日々物語/楽笑楽園M

反戦、反核、平和、健康情報など

NHK【安倍官邸の代弁者】が専務理事に復帰『クローズアップ現代の国谷裕子 』を降板に追い込んだ板野裕爾【安倍政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない】政府広報化が止まらない、国民を舐め切った人事!

NHK【安倍官邸の代弁者】が専務理事に復帰『クローズアップ現代の国谷裕子 』を降板に追い込んだ板野裕爾【安倍政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない】政府広報化が止まらない、国民を舐め切った人事!

画像

NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ|LITERA/リテラ(記事は下記)


国民を舐め切ったNHKの専務理事人事 | 新党憲法9条(記事は下記に)

画像

復活マッジクアワー@sohnandaeさん: 「RT @ISOKO_MOCHIZUKI: NHK の政府広報化が止まらない 板野氏返り咲きを発表 関係者「首相 #官邸 の意向」。板野氏は籾井勝人前会長時代の2014年4月~16年4月に専務理事を務め、政権の意向背景に「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターの降板主導するな…」 / Twitter

画像

NHK、板野氏返り咲きを正式発表 関係者「首相官邸の意向」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース(記事は下記に)


国民を舐め切ったNHKの専務理事人事 | 新党憲法9条

国民を舐め切ったNHKの専務理事人事


2019-04-09


HOME天木直人のブログ国民を舐め切ったNHKの専務理事人事


 今日の毎日新聞が書いた。


 NHKは元専務理事の板野裕璽NHKエンタープライズ社長を再び専務理事に復帰させる人事案を固めたと。


 これは異例の返り咲きだと。


 異例どころではない。


 これは国民を舐め切った安倍・菅暴政コンビの暴政人事だ。


 板野氏は、「政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない」などという、あの元祖「忖度」発言をくり返して辞職せざるを得なかった、籾井勝人前NHK会長の時に専務理事を務め、「会長の一番の理解者」だと呼ばれた人物だ。


 官邸と太いパイプを持ち、かつ政権の意向を番組に反映させた人物だ。


 2016年3月に「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターが降板した時には、板野氏が番組に対する安倍政権内不満を背景に降板させたとされる人物である。


 その後も数々の政府寄りの対応を指示して来たとされている。


 そんな人物が再びNHKの専務理事に返り咲くのである。


 ここまで国民をバカにした人事はない。


 発令は4月25日であるという。


 まだ間に合う。


 十分時間がある。


 安倍・菅暴政を許さないと思う国民は、いますぐ批判の声を上げてこんな舐め切った人事を白紙撤回させなければいけない。


 これを認めるようでは終わりだ。


 この人事案を撤回させることが出来れば、安倍暴政の終わりが始まる(了)

NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ(リテラ) 赤かぶ

NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ(リテラ)


2019 年 4 月 10 日


NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ

https://lite-ra.com/2019/04/nhk-2.html

2019.04.10 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰 リテラ


画像

『変容するNHK』でも川本氏が内幕を詳細にわたって紹介


 安倍政権に対する目に余る「忖度」報道が相変わらずつづくNHKだが、今後はさらに「安倍放送局」に拍車がかかりそうだ。


 というのも、NHKは9日に板野裕爾・NHKエンタープライズ社長を専務理事に復帰させる人事を発表したからだ。


 板野氏は、経済部長、内部監査室長などを歴任して2012年に理事に就任。籾井勝人・前会長の「側近中の側近」「籾井シンパ」と呼ばれ、2014年には専務理事・放送総局長に昇格した人物だ。


 そして、この板野氏こそ、『クローズアップ現代』の国谷裕子キャスターを降板させた張本人と言われているのだ。


 今回の人事について、毎日新聞はこう報じている。


〈16年3月に「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターが番組を降板。複数のNHK関係者によると、番組全般を統括する放送総局長だった板野氏が、番組に対する政権内の不満を背景に降板を主導したとされる。また、15年の安全保障関連法案を巡る国会審議中、個別の番組で政治的公平性を保つのが難しいとの理由で、安保関連の複数の番組の放送を見送るよう指示したとも言われる。〉(Web版8日付)


 板野氏が国谷キャスターを降板に追い込んだ──。じつは、今年2月に発売された『変容するNHK 「忖度」とモラル崩壊の現場』(花伝社)でも、約30年にわたってNHKを取材してきた朝日新聞記者・川本裕司氏がこの内幕を詳細にわたって紹介。そこでは、NHK報道局幹部が「国谷キャスターの降板を決めたのは板野放送総局長だ」と証言。さらに、別の関係者は板野氏についてこう語っている。


