楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

「綾瀬はるか」戦時下の性犯罪をレポート!ケダモノ兵士たちの性暴力!ソ連兵、日本兵、沖縄米兵!慰安婦はなかったと嘘をいう安倍政府!国が中絶手術を強制...現在も続く性被害女性への偏見!

「綾瀬はるか」戦時下の性犯罪を


レポート!


ケダモノ兵士たちの性暴力!


ソ連兵、日本兵、沖縄米兵!


慰安婦はなかったと


嘘をいう安倍政府!


国が中絶手術を強制...


現在も続く性被害女性への偏見!

綾瀬はるかが戦時下の性犯罪をレポート! 兵士たちによる性暴力、国が中絶手術を強制...現在も続く性被害女性への偏見 - ライブドアニュース(記事は下記に)

知らなかった沖縄の衝撃<本澤二郎の「日本の風景」(3063) : 「ジャーナリスト同盟」通信(記事は下記に)


関東軍は野獣・ケダモノ!レイプした後、手りゅう弾をOOOOに投げ込んで爆死させる!これが本当の戦争さ!奪いつくせ殺しつくせ!中国人を虫けらのように扱った!安倍晋三、日本人必読本!侵略戦争の元凶は財閥!安倍晋三、日本人必読本!侵略戦争の元凶は財閥!岸・安倍家と三菱・三井の関係は濃密である!「戦争だから」といって、反省も謝罪もしない戦後の日本人が多くなってきている!本澤二郎「ジャーナリスト同盟」通信 - みんなが知るべき情報/今日の物語


戦争の真実、女性達を何百人、ベッドに縛り連合軍が強姦!インドネシア農村、元朝日新聞従軍記者証言!そもそも総研/100才ジャーナリスト、むの たけじ/戦争は絶対許されない、最も残忍な犯罪行為…


安倍総理答弁、慰安婦の強制性あった!業者が間に入って/それでも軍・官憲の強制連行はない!2007年


中曽根元首相が、土人女を集め慰安所開設!防衛省に戦時記録が!中曽根の手記『終りなき海軍』に収録!


漫画家、水木しげる氏が描いていたラバウルの戦争体験と慰安婦...80人の兵隊を相手に...あれはやっぱり地獄だ!水木はこの夏の安保法制の強行を見て、何を思ったのだろう。広がる歴史修正のイヤな空気を吸いながら、どう感じていたのだろう。もっともっと生きて、その記憶と思いを伝えてほしかった。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

綾瀬はるかが戦時下の性犯罪をレポート! 兵士たちによる性暴力、国が中絶手術を強制...現在も続く性被害女性への偏見 - ライブドアニュース

綾瀬はるかが戦時下の性犯罪をレポート! 兵士たちによる性暴力、国が中絶手術を強制...現在も続く性被害女性への偏見


2018年8月17日 6時57分 


LITERA(リテラ)


 昨日は73回目の終戦の日を迎えたが、民放キー局では終戦の特番はひとつも放送されることはなかった。そんななか、TBSの『NEWS23』では、放送時間を拡大して、今年も特別企画「綾瀬はるか「戦争」を聞く」を放送。今年のテーマは、「戦争と性犯罪」だ。


 今回、綾瀬が話を聞いたのは、10歳のときに敗戦を満州で迎えたという鈴木政子さん(83歳)。敗戦後、満州に侵攻したソ連兵によって収容所に連行されたが、そこではソ連兵たちによる女性たちへの性暴力が待っていた。政子さんの母・ツ子(つね)さんは、手記にこう書き綴っているという。


〈夜ひるなしに女を連れに来る。若い者、年寄りに関係はない〉

〈「お母さんお母さん」と泣き叫ぶ。「助けて、助けて」と呼べど叫べど誰も手出しができない〉

〈まるで犬・猫どころか、石ころ同然である〉


 そして、10歳の政子さんも、そうした現場を目の当たりにしている。「『嫌だ』と言った、子ども2人いるお母さんが目の前でね、犯されたの。それをみんなが見てるんです」(政子さん)。ソ連兵は女性を何人か連れ出しては「5人くらいで輪姦」し、女性たちは「1回に5~6人相手」にさせられた。病気や出血多量で多くの人がそこで亡くなったという。


 この証言に綾瀬も衝撃を受けたのか、「鈴木さんの目の前でですか?」「子どもたちの前で?」と繰り返すように尋ね、悲痛な表情を浮かべたが、こうして性暴力を受けた女性たちには、さらなる悲劇が待っていた。


