楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

人類の敵「戦争屋」マケイン粛清死亡!ポチ「安倍晋三一派」駆逐の日は近い!粛清の嵐に命乞いの末…天皇陛下、キッシンジャー、トランプ、小沢一郎らの軍門に完全に陥落!葬儀出席のブッシュ、クリントン、ヒラリーは戦争屋・麻薬密売人!安倍家も麻薬密売人!日米メディアはマケインを英雄と洗脳報道!

人類の敵「戦争屋」マケイン粛清死亡!ポチ「安倍晋三一派」駆逐の日は近い!粛清の嵐に命乞いの末…天皇陛下、キッシンジャー博士、トランプ大統領、小沢一郎代表らの軍門に完全に陥落!葬儀出席のブッシュ、クリントン、ヒラリーは戦争屋・麻薬密売人!安倍家も麻薬密売人!日米メディアはマケインを英雄と洗脳報道!

戦前回帰主義者・安倍一派の宗主様であったマケインが亡くなり、今後、安倍一派は極東で孤立させられて、駆逐される運命にある:現代日本の正常化は近い ( アジア情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ(記事は下記に)

大日本帝国主義回帰を企む安倍一派(日本会議と日米安保マフィア)の大誤算:天皇家がロックフェラー家に書簡を送って、安倍一派の野望は粉砕されるだろう ( アメリカ情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ (記事は下記に)

 これまで、安倍氏を巧妙に利用してきた米国戦争勢力の要人・マケイン上院議員が8月25日に亡くなり、2007年と同様に米国発の過激な安倍おろし策動が再来しそう ( アメリカ情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ(記事は下記に)


米マケイン議員の葬儀 歴代大統領ら党派超え追悼 | NHKニュース


「汚物処理」安倍晋三首相は3選後「1か月余りの短命」か?「 戦争経済屋」粛清の嵐に命乞いの末!天皇陛下、キッシンジャー博士、トランプ大統領、小沢一郎代表らの軍門に完全に陥落!板垣英憲氏説 /戦争屋…共和党重鎮のジョン・マケイン上院議員が8月25日急死!米国上下院内でいち早く「汚物処理」が始まったことに危機感を感じたらしい!  みんなが知るべき情報/今日の物語


トランプ氏【麻薬密売人】は国から追放すると表明!麻薬カルテルのクリントン夫妻から追放…でいいんじゃないですか?ブッシュも安倍晋三も麻薬密売の元締め!まともな国民は拍手喝さいするはずです!1%ユダヤ裏社会の主たる資金源である『麻薬』を米国から根絶してください! 「駆除の方法」はドゥテルテ大統領に学んでください!シャブ列島日本…成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬MDMA乱用者!ついでに日本のシャブ中も片づけていただけるとありがたいのですが!– richardkoshimizu official website


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

戦前回帰主義者・安倍一派の宗主様であったマケインが亡くなり、今後、安倍一派は極東で孤立させられて、駆逐される運命にある:現代日本の正常化は近い ( アジア情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ

戦前回帰主義者・安倍一派の宗主様であったマケインが亡くなり、今後、安倍一派は極東で孤立させられて、駆逐される運命にある:現代日本の正常化は近い


新ベンチャー革命2018年9月1日 No.2110


 タイトル:戦前回帰主義者・安倍一派の宗主様であったマケインが亡くなり、今後、安倍一派は極東で孤立させられて、駆逐される運命にある:現代日本の正常化は近い


 1.米国におけるトランプ大統領と故・マケイン上院議員の対立は、ズバリ、ジェイ・ロックフェラー(RF)系勢力と故・デビッド・RF系勢力の暗闘の結果を意味している


  本ブログは戦後日本を闇支配する米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、2017年初頭に、異色のトランプが米大統領に就任して以来、現在の米戦争屋は新旧の二大勢力による厳しい覇権争いが起きていると観てきました。


 そして、本ブログではこれまで、上記、米戦争屋は、現在の米国トランプ政権下において、旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行中であると本ブログでは観てきました。


 なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。


  上記、トランプは明らかに、ジェイRF系(新・米戦争屋)の人物であり、故・マケインは故・デビッドRF系(旧・米戦争屋)の人物であったと本ブログでは観ています。


  その観点から、トランプと、生前のマケインの対立は、ズバリ、ジェイRF系勢力(新・米戦争屋)と故・デビッドRF系勢力(旧・米戦争屋)の覇権争いの結果であると観ています。