「クロ現で国民の間で賛否が割れていた安保法案について取り上げようとしたところ、板野放送総局長の意向として『衆議院を通過するまでは放送するな』という指示が出された。まだ議論が続いているから、という理由だった。放送されたのは議論が山場を越えて、参議院に法案が移ってからだった。クロ現の放送内容に放送総局長が介入するのは前例がない事態だった」


 じつは、こうした板野氏の官邸の意向を受けた現場介入については、以前から証言が相次いでいた。たとえば、2016年に刊行された『安倍政治と言論統制』(金曜日)では、板野氏の背後に官邸のある人物の存在があると指摘。NHK幹部職員の証言として、以下のように伝えていた。


〈板野のカウンターパートは杉田和博官房副長官〉


〈ダイレクトに官邸からの指示が板野を通じて伝えられるようになっていった〉


 杉田和博官房副長官といえば、警察庁で警備・公安畑を歩み警備局長を務めた公安のエリートであり、安倍氏が内閣官房副長官だった時期に、同じ内閣官房で、内閣情報官、内閣危機管理監をつとめたことで急接近し2012年の第2次安倍内閣誕生とともに官房副長官(事務担当)として官邸入り。以後、日本のインテリジェンスの中枢を牛耳る存在として、外交のための情報収集からマスコミ対策、野党対策、反政府活動の封じ込めまで一手に仕切っている。実際、官邸のリークで「出会い系バー通い」を読売新聞に報道された前川喜平・元文科事務次官は、その前年の秋ごろ、杉田官房副長官から呼び出され、「出会い系バー通い」を厳重注意されたと証言している。


■専務理事に復帰する板野氏は杉田官副房長官、JR東海・葛西敬之氏とべった


 板野氏は安倍首相の「後見人」と呼ばれる葛西敬之・JR東海名誉会長ともパイプをもつ。そして、杉田氏はJR東海の顧問をつとめていたこともあり、安倍首相に杉田氏を官房副長官に推したのも葛西名誉会長だといわれているほど。こうしたなかで杉田官房副長官の“子飼い”となった板野氏だが、NHK新社屋建設にかかわる土地取引問題では籾井会長に反旗を翻し、結果、籾井会長から粛清人事を受けて2016年4月に専務理事を退任した。


 もちろん、このとき板野氏が籾井会長を裏切ったのも杉田官房副長官の意向に従っただけで、実際に官邸は任期満了で籾井会長を引きずり下ろす方針で動いていた。逆に、粛清人事で板野氏を専務理事から外した籾井会長に対し、杉田官房副長官や菅義偉官房長官は怒り心頭。そのため、じつは籾井会長の後任は板野氏が選ばれるのでは、という見方も出ていたほどだった。


 ようするに、板野氏の専務理事復帰は満を持して官邸主導でおこなわれたわけだ。いったいNHKはこれからどうなってしまうのか。


 そもそも、板野氏の復帰以前に、NHKの報道局幹部幹部は完全に安倍政権の言いなり状態になっていた。


 たとえば、森友問題をめぐるNHK内部の“圧力”などを暴露したノンフィクション本『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)を出版した元NHK記者の相澤冬樹氏は、局内上層部からの“圧力”を赤裸々に明かしている。


 その最たる例が、2017年7月26日の『NHKニュース7』で報じられた相澤記者のスクープをめぐる“恫喝”だ。これは近畿財務局の担当者が森友側に国有地の購入価格について「いくらまでなら支払えるか」と購入可能な金額の上限を聞き出していた、という事実を伝える内容。それまで「森友側との事前交渉は一切なかった」と強弁してきた財務省のウソ、佐川宣寿理財局長(当時)の虚偽答弁を暴く特ダネで、すべての大手マスコミが後追いに走った。しかし、その渾身のスクープ当日の夜、NHK局内では、こんなことが起こっていた。


〈ところがその日の夜、異変が起きた。小池報道局長が大阪のA報道部長の携帯に直接電話してきたのだ。私はその時、たまたま大阪報道部のフロアで部長と一緒にいたので、すぐ横でそれを見ていた。報道局長の声は、私にも聞こえるほどの大きさだ。「私は聞いてない」「なぜ出したんだ」という怒りの声。〉


 この「小池報道局長」というのは、政治部出身で安倍官邸とも強いパイプを持つとされる小池英夫氏のこと。国会でも取り上げられたように、森友問題関連のニュースで現場に細かく指示を出しているのは周知のとおりで、局内ではその頭文字から「Kアラート」なる異名がついている。相澤氏の著書によれば、小池報道局長からの大阪の報道部長への“怒りの電話”は、いったん切れても何度も繰り返しかけてきたという。