 政子さんには満州で知り合った「ゆう子さん」という17歳の少女がいた。姉妹のように仲良くなったが、このゆう子さんもまたソ連兵の強姦被害に遭っていた。そして、政子さんの家族とともに命からがら収容所を抜け出し、引き揚げ船で帰国の途に着いたときに、ゆう子さんは妊娠7カ月となっていた。


 同じように妊娠していた女性のなかには、引き揚げ船から海へ身を投げる者もいた。だが、ゆう子さんは生きることを選び、船は博多港に着いた。しかし、ゆう子さんは福岡県筑紫郡二日市町にあった「二日市保養所」に連れて行かれる。この「二日市保養所」では、当時の日本では違法だった中絶手術が強制的におこなわれていたのだ。


 現在の母体保護法でも、中絶手術ができるのは妊娠22週未満まで。妊娠7カ月での中絶手術は母体のリスクがあまりにも高すぎる上、麻酔薬がなく、女性たちは麻酔なしで痛みに耐えなければならなかった。さらに、当時の手術にかかわった医師や看護師の証言によると、妊娠後期の場合、中絶ではなく出産をして、出てきた赤子の首を絞めたり、頭にメスを刺すなどして絶命させていたのだという。


 なぜ、このような中絶手術がおこなわれたのか。じつはここに国による方針があった。


 当時、堕胎にかかわった岩崎正・九州大学産婦人科教室元医局長は、「日経メディカル」1987年8月10日号に「国が命じた妊娠中絶」と題した手記を寄稿。そこには、敗戦直後に産婦人科の助教授が厚生省に緊急召集され、こう指示を受けたと書かれている。


〈異民族の血に汚された児の出産のみならず家庭の崩壊を考えると、これら女性たちの入国に際しては、これを厳しくチェックして、水際でくい止める必要がある〉

〈極秘裏に中絶すべし〉


『NEWS23』では、二日市保養所で500人とも言われる女性たちが中絶手術を受けたと伝えたが、この岩崎氏の手記によると、国立福岡療養所と国立佐賀療養所でおこなわれた中絶手術も〈1000件を下らない〉という。


 このように「外地」で性暴力を受けて妊娠した女性たちは、当時「不正妊娠」と呼ばれ、記録されている。強姦に遭った被害者であるにもかかわらず、女性たちは"正しくない妊娠をした者"として扱われ、意思とは関係なく国の指示によって中絶をさせられたのである。


●女性たちをソ連兵に差し出し性接待をさせた日本人男性


 さらに番組では、政子さんの証言のほかに、岐阜県旧黒川村から満州に渡った「黒川開拓団」で起こった問題も紹介された。それは、敗戦後にソ連兵や現地の人びとから襲撃を受けるようになった際、「開拓団の男たち」はソ連兵に治安を守ってもらうことと引き換えに、女性を差し出して「性接待」をおこなわせていた、というものだ。このとき、男たちは女にこう言っては性暴力を正当化した。「減るもんやないし」「ロシアの人と付き合えて良かったやないか」。


 満州での性暴力、そして"身内"のはずの男たちに人身御供として差し出され、強姦の被害に遭わされた女性たち。戦時下において、女性たちはこうして性の暴力に晒されてきたのだ。


 無論、それは日本人女性だけの話ではない。『NEWS23』では、星浩キャスターが「今回、非常につらい経験を語ってくれた女性の方々を、私はその勇気に敬意を表したい」とした上で、「一方で日本はアジア・太平洋で多大な被害を与えたという加害者でもある」「我々の責任は加害者ということの歴史に目を向けること」と言及したが、日本は戦時性暴力の加害者でもあるからだ。


 言わずもがな、戦時中、日本軍兵士は戦地で強姦を繰り返し、さらには朝鮮人、台湾人、中国人、フィリピン人、インドネシア人など、多くの国の女性たちを人身売買や脅迫、甘言を囁いて騙すなどして「慰安所」に入れた。しかも、こうした「性奴隷制度」と呼ぶべき慰安所の設置には軍が関与しているのである。