 2.戦後日本は、故・デビッドRF系の旧・米戦争屋CIAネオコンに闇支配されてきた


  本ブログがなぜ、米戦争屋のウォッチを行ってきたかと言うと、戦後日本の運命は、すべて、日本を闇支配する米戦争屋の対日戦略次第で決まると観てきたからです。


  2017年3月に亡くなった故・デビッドRFが暗躍していた時代、日本を闇支配していたのは、デビッドRF系の旧・米戦争屋CIAネオコンでした。


  そして、今の安倍自民も、日米安保マフィア連中(米国ジャパンハンドラー含む)も、旧・米戦争屋CIAネオコンの配下にありました。


  いずれにしても、米政権が共和党系であろうと、民主党系であろうと、日本は旧・米戦争屋CIAネオコンの配下の属国であり続けたのです。ところが、2017年初頭、トランプ政権が誕生してから、米戦争屋の対日支配が流動化し始めて、今日に至っています。


  さらに、2017年3月にデビッドRFが死んで以降、米戦争屋の対日支配構造も変化しきたのですが、安倍自民も日米安保マフィアも実に硬直的であり、その構造変化に対応できず、相変わらず、マケイン系の旧・米戦争屋CIAネオコンに隷属し続けてきました。


  そして、昨年、デビッドRF亡き後、上記の旧・米戦争屋CIAネオコンの事実上のボスが、この8月25日に死んだマケインだったのです。


  しかしながら、そのマケインも、デビッドRFを追うようにして、遂に死んだので、今後、安倍自民も日米安保マフィアも、米トランプ政権(非・米戦争屋CIAネオコン)によって、逆境に追い込まれる可能性が高まったのです。


 3.米トランプ政権の黒幕・新・米戦争屋は、安倍一派の戦前回帰を許さないはず


  上記、マケインが死んで、目の上のタンコブが消えた米トランプ政権は、極東においては、緊張緩和を目指すはずです。だからこそ、トランプは北のキムジョンウンに接触したのです。


  トランプ政権が極東緊張緩和を目指す上に置いて、障害となるのは、実は、北朝鮮の非核化より、日本の右傾化なのです。とりわけ、中国、韓国、北朝鮮は、戦前日本の大日本帝国主義を信奉する安倍自民および日本会議を強く警戒しています。


  マケイン死後の米国の極東戦略は、中韓朝露の意向に沿って、日本に巣食う戦前回帰の大日本帝国主義信奉勢力を駆逐することになると思われます。


 上記、故・マケインは、日本の自衛隊の米軍傭兵化を狙っていたので、極右の安倍一派を利用することを優先して、故意に泳がしてきましたが、そのマケインが死んだので、今後、安倍一派は米トランプ政権によって、弾圧される方向に行きそうです。


  トランプの指南役・キッシンジャー(安倍嫌い)がまだ元気なうちに、安倍一派は早晩、駆逐されるのではないでしょうか。


  要するに、トランプ政権下の米国は、中韓朝露と組んで、安倍一派ののさばる日本を極東で孤立化させると思われます。


  いずれにしても、ムサシによる選挙不正の横行にて、日本国民の意思が今の日本政治に反映されなくなっていますから、極東における米中韓朝露の連携によって、安倍一派支配の日本を孤立させてもらう以外に日本の正常化はできません。ともかく、一刻も早く、国民の敵である安倍一派を駆逐して欲しいと願って止みません。

戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争勢力のボス【デビッド・ロックフェラー】が死去!手下の安倍政権、日本官僚、日米関係に大きな変化が起こる可能性が大! - みんなが知るべき情報/今日の物語

大日本帝国主義回帰を企む安倍一派(日本会議と日米安保マフィア)の大誤算:天皇家がロックフェラー家に書簡を送って、安倍一派の野望は粉砕されるだろう ( アメリカ情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ

