏が亡くなったかのような印象操作をしていました。


  しかしながら、筆者が思ったとおり、転移があったらすぐに死ぬことはないのです。


  にもかかわらず、翁長氏は手術後、ドンドン、やつれていって、あっという間に亡くなったのです。


  その間、同氏はかかりつけの浦添総合病院(注3)で治療していたわけです。


  それにしても、手術後、数か月で亡くなったということは、どういうことなのでしょうか、疑問だらけです。


 3.今年4月に手術したとき、翁長氏のすい臓ガンはほんとうにステージ2だったのか


  本ブログ前号(注1)で指摘したとおり、翁長氏のすい臓ガンが今年4月にステージ2だったのであれば、それをすでに除去しているわけですから、同氏の死因は少なくとも、すい臓ガンではないはずです。


  そして、ガン細胞の肝臓転移があったとのことですが、これだけでは、人間は死なないのです(注2)。


  にもかかわらず、こんなに早く亡くなったということは、4月時点で、翁長氏のガンがステージ4であって、オモテムキ、ステージ2だと、病院がウソの発表をした可能性があります。


  もしそうなら、なぜ、ウソの発表をしたのでしょうか。


  ちなみに、4月時点の翁長氏はステージ4のガン患者には見えませんでした。いずれにしても、非常に不可解です。


 4.現実に翁長氏に起きたことは、ガンの手術に成功したのに、実際はドンドン、体調が悪化していったということ


  ステージ2のガンの手術に成功し、予後治療を行っていたのに、翁長氏の体調はドンドン、悪化していったのです。こんなことがあるのでしょうか。


 浦添総合病院での予後治療によって、翁長氏は急速に、寿命を縮めていったのです。こんなことは普通、あり得ません。


  いずれにしても、4月時点での翁長氏の手術が成功していたのであれば、その後、下手な治療しないで放置していたなら、手術後数か月では絶対に死ななかったのではないでしょうか。


  ガン患者というのは、一般的に、すぐに死ぬことはない代わりに、常に死の恐怖に怯えながら、生きて行かなければならない運命を背負っています。


  つまり、ガン患者は、ステージ4であっても、ガンが原因ですぐに死ぬことはないのです。


  ステージ2のガン手術後、数ヶ月で急逝した翁長氏の関係者はなぜ、だまっているのでしょうか。ほんとうに信じられません!


注1:本ブログNo.2093『アンチ安倍の筆頭格だった沖縄県知事・翁長氏、ガンで急逝?:ステージ2のガン患者だった人がこんなに早く亡くなるのは不自然!ペルソナ・ノングラータに指定されていたのかと疑われてしまう』2018年8月9日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37463460.html


 注2:プレジデント・オンライン“なぜ人間はガンで死ぬのか? 転移しただけでは死なない”2016年2月11日

https://president.jp/articles/-/17279


 注3:浦添総合病院

http://jin-aikai.com/urasoe-sogo/

アンチ安倍の筆頭格だった沖縄県知事・翁長氏、ガンで急逝?:ステージ2のガン患者だった人がこんなに早く亡くなるのは不自然!ペルソナ・ノングラータに指定されていたのかと疑われてしまう ( アジア情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ

アンチ安倍の筆頭格だった沖縄県知事・翁長氏、ガンで急逝?:ステージ2のガン患者だった人がこんなに早く亡くなるのは不自然!ペルソナ・ノングラータに指定されていたのかと疑われてしまう


2018/8/9(木) 午前 10:44 


新ベンチャー革命2018年8月9日 No.2093


 タイトル:アンチ安倍の筆頭格だった沖縄県知事・翁長氏、ガンで急逝?:ステージ2のガン患者だった人がこんなに早く亡くなるのは不自然!ペルソナ・ノングラータに指定されていたのかと疑われてしまう


 1.今年4月時点では、ステージ2のすい臓がんであったはずの沖縄県知事・翁長氏がこんなに早く亡くなったが、普通ならあり得ない!


  日本を闇支配する米国戦争屋CIAジャパンハンドラーの傀儡・安倍政権と真っ向から対峙していた沖縄県知事・翁長氏が、2018年8月8日、ガンで急逝しています(注1)。


  翁長氏がすい臓がん手術を受けたのは、今年4月です。しかも、そのガンはステージ2と発表されていました(注2)。筆者個人はガンという病気に関心があるので、このニュースを聞いたとき、ステージ2のガンはそんなに深刻な状態ではないと理解していました。


  ところで、ネットでは、翁長氏が、米戦争屋CIAジャパンハンドラーにとっても、彼らの傀儡・安倍政権にとっても、日本でもっとも、命を狙われる人物と指摘されていました(注3)。そのとおり、翁長氏は、ガンにかこつけて、偽装病死で暗殺される危険があったのは確かです、なぜなら、翁長氏は、日本でもっとも、安倍政権を含む日米安保マフィアに抵抗していた人物だったからです。


  ちなみに、米戦争屋CIAは、自分たちの謀略工作や対外工作に不都合な人物を秘かにペルソナ・ノングラータに指定します(注4)。


  ペルソナ・ノングラータに指定された人物は、暗殺されても、CIAは米国内でそれを正当化できるのです。


  本ブログの見方では、ケネディ大統領もCIAからペルソナ・ノングラータに指定されたので、暗殺されたと観ています。


  日本では、故・中川昭一氏(元財務大臣)がそれに該当していたと観ています(注5)。ちなみに、故・中川昭一氏の父も、CIAからペルソナ・ノングラータに指定されていました(注4)。そして、父も不審死を遂げています。