■報道局長が森友報道の記者に「将来はないと思え」と恫喝するNHK


 しかも、信じがたいのは、小池報道局長の最後のセリフだ。


〈最後に電話を切ったA報道部長は、苦笑いしながら言った。

「あなたの将来はないと思え、と言われちゃいましたよ」

 その瞬間、私は、それは私のことだ、と悟った。翌年6月の次の人事異動で、何かあるに違いない……。〉


 大スクープを掴んだのに、逆に「将来はないと思え」と恫喝する──。これは加計問題でも同様のことが起こっている。NHKは、文科省の内部文書をスクープできたというのに、肝心の「官邸の最高レベルが言っている」などの部分を黒塗りにしてストレートニュース内で消化するという“忖度”報道を行い、翌朝の朝日新聞にスクープを譲ってしまった。さらに、早い段階で前川氏の独占インタビューも収録していたにもかかわらずお蔵入りにしてしまった。


 前述した『変容するNHK』では、当時の出来事として、こんなエピソードが紹介されている。


〈NHK関係者によると、加計学園問題を取材する社会部に対し、ある報道局幹部は「君たちは倒閣運動をしているのか」と告げたという。〉


 このように、NHKには社会部が安倍政権に都合の悪い事実を伝えようとすると、安倍政権の意向に沿うことしか頭にない政治部、報道局幹部がそれらに介入するという図式ができあがっているのだ。


 それに加えて、今回、“官邸の最大の代弁者”ともいえる板野氏が専務理事に復帰するのである。官邸はもっと直接的に報道に介入し、現場の萎縮はさらに進んでゆくことは間違いない。っこれまでは社会部のぎりぎりの奮闘によって、政権の不正や疑惑を追及する報道がわずかながらも放送されていたが、そうした報道は完全にゼロになるかもしれない。


 この異常な状況を打ち破るには、視聴者がメディアを監視し、声を上げてゆくほかない。本サイトもNHKの「忖度」報道を注視つづけるつもりだ。(編集部)


■NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ|リテラ


これまでは社会部のぎりぎりの奮闘によって、政権の不正や疑惑を追及する報道がわずかながらも放送されていたが、そうした報道は完全にゼロになるかもしれない。

https://t.co/KmV2EPuWVk


— 但馬問屋 (@wanpakutenshi) 2019年4月10日


■NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ https://t.co/jyhtVWZHOb@litera_webより


とても、国民から受信料を取れるような組織ではありませんね。国民のためではなくアベさまのための犬HKだ。


— Fumihiro Sakunada (@Fsakinada) 2019年4月10日


■NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ - 本と雑誌のニュースサイト/リテラ Litera 安倍政権に対する目に余る「忖度」報道が相変わらずつづくNHKだが、今後はさらに… https://t.co/xARomhBPrO


— TV_News (@TV_News2) 2019年4月10日


■ますます「大本営発表」になりそう。

NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ https://t.co/anXrVx4EAk@litera_webさんから


— azumi_x01 (@azumi_x01) 2019年4月10日


■うわ~😖せっかく、良い番組を作ってる班も有るのに全滅させられてしうのかよ😱参院選に向けて忖度強化部長の登坂かよ😰😓😭https://t.co/53Oqsfpu9S


— キラ (@tyokowithkira) 2019年4月10日

NHK、板野氏返り咲きを正式発表 関係者「首相官邸の意向」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

NHK、板野氏返り咲きを正式発表 関係者「首相官邸の意向」


4/9(火) 19:55配信


NHK放送センター=東京都渋谷区で


 NHKは9日、元専務理事の板野裕爾(ゆうじ)NHKエンタープライズ(NEP)社長(65)を専務理事に復帰させる人事を発表した。同日の経営委員会で同意を得た。複数のNHK関係者は、政権に太いパイプを持つとされる板野氏の復帰は「首相官邸の意向」と明かし、NHKと政権との距離を危惧する声が上がっている。


 板野氏は、籾井勝人(もみいかつと)前会長時代の2014年4月~16年4月に専務理事(放送総局長)を務めた。関係者によると、政権の意向を背景に「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターの降板を主導するなど、放送番組への介入を繰り返したとされる。記者団の取材に石原進経営委員長(JR九州相談役)は、板野氏について「(専務理事に)適任ではとの声もあった」と説明。経営委では、石原氏を含む委員12人のうち10人が賛成し、佐藤友美子、小林いずみの両委員が棄権したという。


 関係者は「NHK内で板野氏を推す声はなかった」と明かす。別の関係者によると、板野氏への懸念は上田良一会長も承知していたが、官邸の強い意向で今回の人事を認めたという。野党のある国会議員は「安倍政権はマスコミへの締め付けを強めたいのでは」と危惧する。


 ほかに荒木裕志(あらきひろし)理事が専務理事に、正籬聡(まさがきさとる)広報局長が理事に昇格。任命は25日付。坂本忠宣(さかもとただのぶ)専務理事、菅康弘(かんやすひろ)理事は24日付で退任する。【屋代尚則、井上知大】