新ベンチャー革命2018年8月30日 No.2108


タイトル:大日本帝国主義回帰を企む安倍一派(日本会議と日米安保マフィア)の大誤算:天皇家がロックフェラー家に書簡を送って、安倍一派の野望は粉砕されるだろう


 1.日本を乗っ取ってきた米国戦争屋CIAネオコンの傀儡・安倍政権に不利な情報が、米トランプ政権から米紙にリークされ始めた


  本ブログでは今、安倍氏と安倍氏を傀儡化する日本会議勢力について取り上げています。彼らのやろうとしていることは、米国が敗戦後の日本に強制した民主主義体制を破壊し、日本を戦前の大日本帝国主義国家に引き戻そうとする謀略と本ブログでは観ています。


  ところで、最近、米トランプ大統領が安倍氏に“真珠湾を忘れない”と述べていたことが報道されています(注1)。その一方で、菅官房長官は、その報道内容を否定しています。


  上記、米報道は名門・ワシントンポストの報道ですが、米国のトランプ政権の誰かから意図的に、同紙にリークされたものと思われます。


  そして、同時に、安倍氏が日朝首脳会談実現を狙って、腹心の北村氏(内調トップ)に命じて、ベトナムにて、秘かに、北朝鮮高官と接触させた事実も、米トランプ政権が米紙にリークした上で、安倍氏が米国政府への事前連絡なく、勝手に北朝鮮に接触していることに怒っていることも報道されています(注2)。


  日本の事実上のCIA的諜報機関である内調のトップ・北村氏による対・北朝鮮工作と、最近、日本人(スパイの可能性あり)が北に拘束された事件はリンクしているのではないかという指摘もあります(注3)。


 2.現在の米トランプ政権の黒幕は、安倍自民を傀儡化してきた米国戦争屋CIAネオコンとは異なる:その証拠にトランプと故・マケインは対立していた


  ところで、本ブログはこれまで、日本を傀儡化して属国支配してきた米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしてきました。


 そして、上記、米戦争屋は、現在の米国トランプ政権下において、旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行中であると本ブログでは観てきました。


 なお、上記、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。


 いずれにしても、現在のトランプ政権下の米国では、未だに、新旧の米戦争屋が入り乱れて、米戦争屋自体が極めて流動化しています。そして、本ブログでは、旧・米戦争屋と新・米戦争屋が現在なお、厳しく対立していると観ています。


  ちなみに、本ブログでは、米トランプ大統領は新・米戦争屋系と観ていますが、トランプを批判し続けて最近、亡くなったマケインは、旧・米戦争屋CIAネオコンを代表していました。


  ここで、話を日本に戻すと、今の安倍政権も、また、外務省を中心とする日米安保マフィアも、これまで、ずっと、マケインなどの旧・米戦争屋CIAネオコンに闇支配されてきました。


  ところが、旧・米戦争屋のボスだったデビッド・ロックフェラーが昨年、亡くなり、そして、最近、マケインも脳腫瘍で亡くなって、トランプの黒幕・新・米戦争屋(ジェイ・ロックフェラーとキッシンジャー系)が、徐々に主導権を握っているのかもしれません。


  上記、トランプが、安倍氏に対して厳しい態度を取り始めたのは、安倍氏の隷属していたマケイン系の旧・米戦争屋のパワーが落ちてきたからである可能性があります。


 3.安倍一派の大誤算は、米国内の新旧の米戦争屋勢力の内部対立と暗闘構造が的確に把握できていなかった点にありそう:ザマーミロ!


  安倍氏を担ぎあげている日米安保マフィアや日本会議の連中は、宗主国・アメリカ様を、マケイン系の旧・米戦争屋CIAネオコンとみなしてきて、トランプの黒幕・新・米戦争屋とのコネはまったくないと思われます。


  そして、安倍氏が、上記、腹心の北村氏に対・北朝鮮接触をさせた際、おそらく、マケイン系の旧・米戦争屋CIAネオコンのアドバイスを受けて実行したと推測されます。


  もしそうなら、安倍一派の中枢部は、トランプ系の新・米戦争屋の北朝鮮戦略をまったく把握できていなかったのではないでしょうか。


  そして、安倍一派は、今の米国にて台頭する新・米戦争屋を激怒させたのではないでしょうか。


  トランプが、安倍氏に“真珠湾を忘れない”と言ったのが事実なら、その本音は、安倍一派による日本の大日本帝国主義国への回帰を断じて許さないという意味です。


  ここで穿った見方をすれば、今の天皇は、安倍一派による大日本帝国主義回帰への策動に強い怒りを抱いておられ、もう我慢の限界なのでしょう。


  昭和天皇はかつて、マンハッタン郊外のロックフェラー家を訪問されていますから、天皇家とロックフェラー家には、何らかのパイプが存在しているはずです。そのロックフェラー家は、旧・米戦争屋CIAネオコンのボスであったデビッド・ロックフェラーがすでに亡くなり、今は、正統なる継承者・ジェイ・ロックフェラー(ジョン・ロックフェラー四世)およびその息子(五世)が仕切っているはずです。