 2.ガンの専門家は、翁長氏の死因を追及すべき


  ステージ2のすい臓がんを今年4月に除去して、8月に死去することがあるのか、大変、疑問です。


  マスコミ報道によれば、翁長氏のすい臓ガンは、肝臓転移していたとのことですが、この転移ガンによって、数か月後に人間は死ぬのでしょうか。


  普通に考えると、肝臓に転移したガンが、その人の命を奪うに至るのに、数ヶ月というのは聞いたことがありません。


  ガンの専門家なら、ステージ2のガンだった翁長氏が、こんなに早く亡くなるのはおかしいと、すぐにわかるはずです。


  今年4月にガン手術した翁長氏が、その後、テレビに登場するたびに、ドンドンやつれていったのは事実で、それを沖縄県民のみならず、日本全国の国民が見ています。


  筆者も、翁長氏のすい臓ガンは実は、末期ガンだったので、手遅れであって、全身にガンが転移していると思い、もうあまり長く持たないと観ていました。


  しかしながら、4月に除去したすい臓がんがステージ2だったのであれば、こんなに早い死はまったく、辻褄が合いません。


 3.翁長氏の手術を行った病院は、4月時点の同氏のガンがステージ2だったのか、ステージ4だったのか、真実を釈明すべき


  上記のように、今年4月時点の翁長氏のガンはステージ2であったことが、5月にマスコミ報道されていました(注2)。


  5月の報道時点で、翁長氏のガンは、ほんとうはステージ4だった可能性もありますが、この事実を県民に隠していたのかどうか、同氏のガン手術を行った病院は、明らかにすべきです。


  いずれにしても、今年4~5月時点、翁長氏のガンのステージが2だったのか4だったのかで、同氏の急死の真相がまったく異なってきます。


 注1:朝日新聞“沖縄・翁長雄志知事が死去、67歳 9月にも知事選”2018年8月8日


注2:琉球新報“翁長知事が膵臓がんステージ2を公表 治療続けながら公務復帰目指す 2期目出馬は明言せず”2018年5月15日

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-719093.html


注3:阿修羅“すい臓がん・ステージ2の翁長・沖縄知事 放射性物質を盛られているのではないか”2018年5月17日


http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/752.html


 注4:ペルソナ・ノングラータ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF


注5:本ブログNo.32『中川元財務大臣:衝撃の突然死を憂う』2009年10月5日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/1590722.html

翁長沖縄県知事死去「癌」を使った医療テロか【安倍一味裏社会】検診「生検」で癌細胞、発癌性物質を膵臓に注射!命を削り最後まで安倍政権と闘い続けた!安倍首相が翁長知事に見せた冷酷! - みんなが知るべき情報/今日の物語

病院に出回る【お年寄り毒殺マニュアル】これが「人殺し医療サギの実態だ」必ず死ぬ仕掛けがある!何せ、抗ガン剤治療を自らに用いるかとのアンケートに医者達は270人中269人がノーと答える!最初のアタックは高速点滴です! 殺人には1アタック、2アタック、3アタックとステップがある!よくもここまで騙したな 、いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者!船瀬 俊介, ベンジャミン・フルフォード- みんなが知るべき情報/今日の物語


医学部裏口入学と【殺人病院誕生】医療事故多発、医の倫理なし!反省と謝罪しない病院と医師・看護師ばかりの日本!医療技術面では米国や中国の医師の方がはるかにレベルが高い!生体実験731部隊の極刑にされるべき医師団が戦後日本の医療を担ってきた日本!不正入学という汚名を抱えた医師は、この日本にゴマンといる!本澤二郎「ジャーナリスト同盟」通信 

- みんなが知るべき情報/今日の物語


【細菌兵器731部隊】生体実験には子供や女性もいた!背後の指揮官は安倍の祖父・岸信介!生体実験の捕虜=匪賊はマルタと呼ばれ生きて帰った人はいなかった!マルタは中国人、ロシア人!犠牲者数は3000人以上と推定される!京大、東大のエリート医師が中心!この恐ろしい計画の立案者は石井四郎中将!病気を殺人兵器に変える任務を帯びていた!NHKスペシャル『731部隊の真実』安倍家は悪魔の死の商人である、代々! - みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


安倍晋三、お友達「津川雅彦」の追悼連発!首相官邸のホームページでも!翁長知事スルーし!安倍には『敵か、味方か』二択の思考しかない!自分に逆らう人間は敵であり、潰す、という考え方!SNSの投稿ひとつ取っても、安倍首相の人間性がよく分かる!日刊ゲンダイ


ヒロシマ・ナガサキ「安倍晋三」核兵器、原子爆弾の使用だって問題ない!311核テロに関与【目的は地下核実験だった?】日本は地震を偽装した【核実験を止めよ】ロシア国防省!安倍のメンバーは 3.11【津波核テロ】への関与で「戦争犯罪」に問われることを恐れている!安倍が犯罪者であるのは事実である! - みんなが知るべき情報/今日の物語


【殺戮魔】安倍晋三の数々「記事一覧」先祖代々の死の商人!国民生活、日本破壊!社会保障削減、麻薬、暴力団! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!


【認知症】水をたくさん飲んで改善、予防!卵のコリンが認知症の予防に!水1日1500ccの水分摂取の習慣!卵1日2~3個!脳と筋肉強化、がん、糖尿病、動脈硬化、心臓、若返り、死に至る病の罹患率を下げる! - みんなが知るべき情報/今日の物語


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します