楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

安倍首相「トランプ大統領」から早期退陣を迫られている!自民党内でも【安倍もそのつもりでいる】と囁かれている!世界は確実に変貌している!トランプのキャラクターに目を奪われていると彼の背後にあるアメリカ人の意志を見逃す危険が大いにある!

安倍晋三首相「トランプ大統領」から早期退陣を迫られている!自民党内でも【安倍もそのつもりでいる】とヒソヒソ囁かれておりヤケッパチ状態だ!世界は確実に変貌している!トランプ大統領のキャラクターに目を奪われていると彼の背後にあるアメリカ人の意志を見逃す危険が大いにある!板垣英憲&あいば達也

第4次アーミテージ・ナイレポート(CSIS戦略国際問題研究所)安倍政権が下書きした「まがい物」である!昔から、ホワイトハウスは二つあると言われてきたが、最近では三つ四つになっているらしい。


「凡相」安倍晋三首相は、自民党内で「トランプ大統領から早期退陣を迫られている。安倍晋三首相もそのつもりでいる」とヒソヒソ囁かれており、いまや「ヤケッパチ」状態だ - 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」(記事は下記に) 


●安倍政権の醜悪につき合う中で 世界は確実に変貌している/世相を斬る あいば達也/つい先日、第4次アーミテージ・ナイレポート(CSIS戦略国際問題研究所)が報告されたと、朝日新聞等々が報道していた。提言の内容は、安倍政権の外交安全保障姿勢と似通った傾向を持ち、もしかすると、安倍官邸が下書きをしたためて駐日米大使館に送付、返送されてきた書類のような内容で、一顧だも出来ない内容の代物だった。 昔から、ホワイトハウスは二つあると言われてきたが、最近では三つ四つになっているらしい。トランプ大統領のキャラクターに目を奪われていると、彼の背後にあるアメリカ人の意志を見逃す危険が大いにあると云うことだ…… (全文は下記に)


トランプ大統領の「戦争屋大掃討作戦」は、 安倍晋三、麻生太郎へと波及!カバノー最高裁判事の性犯罪疑惑をデッチ上げた首謀者であるブッシュ、オバマ前大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官ら一味の掃討作戦を開始している!戦争屋・テロ・麻薬密売人・税金ドロボーの悪魔退治!板垣英憲氏/この掃討作戦は、ロックフェラー系の安倍晋三首相、ロスチャイルド系の麻生太郎副総理兼財務相へと波及していく。戦争屋の手下の日本メディアは、世の中に劇的な変化が起きる直前の状態でありながら沈黙。- みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍ちゃん処刑も担当するみたいですよ!トランプ大統領…カバノー氏最高裁判事に 、ハザール裏社会犯罪者の死刑執行係にご就任「戦争屋、テロ、不正選挙、麻薬密売人」ブッシュ、ヒラリー、オバマら… - みんなが知るべき情報/今日の物語

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します

「凡相」安倍晋三首相は、自民党内で「トランプ大統領から早期退陣を迫られている。安倍晋三首相もそのつもりでいる」とヒソヒソ囁かれており、いまや「ヤケッパチ」状態だ - 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

「凡相」安倍晋三首相は、自民党内で「トランプ大統領から早期退陣を迫られている。安倍晋三首相もそのつもりでいる」とヒソヒソ囁かれており、いまや「ヤケッパチ」状態だ


18/10/18 07:10 


本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」


◆〔特別情報1〕


 「凡相」(在任通算6年10か月、歴史に名を残す実績は何もなし)と言われる安倍晋三首相は、自民党内で「トランプ大統領から早期退陣を迫られている。安倍晋三首相もそのつもりでいる」とヒソヒソ囁かれているせいか、いまや「ヤケッパチ」状態だ。


安倍晋三首相は16日午前9時46分、スペイン、フランス、ベルギーの3カ国歴訪に向け、政府専用機で羽田空港を出発した。16日にスペインでサンチェス首相と、17日にフランスでマクロン大統領と会談、18~19日はベルギーで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会合に出席。


20日午後に帰国する。3カ国歴訪直前、自民党憲法改正推進本部から中谷元・元防衛相と船田元・元経済企画庁長官を締め出し、憲法改正に向けた布陣を整え、強硬姿勢を示すとともに、岩屋毅防衛相には、沖縄県辺野古埋め立てについても、就任したばかりの玉城デニー知事に「対抗措置を取れ」と命令……