 だが、こうした問題に対し、日本はいまだに「戦争中だから仕方がなかった」だの「あれは戦時中の売春婦だ」だの「強制連行ではない」だのと混ぜ返しつづけている。これは、治安のために強姦させられた黒川開拓団の女性に男性が吐き捨てた「減るもんやないし」という女性の尊厳を踏みにじる言葉と地続きのものであると同時に、いまなお日本に蔓延している女性の権利に対する意識のなさを浮き彫りにしている。実際、性被害を訴える女性に対し、この国では副総理までもが「はめられた」と言い出したり、「酒を一緒に飲んだら合意も同然」「服装が悪い」「本当は悪い気はしなかったのではないか」などと性犯罪を正当化する意見がごく当然の見方であるかのように次々と飛び出すという状況がつづいている。


 日本が戦時性暴力の加害者であることを真摯に受け止めることもなく、被害を訴える女性たちに「金目的だ」などと暴言を浴びせ、一方で性暴力を受けた女性たちに「自己責任」と言い放つ。これは、女性に対する性暴力が「女性の人権」の問題であるという認識がないことの証左だ。


 戦地で日本兵が追い込まれた過酷な状況や本土空襲の苛烈さといったテーマと比べると、日本の女性たちが受けた性被害にかんする報道は少ない。そして、多くの被害女性たちに沈黙を強いてきたのは、この国の性暴力に対する偏見や、被害者に「恥」の意識を擦り込ませる社会からの視線だ。これを現在にもつづく問題として捉えると同時に、日本軍「慰安婦」問題を筆頭に、あらゆる性暴力を「女性の人権」の問題として考える。日本に求められているのは、そうした姿勢であるはずだ。

(編集部)

知らなかった沖縄の衝撃<本澤二郎の「日本の風景」(3063) : 「ジャーナリスト同盟」通信

知らなかった沖縄の衝撃<本澤二郎の「日本の風景」(3063)


2018/08/13 05:50


<沖縄米兵の大半がケダモノ>

 40年前の8月12日、日中平和友好条約が締結された。33年前には、520人が亡くなった日航機事故が起きていた。前者は福田赳夫内閣、後者は中曽根康弘内閣。世の中は変わる、事件事故も起きる。しかし、代わらないのは戦後の沖縄だけ。強姦魔の米兵が駐留する沖縄だった。ケダモノを沖縄の女性にあてがっていた日本政府だった。その真実が、翁長知事の憤死を機会に表面化した。国民の全く知らなかった沖縄である。

<見て見ぬふりの日本政府の衝撃>

 米海兵隊員の質の悪さは、10数年前に自衛隊員から聞いていたが、まさか彼らの多くが、性犯罪歴を持った強姦魔であるという真実を知らなかった。

 しかし、ワシントンは知っていた。日本政府も知っていた。しかし、日本国民は知らなかった。

 日本政府は見て見ぬふりをしていたのだ。このことについて、50ー60の鼻たれ小僧の時代は、納得しなかったろうが、世の中が見えるようになった、70代の日本人は即座に頷くことが出来るだろう。

 日本政府は知っていて、黙認してきたのだ。沖縄が日本に返還されたのは、72年のことである。そのころから外務省の担当官は、うすうす感じ始めたはずである。沖縄の治安を担当する法務検察・警察は無論であろうが、それを政府の中枢に報告していたのかどうか。

<議会で真相を明らかにして性犯罪兵を追放せよ>

 議会はどうか、野党はどうか。知らなかったわけだから、直ちに関係する委員会で真相を明らかにする義務があろう。国政調査権を行使する場面である。 

 性犯罪歴の米兵を、即座に追放しなければならない。


https://85280384.at.webry.info/201808/article_81.html


http://www.asyura2.com/18/senkyo249/msg/118.html


<沖縄女性は性奴隷扱いだった!>

 できれば、嘘であってほしいと願う。しかし、嘘ではない。今も、である。

 この事実を、沖縄の関係者も知っていたようだ。売国民はどこにでもいるのであろうが、これはひどい。許せない。

 強姦魔の米兵の餌にされていた沖縄の女性ということになろう。中国や北朝鮮の人権問題をわめきちらしているワシントンに、その資格はない。


 言及するまでもない。21世紀の今日、これほどの悲劇はどこを探してもないだろう。

 性犯罪が起きるたびに「夜間外出禁止」や「飲酒禁止」を打ち出しても、全く守れなかった沖縄の米兵を見せつけられてきた日本人。彼らがもともとの性犯罪者だとわかれば、大いに納得が出来る。日本は、特に沖縄は米国の奴隷だったのだ。米国の黒人奴隷解放から随分と時間が経つが、沖縄では何も変わらなかった。 この真実を翁長知事は知っていた、だからこその辺野古移設に徹底抗戦していたのだ。