 今の天皇一家は、安倍一派による大日本帝国主義回帰を断固として阻止したいはずです。


  もしそうなら、安倍一派の野望も、トランプ政権の黒幕・新・米戦争屋(ジェイ・ロックフェラー系)によって、いずれ打ち砕かれるはずです。

 これまで、安倍氏を巧妙に利用してきた米国戦争勢力の要人・マケイン上院議員が8月25日に亡くなり、2007年と同様に米国発の過激な安倍おろし策動が再来しそう ( アメリカ情勢 ) - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ

<大日本帝国主義回帰を企む安倍一派(日本会議と日米安保マフィア)の大誤算:天皇家がロックフェラー家に書簡を送って、安倍一派の野望は粉砕されるだろう


これまで、安倍氏を巧妙に利用してきた米国戦争勢力の要人・マケイン上院議員が8月25日に亡くなり、2007年と同様に米国発の過激な安倍おろし策動が再来しそう


新ベンチャー革命2018年8月31日 No.2109


 タイトル:これまで、安倍氏を巧妙に利用してきた米国戦争勢力の要人・マケイン上院議員が8月25日に亡くなり、2007年と同様に米国発の過激な安倍おろし策動が再来しそう


 1.米国トランプ政権は、9月の自民総裁選に向けて、安倍おろし作戦を開始した可能性がある


  本ブログ前号にて、安倍一派の対米戦略の大誤算について言及しました(注1)。


  今年9月の自民総裁選を控えて、安倍一派にとって、暗雲が立ち込めています。菅官房長官は、安倍一派の対・北朝鮮秘密交渉をばらしたワシントンポストの報道を否定しましたが、この報道がウソであれば、日本政府はワシントンポストに記事修正を要求すべきですが、菅氏は弱々しく、この記事を否定したにとどまりました。菅氏にとってはこの件にて、日本のマスコミが大騒ぎして欲しくないのでしょう。それにしても、日本の腰抜けマスコミはなぜ、もう少し突っ込まないのでしょうか。


  上記、ワシントンポストのリーク記事は自民総裁選に向けての、米トランプ政権からの安倍おろし作戦の序の口と思われます。


  今後、安倍おろしの第二、第三の矢が飛んできそうです。


 2.大日本帝国主義回帰を企む安倍一派の魂胆を、米トランプ政権はすっかりお見通し


  今回のリークにて、米トランプ政権は、安倍一派の企む大日本帝国主義回帰に対して、絶対に許さないという本音を持っていることがわかりました(注1)。


  一方、安倍一派は、これまで、米国戦争屋CIAネオコンに牛耳られており、彼らの指示で、改憲をやって、自衛隊の軍隊化を企んできたのですが、今のトランプ政権の黒幕は、米戦争屋CIAネオコンとは異なるどころか、むしろ対立する勢力と思われます(注1)。


  ちなみに、米戦争屋CIAネオコンが安倍政権に改憲させて、自衛隊の軍隊化を求めているのは、自衛隊を米軍傭兵として利用するためと本ブログでは観ています。


  本ブログではトランプ政権の黒幕を新・米戦争屋と観ていますが、キッシンジャーが実質的に権力を握っていると観ています。


  キッシンジャーは、田中角栄・元首相をロッキード事件で失脚させた黒幕ですが、元々、親中派で、日本人を好んでいません。そして、安倍氏を戦前回帰主義の極右政治家として、毛嫌いしています。