これを受けて、岩屋毅防衛相は17日、行政不服審査法に基づき国土交通相に撤回の効力停止を申し立てた。「認められれば、すぐに移設作業を再開する」といい駐留米軍に「100年従属しかねない」姿勢を示した。

●安倍政権の醜悪につき合う中で 世界は確実に変貌している - 世相を斬る あいば達也

●安倍政権の醜悪につき合う中で 世界は確実に変貌している 


つい先日、第4次アーミテージ・ナイレポート(CSIS戦略国際問題研究所)が報告されたと、朝日新聞等々が報道していた。提言の内容は、安倍政権の外交安全保障姿勢と似通った傾向を持ち、もしかすると、安倍官邸が下書きをしたためて駐日米大使館に送付、返送されてきた書類のような内容で、一顧だも出来ない内容の代物だった。 


昔から、ホワイトハウスは二つあると言われてきたが、最近では三つ四つになっているらしい。前述のCSISレポートなどは、その他提言に類するもので、直近の世界情勢から考えてみて、荒唐無稽な情勢分析をもとに、持論を正当化しようと、メディアリテラシーのない、後進国の住民へのプロパガンダにもなっていないもので、お笑としかいいようがないが、日本のメディアは、それなりの待遇で報じている。


この報告書全体に流れている前提は、日米安保マフィア連中の戯言だが、この戯言に準じて、安倍政権の利権的日米同盟の方向性が決定される可能性は強いので、戯言だと馬鹿にしているわけにもいかない。この提言においては、ありもしない危機が創造され、その創造的危機に対応するために、日本は準備しなければならないと云う構図を示し、日米の軍産複合企業の飯の種を提供するように仕掛けられている。如何にも、神の啓示によく似ている。しかし、最近の世界情勢全般に目を向ければ、この創造的危機が荒唐無稽なものであることは歴然としている。


それだけに、今回のアーミテージ・ナイレポートがまがい物であることが歴然としたことは、タイムリーに悪いことではない。筆者の想像だが、ジョセフ・ナイは名義貸しに過ぎないようにさえ思える。もしかすると、アーミテージまでが、その類かもしれない。ドナルド・トランプ政権とも違うし、NYT紙が報じたホワイトハウス官僚らとも異なる、日米安保マフィア政権による、捏造レポートである可能性は非常に高い。ただ、不運なことに、安倍政権においては、同調的論説なので、このCSIS的創造的危機に対応すべく国家予算が浪費される可能性は高い。 


しかし、アメリカ大統領にドナルド・トランプが選ばれた現実は直視すべき現象だ。彼の個性的言動が注視されるあまり、米国民の原罪的問題点が軽視されている嫌いがあると云うことだ。米国が自由の国であると云う、或る意味で間違った言説を、我々は信じ切るとか、勘違いしている面が多々あると云う事実を考えるべきかもしれないと云う点だ。端的に言うと、国境のある自由主義と、国境がない自由主義は、まったく異なるものと云うことだ。 


つまり、ケインズ的ものと、フリードマン的ものの違いについてだ。結果的な結論だが、明確に国境をもって経済発展を目指すのか、国境の垣根を超えて自由に経済発展すべきか、と云う問題だ。その意味で、トランプの進めている方向はケインズ的である。かなりの試行錯誤はみられるが、フリードマン的なグローバル経済時代の副作用を治そうと云う意志は伝わる。大航海時代から大陸時代への転換点が垣間見えることから目を背けてはならない。 


トランプ大統領のキャラクターに目を奪われていると、彼の背後にあるアメリカ人の意志を見逃す危険が大いにあると云うことだ。たしかに、トランプ大統領の言動すべてを非難や揶揄する報道がメインストリームを歩いているが、それは、現在までが、フリードマン的グローバル経済が、スタンダードに成立しているに過ぎないことを前提とすべきである。つまり、現時点でのトランプ大統領は異端だが、ケインズ時代には、ハイエクやフリードマン的思想は異端だった。 


英国のEU離脱に象徴されるように、ギリシャ危機的問題が、今では第三位の経済国イタリアを襲っている。このままでは、EUをドイツ一国で抱えることになるわけだが、ドイツ・メルケル首相の影響力にも陰りが見られ、漸く政権を維持しているのが現実だ。ロシアの経済は、そもそもが小さいので、経済低迷は目立たないが、中国の経済成長が鈍化し、米中経済制裁の攻防が体力を奪うのは確実だろう。トランプの北朝鮮融和路線とイラン敵視政策は矛盾な面も見られるが、世界経済に大きな影を落としている。