 ◇「視聴者から見放されかねない出来事」


 砂川浩慶・立教大教授(メディア論)の話 NHKの報道が「政権寄りでは」との批判もある中、過去の経緯が懸念される人物を復帰させるのは、NHKが視聴者から見放されかねない出来事だ。最高最大法廷が2017年、受信料制度を「合憲」と判断してからは特に、放送番組に異議があるなどの場合に受信料を支払わない“良心的拒否”が事実上できなくなっている。NHKには「誰のためのNHK」なのか、改めて考えてほしい。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

NHKの世論操作・誘導が恐ろしい!日本人の不幸は、財閥1%による支配に気付こうとしない国民にある!創られる世論操作と誘導!財閥とその安倍・傀儡政権を擁護する報道に徹している!悲劇も悲劇であろう!


NHKが日本をダメにした!武田邦彦:本/ NHKに洗脳されるな!国民から受信料を取り、ウソも平気で放送! 「公共放送」を装いながら…


異常!NHK職員の平均年収は約1200万円だ!民間の平均的な年収408万円!国家公務員が約600万円!受信料は半分以下にするか、民営化せよ。国営放送など、いらない! - みんなが知るべき情報/今日の物語


NHK岩田明子、櫻井よしこら安倍応援団が「良い独裁もある」と大合唱!トンデモ論で安倍独裁政治を正当化! - みんなが知るべき情報/今日の物語


NHK内部告発【森友事件】はトップニュースで伝えるな【安倍昭恵】の映像を使うな!共産・山下副委員長が安倍NHKの腐敗を国会で大暴露!NHKは、いま恐ろしい事態に直面している英紙タイムズが暴露!安倍の報道禁止命令! - みんなが知るべき情報/今日の物語


NHKディレクターが原発報道への圧力を明かした!経営委員会で原発推進の番組をつくれという指示が!『テレビと原発報道の60年』彩流社/著者の七沢氏は、1986年のチェルノブイリ事故以降、NHKディレクターとして数々の原発をテーマにした番組をつくってきた人物!


安倍政権の圧力で降板、NHK国谷裕子『クロ現』最後の一刺し!最終回…SEALDs奥田愛基を取り上げ「未来への風〜“痛み”を越える若者たち〜」


NHKが助ける安倍・犯罪政権!NHK会長は三井・三菱財閥!財閥にコントロールされ公共放送など世界に例がない「閉会中審査」反省・謝罪なし嘘と隠蔽ばかり!それでも安倍・自公内閣は今も存在する不思議・日本 - みんなが知るべき情報/今日の物語


日テレとNHKが菅原文太の「反戦・脱原発発言」を自主規制で封殺!?テレビ界では護憲・反戦がタブーらしい!?


NHK受信料詐欺【徴収マニュアル】を入手…想定問答が列挙!週刊文春/受信契約のためなら強引な手段も辞さない、公共放送のイメージとは程遠いNHKの姿が浮き彫りに! - みんなが知るべき情報/今日の物語


殺人メディアNHK!小保方STAP細胞…番組にBPOがを勧告!NHK…番組は関係者への取材を尽くし客観的な事実を積み上げ制作したもので、人権を侵害したものではないと考える!STAP細胞は米ハーバード大学に安倍政権が献上し、笹井氏を自殺はに追いやった! 


建設費1700億円!NHK放送センター、建て替えに呆れ「受信料取りすぎ」その上…ネット視聴も受信料負担、経営委員長が言及!


覚せい剤まみれのNHKか、民放・新聞テレビも怪しい!成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査、今はさらに激増!?相模原・大量殺人、言論界も覚せい剤汚染疑惑!元NHK職員の立花孝志氏が政見放送で暴露!犯罪の総合商社のNHK、NHK受信料不払いが正義!/麻薬天国日本のルーツは安倍晋三の祖父・岸信介!先の戦争・満州、アヘンで大儲け!麻薬の法律が甘い日本、その理由?暴力団・麻薬資金と安倍自民党!


池江璃花子選手の白血病!東京北部の放射能汚染地帯に住む彼女に【被曝病】のリスクがあると!東海アマブログ/東日本のプール管理者は、ただちに水質のストロンチウム90とセシウム137を検査すべきである!トップスイマーたちは、一日、8時間以上もプールにいるので表皮からの吸着が内部被曝が半端なものでない可能性がある!ゼオライトの大型フィルターを設置し、放射能を濾過する必要がある!- みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり


癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します


クリックお願い致します



気分上々物語/みんなが知るべき情報


楽笑楽園M


日々物語/楽笑楽園

- 今日の物語F