  したがって、キッシンジャーがトランプの背後に控えているのなら、トランプ政権が、安倍おろしに動いてもおかしくありません。


 3.この9月に、2007年の唐突な安倍辞任劇が再来することを切に願う


  さて、安倍氏は2006年、徹底した隷米主義者だった売国首相・小泉氏の推薦にて、ポスト小泉の後継首相に抜擢されましたが、当時の米戦争屋は、安倍氏が首相になってすぐに、安倍氏は小泉氏と違って、戦前回帰主義の極右だとわかり、猛烈な安倍おろしが行われて、翌2007年に、唐突な中途辞任に追い込まれました(注2)。


  そして、安倍氏は2012年に、二度目の首相になったとき、小泉氏に倣って、徹底した隷米首相(売国首相)となることを米戦争屋に誓ったと思われます。そして、その通り、安倍氏は米戦争屋に対して、極右の正体を隠して、隷米主義に徹してきました。


  しかしながら、ここに来て、安倍氏の背後に控える大日本帝国主義信奉集団の日本会議が徐々に、正体を現してきて、キッシンジャーなど、安倍嫌いの米要人から警戒され始めたということです。


  そして、キッシンジャーなど、米国における安倍おろし派の策動が再開されるキッカケとなったのが、米戦争屋CIAネオコンの論客だったマケインの死去と思われます。昨年3月、米戦争屋CIAネオコンのボスであったデビッド・ロックフェラーが死んだ後、マケインがデビッド・ロックフェラーの事実上の名代を務めていましたが、そのマケインもこの8月25日に亡くなったので、米国では、安倍氏をサポートする要人がいなくなったに等しいのです。


  安倍氏を利用してきたマケインが亡くなったのが8月25日、そして、安倍氏が次期自民総裁選(事実上の次期首相を決める選挙)への出馬宣言したのが、翌26日でした。


  米国トランプ政権は、安倍氏を巧妙に利用してきたマケイン氏が亡くなったので、もう遠慮は要りません。今後、キッシンジャー一派が、露骨に安倍おろし作戦を展開しそうです。


  安倍氏が仮に、自民総裁選に勝っても、米国発の安倍おろしは一層、過激になり、安倍氏は2007年同様、無残な辞任を余儀なくされそうです。


  是非、そうなって欲しいと願って止みません。


 注1:本ブログNo.2108『大日本帝国主義回帰を企む安倍一派(日本会議と日米安保マフィア)の大誤算:天皇家がロックフェラー家に書簡を送って、安倍一派の野望は粉砕されるだろう』2018年8月30日

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37494140.html


注2:ベンチャー革命No.243『ついにさじを投げた安倍首相』2007年9月12日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr243.htm


 ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


安倍晋三・朝鮮悪裏社会に引導を渡すのは「金正恩」である!安倍政権の資金源【麻薬】が日本に入って来なくなる!北朝鮮は、朝鮮総連も統一教会も完全に切った!清和会政治、つまり暴力団+CIA政治は終わり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


満州国で安倍の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた!生体人体実験の731部隊の指揮も岸信介!その人体実験の情報と、莫大なアヘン蓄財を駆使して、A級戦犯でありながら無罪放免されたのだ!- みんなが知るべき情報/今日の物語


小沢一郎「安倍打倒」に立ち上がり、安倍官邸動揺!玉城デニー沖縄県知事選挙に出馬宣言!トランプ大統領は安倍首相との蜜月関係崩壊を宣言「小沢一郎政権樹立」を熱望、G20議長を念頭に!トランプ大統領は、駐韓米軍と駐日米軍の撤退を発言しており、辺野古沿岸の埋め立ては不要になる!日刊ゲンダイ、 板垣英憲氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


筋肉をつくる力「たまご・タマゴ・卵」70歳の実体験!筋肉強化、若返り、足腰、心臓強化、免疫力アップ、がん、生活習慣病、熱中症、寒さに強くなる! 「人工的なタンパク質」プロテインやアミノ酸サプリメントは腎臓を壊す!卵は死に至る病の罹患率を下げる!脳卒中、認知症、糖尿病…! タマゴはスーパーフード!医者が教える食事術 最強の教科書!


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり


【認知症】水をたくさん飲んで改善、予防!卵のコリンが認知症の予防に!水1日1500ccの水分摂取の習慣!卵1日2~3個!脳と筋肉強化、がん、糖尿病、動脈硬化、心臓、若返り、死に至る病の罹患率を下げる! - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します