楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

ノーベル賞対象の「オプジーボ」恐ろしい副作用、死亡例!製造販売元が警告 「がん免疫療法」超高額な治療費「夢の新薬」ではない!有効性が立証されていない!本庶佑氏にノーベル医学生理学賞!

ノーベル賞対象の「オプジーボ」恐ろしい副作用、死亡例!製造販売元が警告「がん免疫療法」超高額な治療費「夢の新薬」ではない!有効性が立証されていない!本庶佑氏にノーベル医学生理学賞!

■実際に治療を受けた患者の声からは、モラルなき実態も浮かび上がる。ジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。


■日本人は「癌は死の病気」と医療マフィア、手下のマスメディアに洗脳されて、必要以上に恐れ、金儲け病院、医師のいいなりになり、挙げ句に「癌治療」で命を落とす人が多いのです。(管理人の見解)


「がん免疫療法」のオプジーボ、副作用や死亡例も 製造販売元が警告 - ライブドアニュース(記事は下記に)

本庶佑氏にノーベル医学生理学賞 オプジーボ開発でがん免疫療法革命:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)(記事は下記に)

【薬価危機-迫られる選択(4)】「1年延命に500~600万円」が境目…夢の新薬どうまかなう(1) - 産経ニュース

1ヶ月300万円超えも―高額化していると言われる抗がん剤、実際どれだけ高くなっている? | AnswersNews

1ヵ月の治療費300万円!新抗がん剤「オプジーボ」は、がん患者を救う一方で日本の社会保障を破綻の道へ!?|みんなの介護ニュース


■ 本庶佑氏にノーベル医学生理学賞は、免疫システムの一部を解明した事は素晴らしい研究ですが、所詮、薬剤…抗がん剤は強い副作用が生じます。癌で死ぬのでなく、金儲け癌治療、副作用で死ぬのである。


■癌は42度の風呂と食事術で治る位の病気である!(下記に多数記事あります)


■癌治療なら…副作用なし癌治療『光免疫療法』日本でも2018年3月から治験開始!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!楽天・三木谷氏が取締役会長!小林久隆研員、8~9割の治療が可能に!2020年実用化目指す!…は安全性が高く、安価で日帰り可能のようです。(下記に記事)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

「がん免疫療法」のオプジーボ、副作用や死亡例も 製造販売元が警告 - ライブドアニュース

「がん免疫療法」のオプジーボ、副作用や死亡例も 製造販売元が警告


2017年9月3日 16時0分 写真:NEWSポストセブン


■ざっくり言うと


●がん治療薬オプジーボと、従来の免疫療法を組み合わせた治療が広まっている


●2つを組み合わせた治療では死亡事故も発生しており、製薬会社も注意喚起


●「安全性及び有効性は確立していません」と警告している


●「副作用」をもっと詳しく


NEWSポストセブン


「オプジーボ」と免疫療法 併用リスクに製薬会社も注意喚起


「末期がんが消えた!」「先進的」──命の危機に瀕した進行がん患者にとって、そうした謳い文句で宣伝される「がん免疫療法」は“最後の希望”に映る。だが、高額な治療費を払う患者たちに、「有効性が立証されていない」ことが、正確に伝わっているのか。実際に治療を受けた患者の声からは、モラルなき実態も浮かび上がる。ジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。


 * * *

 ステージ4の肺がんで、抗がん剤治療が効かなくなった、50代男性は新薬オプジーボが劇的に効いたという。


「死を覚悟していましたから、本当に嬉しかったです。生き返ったというか。今の目標は東京オリンピックを見ることですね」


 命を繋いでくれたオプジーボだが、代償も大きかった。男性はオプジーボの副作用で糖尿病になり、3度の食事ではインスリン注射が欠かせない。さらに、副作用のリウマチの痛みなどが強くなり、毎日の通勤も苦労している。


「決して“夢の新薬”ではありません。副作用が強くなって、現在は治療を中断しました。それでも私はオプジーボに感謝しています。命は何にも代えがたい」


 これまでにない効果と、高い薬価に注目が集まっているのが、免疫チェックポイント阻害剤・オプジーボ(薬品名:ニボルマブ)。国立がん研究センター前理事長の堀田知光氏が指摘する。


「免疫チェックポイント阻害剤と、従来の古典的な免疫療法は、似て非なるものです。がんに対して免疫を活性化して攻撃をするのが従来の免疫療法で、オプジーボは逆に免疫を抑制しているブレーキを外す。がん治療のブレイクスルーは、免疫チェックポイント阻害剤です」