 沖縄の女性は、性奴隷扱いを強いられてきた。命を懸けて抵抗する義務が、沖縄県と日本政府にある。

<地元マスコミ・学者も沈黙>

 安倍内閣で特定秘密保護法が自公両党で強行されて4年が経過したが、以来、言論の自由は大幅に制約、NHKは言うに及ばず、朝日新聞までが元気を失っている。

 そうした中で、沖縄の地方新聞は元気だった。そう思ってきたのだが、実は違った。沖縄のマスコミも、沖縄の学者・研究者・捜査関係者も、いまだに沈黙している。

 これはどういうことか。

 海兵隊の実態、その中での沖縄の真相を明らかにする義務を、マスコミも学者ら文化人も果たしていなかったのか。翁長側近は堂々と公表、公開すべきだろう。

<強姦米兵を極刑にせよ> 

 結婚式のおり、米ラスベガスのホテル入力滞在した時のことだ。サウナで海兵隊員3人と出くわした。 

 彼らは、口々に「沖縄はすばらしい」と言った。その意味を、沖縄の美しい自然と理解したのだが、いまははっきりと理解できる。その言葉の背後に、沖縄女性の性凶悪被害者の存在を見てとれる。

 この機会に強姦米兵に極刑で対応することを、真剣に考える必要があろう。当局の怠慢を許すことは出来ない。

 以下に沖縄の真実を打ち明けた衝撃証言を一部引用する。


「東京で勤務していた時、元米国大使の方から、沖縄の人達はあまりにも可哀想だ。沖縄に駐留する海兵隊の大半が犯罪(性犯罪者が大半)暦を持つ軍人を沖縄に配置させている。


 それを日本政府は見てみぬふりをずーとしてきた。韓国やその他の国ではけっして『入国』させない連中なのに。と聞かされた!


 そんな『質の悪い』米軍兵を70年も米軍占領化に置き、沖縄の女性や子供を性犯罪の危険にさらし続けたにも関わらず!


 日本政府や日本人の大半は、『日米安保条約』で日本や日本人を守るために、“沖縄は我慢してくれ! “日本が攻撃されない様に沖縄に米軍基地がなければならない!” 


 まるで『沖縄県人の女性達や子供達』は日本や日本人のために『犠牲』になってくれと言っている様なものだ。


それでも沖縄県は…沖縄県民は…同じ『日本』ですか?同じ『日本人』なんでしょうか?


あまりにも『酷すぎ』ませんか! あまりにも『差別』していませんか! 」

2018年8月13日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

あなたは知っていたか? この残酷な真実を!  赤かぶ

あなたは知っていたか? この残酷な真実を!

https://85280384.at.webry.info/201808/article_81.html


2018/08/10 22:47 半歩前へ


▼あなたは知っていたか? この残酷な真実を!


 あなたは知っていたか? 私は今の今まで、こんな残酷なことがるとは知らなかった。


金城和之が言った。

 「この真実は、意外と知らない人が多いと思って、投稿しました。この事実は、沖縄の大学教員や沖縄県庁及び行政関係者の一部は知っていて、何度も政府に抗議しているのですが無回答というより無視されています。都合の悪い事は隠蔽するのが現政権です。今の政府には民主主義などありません」-。


 驚愕の真実を全文、そのまま転載する。金城和之さんのフェイスブックへの投稿である。


*******************


 東京で勤務していた時、元米国大使の方から、沖縄の人達はあまりにも可哀想だ。沖縄に駐留する海兵隊の大半が犯罪(性犯罪者が大半)暦を持つ軍人を沖縄に配置させている。


 それを日本政府は見てみぬふりをずーとしてきた。韓国やその他の国ではけっして『入国』させない連中なのに。と聞かされた!


 そんな『質の悪い』米軍兵を70年も米軍占領化に置き、沖縄の女性や子供を性犯罪の危険にさらし続けたにも関わらず!


 日本政府や日本人の大半は、『日米安保条約』で日本や日本人を守るために、“沖縄は我慢してくれ! “日本が攻撃されない様に沖縄に米軍基地がなければならない!” 