米・イスラエルの中東の代理人であるサウジアラビアの経済は行き詰まりを見せ、オカルト的王子の政権は、世界に挑戦的だ。駐トルコ大使館内で、反政権ジャーナリストを、生きたまま切断したなどと云う血みどろのオカルト的行為が世界を揺るがしている。あきらかに、現在進行形の出来事は、時代の転換を予感させる。後にして思えば、あの時、トランプの出現こそが、グローバリズムの終焉であったと、歴史に刻まれるのかもしれない。そして、世界は第二ケインズ経済世界に戻っていくのかもしれない。


こんな時代に転換点に、わが国では、安倍晋三というグローバル経済主義者で歴史修正主義者な愚か者が現れたのも、最終的には時代のあだ花と言えるような気がする。国家神道を標榜する日本会議なるものが跋扈する現象も、フリードマン的ものの終焉と、ケインズ的ものの再生が起きる過渡期に生まれた良性の癌くらいに考えるのも、いまの日本を考える時、必要かもしれない。このあだ花の洗礼なくしては、次なる日本のフェーズには進めないと思えば、良性癌のひと暴れは過ぎ去るのを待つのも選択だ。そう云う意味で、コラムの更新もモチベーション不足になっている。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


世界は想像を超える「戦争屋ハザール・マフィア」の犯罪の恐怖を知ることになる「トランプ&カバノー」911核爆弾テロ、311東日本大震災、どっち先に暴露します「戦争屋大掃討作戦」は安倍晋三、麻生太郎へと波及!世の中に劇的な変化が起きる直前の状態でありながらメディアは沈黙! - みんなが知るべき情報/今日の物語


悪魔の支配層ロスチャイルド御曹司 が「終わりだ」と 発狂!トランプ、 カバナー最高裁判事就任で、カバナー病に罹患して逆上!ロスチャもロックフェラーリも「終わり」ということでしょうか! なんだか、すごいことになってきました!ドル防衛「南海トラフ地震」に警戒!リチャード・コシミズ - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍降ろし「自公連立」は事実上終わった「自衛隊明記のための憲法改正発議」創価学会が反発し「安倍離れ」が急速に進む!小沢一郎代表「今年中に総辞職になると思っている」と予測!創価学会票がないと選挙に勝てない自民党議員!内部崩壊、すでに安倍降ろしが始まっている!沖縄知事選挙でも創価学会員の反旗で自公が負け玉城氏が勝つ。さらに一説には、小沢一郎の戦略で安倍一味の不正選挙「ムサシ」が使えなかった。世界はトランプ大統領、プーチン大統領らで、戦争屋・金融マフィアの退治が始まっている。追い詰められている安倍晋三一味。そして、 天皇陛下は安倍晋三を嫌っておられる! - みんなが知るべき情報/今日の物語


沖縄知事選、小沢一郎の戦略で安倍自民は不正選挙「ムサシ」が使えなかった!安倍晋三を政権の座から引き摺り下ろせるのは「小沢一郎」しかいないということ!非戦争屋とコネクションを持つ小沢氏!大勝した玉城氏は小沢氏の真弟子!新ベンチャー革命 - みんなが知るべき情報/今日の物語


南海トラフ地震警戒せよ!第二の3.11事件、人工地震テロ!悪名高い「ちきゅう号」の深海掘削開始と米国戦争勢力によるネバダ地下核実験の公表は、3.11事件「東日本大震災」前夜とそっくり!安倍晋三一味… - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍首相「消費税率の10%引き上げ」は予定通り!日本破壊、国民犠牲!自衛隊の憲法明記!いま「消費税10%」に踏み切る理由が見当たらない!所得ゼロの人からもとれる消費税! - みんなが知るべき情報/今日の物語


重曹の効用は凄い!アメリカ合衆国陸軍は放射線障害防止に重曹を推奨【米軍も認める効用】癌・被爆・肝臓病・インフルエンザ・腎臓病・胃潰瘍・痛風・虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも!重曹は元々、胃の薬です!食品添加物の重曹でもOKです! - みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語


災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語


政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語


健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語


みんなが知るべき情報


PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します