 実は今、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤と、従来の免疫療法を組み合わせた治療が広まっている。


 オプジーボは、肺がん患者の場合、体重1kgあたり3mgと用量を指定する。体重60kgの患者なら180mgを投与する。しかし、一部の自由診療クリニックでは、規定用量より少ないオプジーボを投与しているのだ(1回20mgなど)。琉球大学・臨床薬理学の植田真一郎教授は、警鐘を鳴らす。


「薬剤の用法用量は最も効果的な条件を、治験の結果をもとに決定されます。また薬剤の有効性は、ある程度の最高血中濃度の達成が必要です。科学的根拠のない低用量は、薬として機能しない可能性が強い」


 オプジーボと免疫療法を組み合わせた治療では死亡事故も発生している。製造販売元の小野薬品工業が昨年7月に、医療関係者向けに出した「オプジーボの適正使用について」と題した文書では、オプジーボと他のがん免疫療法を併用で重篤な副作用が発現した症例が6例、死亡例が1例あると報告。〈がん免疫療法との併用について、安全性及び有効性は確立していません〉と警告した。


 さらに、オプジーボの添付文書には次のように警告が記されることとなった。


『本剤は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん化学療法に十分な知識経験を持つ医師のもとで本剤の使用が適切と判断される症例についてのみ投与すること』


 つまり救急搬送に対応できる総合病院で、がん治療の専門医が投与することが定められている。だが、この規定に反してオプジーボを個人輸入して使用を続けている自由診療クリニックは存在する。


「日本は、医薬品の個人輸入に甘く、医師の裁量権を広く認めているため、今回のようなケースを規制できません。オプジーボは、恐ろしい副作用も出ており、個人輸入は偽薬のリスクもあるので、早急な対策が必要です」(元厚労省技官の宮田俊男医師)


※週刊ポスト2017年9月8日号

本庶佑氏にノーベル医学生理学賞 オプジーボ開発でがん免疫療法革命:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

2018年10月2日 朝刊


 本庶佑氏にノーベル医学生理学賞 オプジーボ開発でがん免疫療法革命


ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見する本庶佑京都大特別教授=1日夜、京都市左京区の京都大で(伊藤遼撮影)



 スウェーデンのカロリンスカ研究所は一日、二〇一八年のノーベル医学生理学賞を、がんの新しい治療法を切り開いた本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)と、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に贈ると発表した。授賞理由は「免疫の働きの低下を防ぐがん治療法の発見」。治療の可能性を大きく広げたことが評価された。医学生理学賞は一昨年の大隅(おおすみ)良典・東京工業大栄誉教授に続き日本人で五人目。日本出身のノーベル賞受賞者は、米英国籍者を含め二十七人となった。


 二人はいずれも、がん細胞が人間の免疫の攻撃から逃れる仕組みを発見した。その仕組みを抑える薬が、二人の研究成果をもとに開発され、これまで治らなかったがんが、免疫の力で治るようになった。


 アリソンさんは一九九五年、免疫の主役の一つで白血球の一種であるT細胞の活動を抑える「CTLA-4」というタンパク質が、T細胞の表面についていることを発見。本庶さんは九八年、別の「PD-1」というタンパク質がT細胞を止めることを発見した。二つはいわば免疫にブレーキをかけるスイッチだ。がん細胞はこのスイッチを押してT細胞の攻撃を免れていた。


 「スイッチを押せなくすれば、ブレーキがかからずT細胞はがん細胞を攻撃し続けるはず」と考えた本庶さんは、小野薬品工業(大阪市)などと協力し、PD-1のスイッチにふたをして押せなくしてしまう新薬オプジーボを開発。一四年に世界に先駆けて日本で承認された。二人の研究を出発点にした薬は、世界の製薬会社がこぞって開発に力を入れ、がん治療に幅広く使われ始めている。


 本庶さんは京都大で開かれた会見で「がんが治った人に、あなたのおかげだと言われると何よりもうれしい。さらに多くの人を救えるよう研究を続けたい」と喜びを語った。


 授賞式は十二月十日にストックホルムで開かれる。賞金は九百万スウェーデンクローナ(約一億一千五百万円)を二人で等分する。


 <本庶 佑氏(ほんじょ・たすく)> 1942年京都市生まれ、小学校から高校まで山口県宇部市で過ごす。京都大医学部を経て71年に同大大学院医学研究科博士課程を修了し、米カーネギー研究所研究員。東京大助手時代の78年、抗体が、迎え撃つ異物に合わせて姿を変える「クラススイッチ」の仕組みを解明した。79年大阪大教授、84年京大医学部教授。2012~17年に静岡県公立大学法人理事長。17年に京大特別教授。恩賜賞・日本学士院賞、ロベルト・コッホ賞などを受賞。文化勲章、文化功労者。京都市在住。