 まるで『沖縄県人の女性達や子供達』は日本や日本人のために『犠牲』になってくれと言っている様なものだ。


それでも沖縄県は…沖縄県民は…同じ『日本』ですか?同じ『日本人』なんでしょうか?


あまりにも『酷すぎ』ませんか! あまりにも『差別』していませんか!


日本を守る、日本人を守るのであれば… 全国で『平等』に米軍基地を“配置&駐留”させるべきではないんですか。


『無関心』でいられる大半の日本人の“良識と見識”に対して…悲しみだけが込み上げてきます。


ある意味、情けない!と思わざる得ません。


いつまで!!日本や日本人の『犠牲』になって欲しい! と沖縄県民に言い続けるのでしょう?


これは…差別であり、先進国としての『恥』だと思います。


この国には、『民主主義』など存在しない!


悲しすぎる!この日本。

悲しすぎる!多くの日本人。


性犯罪歴を持つ大半の米軍海兵隊に、『21世紀』になった今日も沖縄県の“女性達や子供達”に…

日本のために!

日本人ために!


性犯罪の『犠牲』になって下さいと言っている様なものではないでしょうか。


県外の婦人達よ!

県外の女性達よ!


『戦後70年』が経っても同じ国の“女性や子供達”がこんな『怖い環境』にさらされているこの現況を! 黙っているのですか?


親なら、人間なら分かるでしょう!


『想像』して見て下さいませ。


元沖縄県知事ー『翁長氏』の代弁としてつぶやきました。

戦争、関東軍の狂気の蛮行!自国民の乳幼児多数をガソリンで焼き殺した!足手纏いになるからと!満蒙開拓団の悲劇…これが安倍政権が狙う戦争ビジネスだ!この世の地獄の目撃者の証言を聞いて震え上がってしまった! 発狂・自殺する母親数知れず!敗戦時の日本軍の蛮行である!- みんなが知るべき情報/今日の物語


綾瀬はるか…願いはと問われ『世界平和です』平昌オリンピックも開催中ですし!いつも笑顔で健やかに過ごせる…そんな世の中がいいです!明石家さんま…戦争のために【税金を納めてるんじゃない】武器に金使うなら税金収めない、と国税局に抗議!戦争屋・安倍惨敗【平昌五輪】バッハIOC会長、南北合同行進を称賛!多様性の中での結束は分断しようとする力よりも強い「分断する力」をのりこえ、朝鮮半島、北東アジア、世界の平和の契機となることを心より願い! - みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験!歌丸…戦争を知らない政治家が戦争に触れるな!仲代「戦争反対」っていうのを唱えて死んでいきたい!関東軍の狂気の蛮行…自国民の乳幼児多数をガソリンで焼き殺した!足手纏いになるからと!満蒙開拓団の悲劇… - みんなが知るべき情報/今日の物語


日本はまだ「米国の占領下」と変わっていない!鳩山由紀夫元総理/日米合同委員会/日本の最高権力者の意志をも超える!鳩山元総理を引きずり降ろしたのは米軍ポチの日本官僚だった!米軍と日本官僚で月2回!官僚達は総理の方向を向いてなくてアメリカの方を向いていた!悲願の沖縄、普天間基地の移転先は最低でも県外、出来れば国外!モーニングバード、そもそも総研 2015・3・5  - みんなが知るべき情報/今日の物語

鳩山由紀夫元総理を引きずり降ろしたのは、米軍ポチの日本官僚だった!官僚達は総理の方向を向いてなくてアメリカの方を向いていた!日米合同委員会!日本の最高権力者の意志をも超える!米軍と日本官僚で月2回!モーニングバード、そもそも総研 2015・3・5 - みんなが知るべき情報/今日の物語


薬物デートレイプドラッグ!山口敬之の「準強姦」もみ消し事件!伊藤詩織さんの『Black Box』を読んで!レイプを放置する安倍政権!朝日新聞も何故か事件から逃げている!事件はレストランとかパーティーとかクラブといった場所で起こる!そして麻薬レイプ【安倍利権の闇】強姦事件!- みんなが知るべき情報/今日の物語


「たまご」で心臓強化、夏の暑さにも強くなる<70歳の体験>1年間タマゴを1日5個を食べ続けて!筋肉もつき、身長も20代に戻る!熱中症対策、若返り、がん、糖尿病、認知症、動脈硬化、生活習慣病!受験生、スポーツマン! みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します