 <オプジーボ> 小野薬品工業が2014年に発売した新たな種類のがん治療薬。体内の異物を攻撃する免疫の力を強め、がんを排除する「免疫療法」の薬で、手術やがん細胞を破壊する抗がん剤、放射線に続く第4の治療と期待されている。国内では、肺がんや胃がんなど7種類のがんを対象に保険が適用されている。ただ年間1000万円以上かかるとも言われる医療費が財政を圧迫するのが問題点。高額なこの薬を無駄なく使う方法の確立が急務となっている。 (共同)


◆薬で元気になれたの言葉 賞よりも喜び


 「あんたの薬のおかげで元気になれたと言われるのがどんな賞よりも喜び」。本庶さんは一日夜、京都市の京都大吉田キャンパスで記者会見し、思いを語った。


 本庶さんは午後七時ごろ、タクシーで京都大の時計台前に到着。ノーネクタイにグレーのジャケット姿で現れ、出迎えた知人に「ありがとう」と会釈しながら、玄関をくぐった。


 山極寿一学長らと並んで臨んだ記者会見でも、口を一文字に結ぶ、いつものきまじめな表情で語った。家族から「おめでとう」とねぎらわれたことを話した時、初めて笑みがこぼれた。安倍晋三首相からの電話にも「ああ、どうも。ありがとうございます」と笑顔で応じた。


 受賞決定の連絡は午後五時ごろ、研究室で論文の構成について、弟子らと議論していた時だった。「いつどういうふうに発表されるかも、知らなかった。今年は誰なのかと思っていたところ、電話がかかってきたので少しびっくりした」とユーモラスに語った。


 がん研究を志したきっかけを問われると、京大医学部時代に進行性のがんで同級生を亡くした体験を理由の一つに挙げた。「優秀だったのに気の毒だった。がんは大変な病気だと。少しでも貢献できればと思った」


 共同受賞したアリソンさんとは古くから交流がある。「彼と僕の研究した二つの抗体を組み合わせることで、より強い効果が出ることが知られている。ベストな組み合わせと思っている」と満足そうに話した。(勝間田秀樹)

副作用なし癌治療『光免疫療法』日本でも2018年3月から治験開始!末期癌、相当量の癌、転移した癌でも治せる!楽天・三木谷氏が取締役会長!8~9割の治療が可能に!小林久隆・米国立衛生研所(NIH)主任研究員、2020年世界同時実用化目指す!三木谷浩史会長が資金支援を即決!- みんなが知るべき情報/今日の物語


米国は抗癌剤や放射線は使用しない事実を公表!日本と真逆!1988年に国立ガン研究所が『抗癌剤は癌に無力な上、強い発癌性もある』との報告をした「抗がん剤」が癌を治せないのは常識!厚生労働省ガンの専門技官の回答!- みんなが知るべき情報/今日の物語


乳がん検診、乳がんビジネスに殺されるな!乳がん死亡者数は増える一方!早期発見にて死亡者数は減るはずが逆に増加!乳がん検診にて患者狩りを行っている!そして抗がん剤を投与されて二度と帰らぬ人となる!マンモグラフィー等で撮影したレントゲン写真で、あなたはがんにされるのです。レントゲン写真にて、がんだか何だかわからないグレーなものまで含めて、あなたはがんだと判断されるのです。もっと悪質な病院となると、がんになっている他人のレントゲン写真と、検診に来た本人の写真を入れ替えて見せているそうです。そして、抗がん剤を投与されて二度と帰らぬ人となるのです。早期発見によって早期死亡しているからなのであります。がん検診を私達は信用してはいけないのです。 がん細胞は42度で死滅します。一日に数回、お風呂に入って体を温めればがんは治るのであります。たったこれだけなのです。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん検診「陽性」でも99%は問題なし?陽性になった1万人ほどの人のうち、本当に癌である人は126人です!がんになる人は、そんなにいない!「陽性」でも99%はガンではないということです!意外と知らないデータの真実医療ジャーナリスト市川衛…近藤誠医師が言う【癌もどき】でしょうか!日本人の半分が癌になる?のは癌もどきの状態の多くの人々が必要のないがん治療を受け命を落としたり、縮めたりしているわけしょうか!医療ジャーナリスト市川衛…医師に、自分が癌にかかった時、現在、癌治療で最も効果的であるとされる「抗がん剤、放射線治療」などを受けるかと訊ねると、ほぼ100%が受けないと答えているのは有名な話ですが、同様に「がん検診」や「定期検診・人間ドック」などについて訊ねると「一切受けない」と答えます!※下記に癌対策の記事もあります! - みんなが知るべき情報/今日の物語

芸能人のみなさん、SNSで安易にがん検診を勧めないでください!世界的に有効性が疑問視「早期発見・早期治療」のウソ!放射線被マンモグラフィは20、30代は原則的に放射線被ば受けるべきではない!がん検診を受けても寿命がのびる科学的根拠は一切ない!検診によって、命を奪わない病変を「がん」と過剰診断されてしまうため、無用な検査や治療による健康被害に遭う人が急増している!国ぐるみの【医療洗脳】がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ…鳥集 徹著/文春オンライン - みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。


がん放置療法のすすめ!何もしないことが有効な治療法となる場合がある!癌は代替え療法、がん対策に有効な食べ物や運動、過労ストレス、放射能対策で癌は消えていくのではないか!抗がん剤、手術、放射線治療は危険!血糖値を急上昇させる食事は万病の元!


「抗がん剤」が、癌を治せないのは常識!厚生労働省ガンの専門技官の回答!名医、大御所医師もそう言う… 立花隆氏が抗がん剤は効果ありますかと質問…結局、抗癌剤で治る癌なんて実際にはありゃせんのですよ!と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと皆そのとおりだという表情でうなずきました!- みんなが知るべき情報/今日の物語


米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている!/米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。


抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。


医者に殺されない47の心得!がんの9割は癌治療するほど命を縮める!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】国、名医たちも「抗がん剤治療に延命効果なし」癌ほど誤診の多い病気はない!乳がん検診の結果は全て忘れなさい!抗がん剤を拒否する決心がついた!抗がん剤を使えば命が延びるという医者を信じるな!癌検診はやればやるほど死者を増やす!ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴ」から、タマゴは1日…5、6個食べてもOK!医師・近藤誠著氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語


末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語


がん、生活習慣病!医者が教える食事術『最強の教科書』20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68! 末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴは1日10個、食べてもOK!痩せたければ脂質をとれ!- みんなが知るべき情報/今日の物語


卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語


筋肉をつくる力「たまご・タマゴ・卵」70歳の実体験!筋肉強化、若返り、足腰、心臓強化、免疫力アップ、がん、生活習慣病、熱中症、寒さに強くなる! 「人工的なタンパク質」プロテインやアミノ酸サプリメントは腎臓を壊す!卵は死に至る病の罹患率を下げる!脳卒中、認知症、糖尿病…! タマゴはスーパーフード!医者が教える食事術 最強の教科書!


【認知症】水をたくさん飲んで改善、予防!卵のコリンが認知症の予防に!水1日1500ccの水分摂取の習慣!卵1日2~3個!脳と筋肉強化、がん、糖尿病、動脈硬化、心臓、若返り、死に至る病の罹患率を下げる! - みんなが知るべき情報/今日の物語


『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語


癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃ガン、前立腺がん - みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載


癌はいくら進行しても「死に直結しない」死ぬ理由を満たさなければ絶対に死なないのです!ガンが転移しただけでは死なない!なぜ人間は「がん」で死ぬのか?がんの9割は癌治療するほど命を縮める!患者は実際以上に悲観しがち!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】 - みんなが知るべき情報/今日の物語


翁長沖縄県知事死去「癌」を使った医療テロか【安倍一味裏社会】検診「生検」で癌細胞、発癌性物質を膵臓に注射!命を削り最後まで安倍政権と闘い続けた!安倍首相が翁長知事に見せた冷酷! - みんなが知るべき情報/今日の物語


【がん】 | 心身調律セラピスト 岡田哲也オフィシャルブログ「で、ほんとはどうしたいの?」Powered by Ameba


乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


がん細胞~牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!


砂糖の害について「まんが」で分かりやすく!子育て、両親に砂糖の害を伝える為に描いた漫画です!著作権フリーです…



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します